バッテリー交換工賃の相場【プロの整備士が教えます】

車を知る
スポンサーリンク
自分の車のバッテリー交換の工賃はどのくらい?

自動車用バッテリーを最も安く購入する方法はインターネット通販で購入する方法です。インターネット通販で車のバッテリーを購入して、整備工場で取り付けてもらおうと考えている人も多いのではないでしょうか。

でも、取付工賃がどのくらいかかるのかが気になりますね。この記事は、こんな疑問に1級整備士が答えます。

 

バッテリー交換工賃の相場

交換作業がしやすい車で

・その店から購入した場合→無料~

・その店から購入していない場合→2000円~

交換作業がしにくい車で

その店から購入した場合→2000円~

その店から購入していない場合→3000円~

※最低の料金の目安なので、参考程度にしてください。

 

その店で買ったのか、他で買ったのかで違う

バッテリーの交換工賃を最も大きく左右するのは、そのバッテリーをそこの整備工場やお店で購入したかどうかです。

買ったか買わないかによって工賃が変わります。

そのお店でバッテリーを購入→工賃安い

バッテリー持込み→工賃高い

 

その店でバッテリーを購入すると工賃が安い理由

既にお店側にはバッテリーの部品販売利益が出ているから

 

車によって違う

車によって交換工賃が変わります。

作業しやすい車→工賃安い

作業しにくい車→工賃高い

 

でも、みなさんは自分の車のバッテリー交換が、「作業しやすい」のか、「作業しにくい」のか判断できないと思いますので、簡単に説明します。

 

作業しやすい車

主にボンネットが付いている車で、その中にバッテリーが搭載されている国産車

また、バッテリー交換後の設定作業があまりない車(古めの車)も作業しやすいと言えます。

フィット、タント、ノート、ワゴンR、デミオなど一般的な大衆車がこれにあたります。

ただし、プリウスやアクアなどハイブリッド車の場合、ボンネットがついていても、そこにバッテリーが搭載されていないものも多く、作業しやすいとは言えない場合もあります。

 

作業しにくい車

バッテリーがボンネット以外の場所に搭載されている場合や、アイドリングストップ車など新しい車で、バッテリー交換後の設定作業が面倒な車。輸入車。

ハイエース等のバン型の車や、日産のアイドリングストップ車などはこれにあたるかもしれません。

 

そのほかにも、地域によっても違いがあったり、整備工場によっても当然違うので、バッテリー交換工賃がいくらかかるかについては、そう簡単には言えません。

 

オートバックスの例

オートバックスさんのホームページをのぞいてみると、注意書きの後に料金が書いてあります。

作業工賃・作業時間は作業実施店舗、車種、作業内容等により異なります。「目安工賃」「目安時間」はあくまでも最低作業価格・最低作業時間の目安です。詳細につきましては、お近くのオートバックス店舗まで、直接、お問合せをお願い致します。

工賃は500円~となっており、その他詳細は書いておらず、直接店舗に問い合わせくださいと書いてあります。

やっぱり明確には書いていないんですね。

 

また、よく見ると「別途セットアップ費用が必要です」とも書いてあります。

セットアップ費用とは、「バッテリー交換後の様々な設定作業」のことを指しており、次のようなものです。

・アイドリングストップ車のコンピュータの書き換え作業

・故障コードの消去、正常動作の確認

・パワーウィンドウ、ナビ、その他電装品の初期設定

特に新しい車には、一般の人ができない上記のような設定作業がある場合があり、その分は別に料金が掛かるのです。

 

結局お店に問い合わせないとわからない

結局のところ、「問い合わせないとわからない」というのが現状

普段から利用している整備工場があるのであれば、そこに問い合わせてみましょう。

 

ちょっと嫌がられるかも

部品持ち込みでの整備は整備工場から嫌がられるケースが多いです。旅館に飲食物を持ち込むのと似ています。

 

取り付けが安い整備工場を探す方法

どうせなら最も安く取り付けられる整備工場を探してみませんか?

持ち込んだバッテリーを最も安く交換してくる工場を探す方法があります。オススメです。

持込みOK・安価・信頼できる整備工場を探す方法【ネット通販で賢く節約しよう】
・取り付けが安い整備工場を探したい ・持ち込み交換できる整備工場を探したい ・信頼できる整備工場を探したい こんなことが知りたい人向け。 この記事は、一級整備士で元ディーラー整備士の私から、「パーツ持込ができる整備工場検索システム・グーピット」をご紹介します。グーピットのメリットやデメリット、方法ついて手順も含め詳しく解説します。

 

まとめ

「バッテリーを安く買って取り付けたい」

誰でも思うことです。

でも、取り付ける方法を間違えるとかえって高くついたりして、失敗してしまいます。購入する前に「取り付けをどうするか」を考えて購入しましょう。

以上、バッテリー交換工賃の相場でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました