未経験者が3級自動車整備士の資格を取る方法

整備士になる
スポンサーリンク

 

自動車整備士を目指す人の中には「自動車整備士の資格ってどうやって取るんだろう」「整備の仕事なんてしたことが無いけれど、資格は取れるのだろうか」と思っている人も多くいるでしょう。

この記事では、整備士の入り口となっている「3級自動車整備士」の資格を、未経験者が取る方法を解説します。

3級整備士資格の難易度や合格率を徹底解説

 

自動車整備士試験の受験資格

 

自動車整備士の試験は誰でも受けることができるわけではなく、受験資格があります。

1級、2級、3級などの資格の種類によって受験資格はもちろん違いますが、ここでは初めにチャレンジすることになる3級自動車整備士の受験資格を説明すると

自動車整備の仕事をして1年経過した者

となっています。

つまり1年間の実務経験が受験資格になっており、これをクリアしていれば3級の試験を受ける権利が出てきます。

 

但し例外が2つあります。

一つ目は、「工業高校機械科などを卒業した者は、半分の6ヶ月に短縮される」という例外、

二つ目は、「高校の自動車科などを卒業した者は、0ヶ月に短縮(実務経験がいらない)」という例外です。

 

point特にあなたが工業高校を卒業している場合は、自分に短縮規程が適用されるかを調べる必要が出てきます。

 

3級自動車整備士の種類

 

整備士となって一番最初に受験資格が与えられるのは3級整備士の資格です。

その資格の種類は

3級ガソリン自動車整備士
3級ジーゼル自動車整備士
3級シャシ自動車整備士

があります。

どれか一つでも取得すれば、「3級自動車整備士」となります。

実際にはこの中の「3級ガソリン自動車整備士」を取る人が最も多く、ついで「3級ジーゼル」「3級シャシ」の順に取得者は減っていきます。

3つの資格は試験内容が違うため、自分が普段から携わっている仕事や得意な分野から選ぶといいでしょう。

例えば一般の乗用車の整備の仕事が多い場合は3級ガソリンを、大型トラックなどの整備が多い人は3級ジーゼルを目指しましょう。

 

しかし、なにもこだわりが無ければ、3級ガソリンを取得しましょう。

なぜなら最も需要が高く、一般的に最も評価が高い資格だからです。

 

また、試験の開催日が同じなので、2つ又は3つとも同時に受験することも可能なので、全部同時に取得することもできます。

実際に3種目全てを受験する人もたくさんいます。

 

3級整備士の資格の難易度が知りたい方はこちらにどうぞ

3級整備士資格の難易度や合格率を徹底解説
ライオンさん 3級整備士試験の難易度や合格率が知りたいよ。 勉強は得意じゃないし、合格できるかとても不安だよ。 ローランド みんなライオンさんと同じ気持ちだと思うよ...

 

自動車整備士試験の方法

試験の方法は、学科試験(筆記)と実技試験です。

二つとも合格しなければなりません。

二つの合格証書が揃うと、初めて3級整備士の資格を与えられます。

 

 

また、学科試験を受けて合格していなければ実技試験を受けることができません。

つまり、学科試験(筆記)に合格 → 実技試験に合格 → 3級合格

という流れになります。

しかし実際には実技試験を受験する人はほとんどいません。

なぜなら、試験内容が比較的合格が難しいことと、

実技試験を免除できる仕組みがあるからです。

次に、実際みんながどのように取得しているのかを説明します。

実際の取得方法は3パターン

 

実際の3級整備士資格の取得方法は3パターンありますので、取得ケースが多いほうから説明します。

整備振興会の講習を受講する方法

全国の整備振興会で「3級ガソリン自動車整備士」などの講習を受講し、卒業すると実技試験が免除されます。

つまり、この講習を受ければ、「学科試験にだけ合格すれば、3級整備士」となれます。

 

講習は場所によって異なりますが、週1回、半年間程度の講習受講で、費用は5~10万円くらいです。

この講習では、実技試験が免除になるばかりか、学科試験に対する勉強も教えてくれるので、講習を受けた人の学科試験の合格率も高くなります。

管理人キリン
管理人キリン

整備振興会に通う方法が、働きながら3級整備士を取得する方法としては最もポピュラーで、もっとも多い方法です。

 

point一般的には、講習費用を所属する会社が出してくれます。講習時間は働けなくなりますが、その分もちゃんと会社が補償してくれます。また、仕事が終わってからの夜間の講習となっている都道府県もあります。

 

学校に通う方法

 

3級整備士の場合、「高等学校の自動車整備科」を卒業することで、実技試験免除となります。

この場合でも学科試験に合格するだけで3級整備士となることができます。

一般的に、これから整備士の資格を取る方(大人の方)は高校ではなく専門学校に通います。

専門学校では2年間通うことで、3級整備士の資格を飛ばして2級整備士の実技試験免除となります。

3級整備士よりも2級整備士の資格の方が、はるかに優位性があるので、学校に行く事ができる環境であれば、専門学校等の2級整備士課程に入学しましょう。

ただしここは、毎日授業がありますので、働きながら通うことは難しいと思います。

せいぜい夜間のアルバイトができる程度です。

 

また、そこでは高校卒の18~20歳の生徒が圧倒的に多いですが、30歳位までの生徒であればクラスに2~3人いると思います。

 

学科試験、実技試験に合格する方法

 

「学科試験、実技試験とも合格すれば3級整備士」と書きましたが、実技試験を受験して3級整備士を目指す人は、今では非常に珍しいといえます。

実技試験については上記二つのどちらかの方法で、免除となっている人が多いためです。

また、実技試験の難易度は比較的高く、合格率も低いためこの方法を選ばない人が多いとも言えます。

しかし、3級整備士を取得するうえで、もっとも費用や時間の負担が少ない方法であるというメリットがあるため、自信のある人や、会社が協力してくれない場合は、この方法を考えても良いかもしれません。

 

point実技試験会場は、全国の大きな街、数箇所でのみ実施のため、地方部に住む人は泊りがけで受験地に行く必要が出てくる場合があります。

実技試験についてはこちらをどうぞ

【自動車整備士】実技試験って何?メリット・デメリットを徹底解説

実技試験の実施状況や合格率を徹底解説

まとめ

・受験するには1年の実務経験が必要
・3級整備士の種類は3種類、こだわりが無いなら3級ガソリン整備士を
・試験は学科試験と実技試験
・整備振興会で講習を受け、実技試験免除が最もポピュラーな資格の取り方
・最も経済的な取得方法は自力で学科・実技試験を両方合格すること

コメント