Carride
整備技術

トヨタセーフティーセンスCのエーミングをやってみた

トヨタエーミング 整備技術

先日、トヨタのセーフティセンスCのエーミング作業を実際にやってみたので、自動車整備士さん向けにご紹介します。

今後実施される方の参考になれば幸いです。

この記事の内容

トヨタセーフティセンスCのエーミング方法

重要

実際の作業はトヨタのサービスマニュアルを見ながら実施することが非常に大事です。この作業ももちろん修理書のとおりに実施しています。

1.車両の中心線を出す

写真のとおり、エンブレム中心から下げ振りを落とし、床にマーキングします。

車両の前後にマーキングしたら、車両中心線を引きます。(ヒモを張ります)

2.ターゲットを置く位置を決める

車両前方の決められた位置にヒモ等を張り、マーキングしていきます。

3.ターゲットの設置

車両中心線に沿って、1500mmの位置にターゲットをおきます。

ターゲットは整備マニュアルから印刷して使用することが可能です。

スタンドは一応トヨタ純正品を使用しています。

4.スキャンツールで調整

今回はデンソーのDSTーi を使用しました。

「プリクラッシュセーフティーシステム」→「作業サポート」→「カメラのエーミング調整」と進みます。

調整モード中はメーター内にこのような表示がでます。あとはスキャンツールの指示に従うだけです。

思っていたより簡単でした。3人で30分程度で調整可能です。

ここでおしまいです。みなさんもチャレンジしてみてください。

注意

作業はくれぐれも整備マニュアルをよく読んで、手順のとおりに正確に行ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました