自動車のバッテリーは充電で復活するか!【一級整備士の検証】

バッテリーを充電する 車を知る
スポンサーリンク

・車のバッテリーは充電で復活しないのか?

・できれば新しいバッテリーを購入したくない

 

誰もが思う疑問ですね。

この記事は、容量が低下したバッテリーを充電するとどうなるかについて、1級整備士で元ディーラー整備士の私が検証します。

 

結論:充電で復活するケースは稀です。交換するのがベストです。

 

3時間充電しても変わらない!?

検証する車

車両:平成18年式エクストレイル

症状:2日前の寒い朝にバッテリー上がり。

救助方法:他の車からブースターケーブルで始動した。

 

バッテリーテスターで点検

 

さて、 このバッテリーを最新のバッテリーテスターで点検してみます。

 

上の写真がバッテリー診断結果のプリントです。

充電量が100%、健全性が0%になっています。

スマートフォンを例に説明します。

 

スマートフォンは長く使うとバッテリーの持ちが悪くなります。

充電すれば充電量は100%になりますが、バッテリー持ちが良くなることはありません。

それと同じでこのバッテリーは、充電量は100%ですが、上がりやすい状態にあると言えます。上がりやすい状態というのは、「2日間乗らないだけでも、上がってしまう」や、「少し寒い日になるとエンジンがかからない」などの症状が起きやすいということです。

 

さて、このバッテリーを充電するとどうなるか確認しましょう。今回はバッテリーを車両から取り外さないで、充電します。充電する機械は整備工場には必ずあると思います。

 

充電

 

バッテリーチャージャー準備完了。このバッテリーチャージャーはプロが使うものです。

このまま三時間充電します。

 

充電後、再点検

それでは三時間たちましたので、バッテリーの状態をチェックしてみます。

(本来なら、もっと長い時間充電したほうが効果が出ると思いますが、今回は3時間だけ)

 

上の写真の左が充電前で、右が3時間充電後のバッテリー診断結果です。

充電後も、充電量100%健全性0%です。

これには私も驚きました。充電前と何も変わっていません。

細かくデータを見ると、状態がわずかに良くなっていますが、これ以上充電しても、おそらくさほど変わらないでしょう。

ということで検証を終了します。

 

バッテリーが寿命であがった場合、「バッテリーの充電」という選択肢はない!?

寿命で健全性が下がっているバッテリーは復活しません。

バッテリーを充電しても健全性は上がりません。つまり、充電はあまり意味がありません。またすぐにあがってしまうでしょう。

逆に言うと、健全性が高いバッテリーであれば、充電すれば良くなる可能性が高いということです。

 

まとめ

・長い間使ったバッテリーは充電してもあまり良くならない

・新しいバッテリーを、ライトの消し忘れなどで上げてしまった場合は、充電すれば良くなる可能性がある。

 

チェック

わたしは、ほとんどの場合において、バッテリーの充電という選択肢は無いと思っています。

ユーザーにとっても、整備工場にとっても、交換がベストです。その理由は上記の検証が物語っています。

 

充電で対応するということは、ユーザーにとっては、またどこかであがる不安が残り、実際にあがれば、また同じことを繰り返さなければいけなくなります。

整備工場でもまた助けに行かなければならない。そうなった時に必ずどちらも後悔するはずです。

「あの時交換しておけば良かった・・・」

みなさんはそうならないように、バッテリーがあがった場合は思い切って交換することをおすすめします。

確かにバッテリーの値段は高いかもしれません。でも、充電だって、数千円くらいは請求されると思います。

バッテリーはインターネットで購入すると非常に安く済みますので、思い切って新品を買うことをオススメします。

 

以上、検証!自動車のバッテリーは充電で復活するかでした。

 

こちらもチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました