Carride
その他

無料で使える自動車整備・販売管理ソフト「CarRide(カーライド)」が注目されている理由

整備管理ソフトcarride その他
  • 日々の売上管理や顧客・車両の管理をもっと確実にしたい
  • エクセルや他のフリーソフトでの管理に限界を感じ、自動車整備に特化した専用ソフトを使用したい
  • 無料・安価で使える整備工場用の整備・販売管理ソフトを探している

自動車整備工場の経営には、見積書作成・請求書作成・記録簿作成・売上管理・顧客管理など、整備業界特有の日常業務がたくさんありますが、今では、全てを連携させて一元管理できるソフトを使っている整備工場が多いですね。本当に便利になりました。

しかし、自動車整備に特化した管理ソフトは月額数万円の価格帯が一般的なので、経営の大きな負担になっていたり、小規模な整備工場ではなかなか導入できないという現実があります。

自動車整備工場の経営者さんや実際に働いている人は、多かれ少なかれ、整備管理ソフトについて悩みを持っていることが多いですね。

この記事では、現在利用者がどんどん増えている整備・販売管理ソフト「CarRide(カーライド)」を紹介します。あなたの悩みを解決できるソフトかもしれません。

結論:カーライドはかなりおすすめです。

2021年8月、カーライドは無料版をリリースしました。2021年9月末まで利用申請ができます。現在も無料で利用できます。詳しくはページ下部に追記しました。

この記事を書いた人:きりん

元ディーラーの一級整備士で整備士ねっと管理人です。自動車整備業界に長く携わり、現在は整備業界のコンサルなども行っています。twitterでたくさんの整備士さんや業界の人と繋がっているのでチェックしていただけるとうれしいです。(@seibisi_net)

CarRide(カーライド)が注目される理由

CarRide(カーライド)が注目されている理由は、他のソフトにはない4つの特徴があるから。

1.無料で使える(2021.8.29追記)

今ならCarRide(カーライド)無料版がずっと使えます。

2021年8月、CarRide(カーライド)は無料版をリリースし、業界関係者の間でも大きな話題になっています。

自動車整備専用のソフトにおいて、無料・フリーソフトはあまり聞いたことがないので当然ですね。

無料版は、有料版の一部機能が制限されますが、これまで自動車整備に特化したソフトを使用したことがない人にとっては、驚きの機能になると想います。

また、現在別のソフトを使っている方も、試しに無料で使ってみることができるため、しっかりと比較・検討することができます。

整備ソフトに悩んでいる方は、とりあえず無料版を使ってみて、話題になっているCarRide(カーライド)の感触を確かめるべきです。無料版ならノーリスクですね。

無料版の利用方法はページ下部で解説しています。

注意

「2021年9月末までにお申し込み頂いたユーザー限定」とアナウンスされていますので、希望する方は急ぎましょう。現在も無料で利用できます。

無料版と有料版の違いについてはこちらをご確認ください。

>>>CarRide(カーライド)公式webサイト

2.利用料金の安さ(有料版)

CarRide(カーライド)が注目されている最大の理由は”利用料金の安さ”です。

これまでの常識をくつがえす料金設定で、整備ソフトをこれまで使いたくても使えなかった事業者さんにとっては、救いの手になりそうです。場合によっては従来サービスの料金の1/5以下ですね。

価格破壊です。

3.長期契約縛りがない

CarRide(カーライド)の契約は1年から可能です。

なぜか、他の大手整備ソフトは6年契約がスタンダード。

長年の契約期間縛りは、企業にとってデメリットでしかありません。

スマホも契約期間縛りが無くなっている時代ですので、CarRide(カーライド)の1年契約というのは時代の流れに合っています。

4.クラウドシステム

クラウド型ソフトは、便利なことはもちろん、結果的にコストを抑えられるのが魅力です。これから整備ソフトを導入するなら、クラウド型ソフト一択のような気がします。

他の整備ソフトにもクラウド型はありますが、オプションや別料金だったりします。基本機能がクラウド型であるCarRide(カーライド)は案外珍しいです。

でも、「便利で安くても、機能や使いやすさに問題あるんじゃないの」と思いますよね。

そのあたりを詳しく説明していきます。

チェック

CarRide(カーライド)は、これから整備ソフトの導入を検討する人も、従来ソフトのランニングコストに悩む人も、とりあえず選択肢に入れるべきソフトです。

CarRide(カーライド)って何?

元々は福岡の指定整備工場が、自社の為に作った整備・販売管理ソフトです

実際に整備工場を経営する社長さんが設計して、優秀なエンジニアさんが開発したというから驚きです。

自分たちが使いやすいように開発・改善しているので、使いやすさに自信があるようです。

もっと知りたい人は、CarRide公式webサイトに書かれている開発ストーリーを読んでみてください。

かなり興味深く、「へぇ〜」ってなります。この代表者の方、すごいです。

タクヤさん@takuya__1
  • 外資系コンサルタントとして活躍
  • 負債20億円で倒産寸前の家業を再建
  • 従来の高額な整備ソフトへの疑問
  • 売上UPを仕組み化するこだわり
  • 整備業界に対する熱い

CarRide(カーライド)の機能

ソフトを使う人
  • 顧客・車両管理
  • 整備管理
  • 整備見積作成
  • 整備売上・請求管理
  • 特定整備記録簿
  • 販売管理
  • 販売見積作成
  • 販売売上・請求管理
  • 外部システム連動
  • 車両貸出管理
  • タブレット接客
  • ネット予約埋込
  • 整備帳票印刷
  • 販売帳票印刷

大手整備ソフト同様に、認証工場で必要な業務のほぼ全てに対応しています。

それと、上記機能はそれぞれに料金が掛かるオプションではなく「基本機能」なので、後述する「基本料金(月額5000円〜)」に全て含まれていることも他のソフトと違う点です。

注意:指定整備関連作業に対応していない

CarRide(カーライド)は2021.6現在、適合証作成などの指定工場でのみ必要となる作業には対応していませんのでご注意を。

ただし、元々は指定整備工場さんが自社のために開発したソフトなので、指定工場の業務に対しても、さまざまな対応をしていると思います。気になる方は、まずは無料版に登録してみましょう。

無料版の申し込み方法は、ページ下部に説明があります。気軽に申し込めます。

CarRide(カーライド)の料金(有料版)

基本料金

  5年契約 3年契約 1年契約
月額 5,000 円 5,500 円 6,000 円

※支払い方法は一括前払い

注目すべきは料金の安さと1年契約が可能なことです

月額 5000~6000円の料金は、他の整備ソフトに比べて圧倒的に格安です。

それと、CarRide(カーライド)は1年契約ができることも大きな魅力ですね。

整備ソフトの経費について

売上下がる

例えば、

  • 月額 3万円の整備ソフト:年間36万円
  • 月額 5000〜6000円のCarRide:年間 6〜7.2万円

その差は年間約28〜30万円、それを5年続けると、なんと140〜150万円の差になります。

150万の経費というのは、車検で言ったら30〜50台、中古車なら5~10台の利益です。(私の感覚)

中には、年間50万円以上の整備ソフトを契約をしている整備工場も数多く、そのコストは整備工場の経営を必要以上に圧迫しているように思います。

少なくとも、「整備ソフトが高すぎる」と感じている整備工場経営者が多い事は事実ですから。

これまで大手整備ソフトと契約していた整備工場が、CarRide(カーライド)に乗り換えた場合は、経営が改善されることはもちろん、これまでできなかった設備投資などが可能になるかもしれないですね。

CarRide(カーライド)は、整備ソフトに価格破壊を起こして、整備業界に新しい価値感を生み出すパイオニアとなるかもしれないです。

オプション料金

同時操作 1台追加ごとに +5,000円/月
標準作業点数 +3000円/月

オプションはこれだけなので、ほぼ全ての機能が基本料金に含まれていることになります。

料金体系がシンプルでわかりやすい。

CarRide(カーライド)の複数端末同時操作

CarRide(カーライド)の基本機能では、複数端末で操作することが可能ですが、同時操作(同じ時間に作業すること)ができません。

一度利用してみて、同時操作できないことが不便に思う場合は、同時操作オプションを検討しましょう。

同時操作オプションは、いつでも途中から加入することが可能です。

その他料金

 

初回登録料 無料(2021.6 現在)
データ移行料 40,000 円+車両台数×5 円

他社の整備管理ソフトから乗り換える場合、別料金でデータ移行を依頼できます。

地道に自分ですることも可能だと思いますが、データ移行料金が驚くほど安いので、私なら依頼したいところです。データ移行のような、実りのない作業はきらいですね。

CarRide(カーライド)の機能特徴

クラウドソフト
  • クラウドシステム
  • 操作性の良さ

CarRide(カーライド)の機能における最大の特徴はこの2つです。

クラウドシステム

クラウドの利点は次の通り。

  • 専用PCを新たにリースしたり買う必要がない→今あるPCやタブレット、スマホも使える
  • 大事なデータを安全に守れる→PCなどが壊れてもデータには何の問題もない
  • 複数の端末で操作できる→社長の自宅デスク、整備士用のタブレット、営業マンが持ち歩くタブレット
  • インターネット環境があれば、作業する場所を問わない→出先で見積もり書作成など

ビジネスシーンのみならず、みなさんの生活に浸透しつつあるクラウドシステムですが、意外に整備ソフト業界ではそれほどすすんでいません。

しかも、私の知る限り、スマホで作業できる整備ソフトは他にありません。

対応する端末

CarRide(カーライド)は、iPhone、android スマホなど、あらゆる端末に対応しています。

クラウドはこんな時に便利

例えば、こんなことがありますよね。

  • ちょっとした作業をするために会社に戻らなければならない
  • お客様に「出先なので会社に帰ってから連絡する」と返事をしなければならない

クラウドシステムのCarRide(カーライド)なら、あっさり解決しますね。

家にあるPCや手元のスマホで作業したり、データ照会することができます。わざわざ時間とお金を使って会社に戻る必要がないですね。従業員も同様です。

クラウドシステムは、仕事のやり方自体を変えることができる、画期的なシステムです。

操作性の良さ

  • 1つの作業をするのに、画面を行ったり来たりする必要がない操作性の良さ
  • わかりやすい管理画面

実際にCarRide(カーライド)を使ってみました。

入庫一覧画面
顧客車両一覧画面

上記スクショを見てもらうとわかる通り、現代の数多くのソフトが採用する、今風の管理画面デザインとなっていて、違和感なく直感的に操作できます。

私の場合は、この記事を書くソフト「ワードプレス」や会計ソフト「freee」と同様の、すごく使い慣れたデザインでうれしい。

実際に、お客様情報の入力や、車両入力、入庫予定入力など、基本的な作業はなんの説明がなくても簡単にできました。

本格的に使ってみないとわかりませんが、かなり好印象。仕事が少し楽しくなりそう。

操作性が気になる人は、無料版を使い倒したいですね。

その他

その他の特徴についてはCarRide(カーライド)公式webサイトから引用させていただきます。

・福岡の整備工場で生まれた抜群の操作性
・今あるパソコン・タブレット・スマホで利用可能
・複数台に導入可能(同時操作する場合は別途オプション)
・リース縛りが無いので安心
・クラウド型なので端末が壊れてもデータが消えない
・インストール不要で自宅や外出先でもすぐに利用可能
・車検証のQRコードをスマホで読み取り入力時間を短縮
・見積内容と連動するタブレット接客で他社と差別化
・一括入力・データ連動により特定整備記録簿を1分で作成
・予約枠に連動するネット予約機能を自社ホームページに
・直感的なデザインで代車・レンタカーの空き状況を視覚化
・見積書・領収証などの帳票をA4コピー用紙に印刷可能
・ブラウザの複数タブを開いてのマルチタスクが可能
・AWSでのデータ管理によりセキュリティも万全
・自動アップデートなのでいつでも最新版を利用可能
・コグニセブンと連携可能(別途ご契約が必要)
・標準作業点数オプションで日整連の工数でお見積もり可能
・同時操作オプションで同時に複数人で利用可能

引用元:CarRide

CarRide(カーライド)の評判・口コミ

CarRide(カーライド)の評判・口コミをいくつか見つけましたので紹介します。上々の評判です。

今までは月3万円の他社ソフトを使っていたけどCarRideは月5千円。最初は「本当にこんな安くて大丈夫?」と思ったけどスゴく使いやすいです。もう本当に感謝です。

スマホで使えるのはCarRideさんだけ。陸運局での待ち時間に見積書を作れるから助かってます!

エクセルでの事務作業に限界を感じていたときにCarRideを見つけました。CarRideで事務作業を簡略化できて売上を伸ばすことに頭を使えるようになりました。先月から整備士を1人雇って事業を拡大中です!

CarRide(カーライド)はホンモノなので”買い”です

他にもCarRide(カーライド)の「いいなあ」と思うところ。

  • CarRide(カーライド)の将来性
  • 代表・運営会社が信頼できる

CarRide(カーライド)は、ソフトを毎週「カイゼン」アップデートしています。

カイゼン履歴を見ると、実際に使っている現場の意見をリアルタイムに反映させているようです。しかも毎週というのはすごい。

まだ改善の余地のあるソフトという言い方もできるかもしれませんが、いずれにせよ将来に向けてどんどん良くなりそうなので、将来性を感じます。

そして、代表の方はtwitterでも積極的に発信していて、整備業界全体のことを考えている信頼できそうなお人柄。お近づきになりたい。

CarRide(カーライド)は整備業界もビジネスも熟知した人が作ったホンモノのソフトです。

CarRide(カーライド)無料版利用方法

CarRide公式webサイトで無料版に申し込みしてください。その後、メールにてログイン情報が返信され、ログインできるようになります。

CarRide公式webサイトページ下部に、無料版申し込みフォームがあります(上記画像参照)。

企業名、電話番号、メールアドレスを入力するだけで、無料版に申し込むことができます。

申込後は、メールでログイン情報が送られて来ますので、すぐにログインしてCaRide(カーライド)を使ってみましょう。

自社に合わないと感じたら、使用をすぐにやめればOKですね。

整備・管理ソフトは、整備工場の経営を大きく左右するツールなので慎重に検討しましょう。

>>>自動車整備・販売管理 CarRide(カーライド)

まとめ

整備・販売管理ソフトのCarRide(カーライド)は、利用料金が格安でありながら、最新のクラウドシステムで使いやすく、現在利用者がどんどん増えています。

また、2021年8月には無料版もリリースされ、さらに利用者が倍増し、いずれは、整備業界のスタンダードになるのかもしれませんね。

以上、整備・販売管理ソフト「CarRide(カーライド)」が注目される理由でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました