Carride
車を知る

アイドリングストップ車のバッテリーは上がりやすい!?【注意点を解説】

劣化したバッテリー 車を知る

アイドリングストップ車のバッテリーは、上がりやすい

こんなことを誰かに聞いたり、そんな記事を見た事がある人も多いのかなと思います。それが本当なら、乗っている人はとても気になりますよね。

この記事は、アイドリングストップ付き車のバッテリーについて一級整備士が解説します。

この記事の内容
  • アイドリングストップ車に乗る人が気をつけること
  • アイドリングストップ付き自動車用バッテリーの特徴
  • アイドリングストップ車に普通のバッテリーは使えるか

アイドリングストップ車に乗っている人が気をつけること

結論:アイドリングストップ車だから、注意することは何もありません。

様々なwebサイトでアイドリングストップはバッテリーが上がりやすいなど、いろいろ書かれているようですが、何も気をつけなくていいです。間違いだらけです。
 
詳しく説明します。
 

アイドリングストップ車はバッテリーの劣化が早い!?寿命が短い!?

これも世間でよく言われていることですが、ちょっとニュアンスが違います。

正しくは「負担が大きい」です。

アイドリングストップ車は信号待ちでエンジンが停止します。エンジンを止めるということは、動き出す時にまたエンジンを始動しなければなりません。

自動車はエンジンを始動するとき(クランキング時)に最もバッテリーの電気を多く使います。

なので、何度もエンジンを始動するアイドリングストップ車は、バッテリーへの負担が、そうでない自動車に比べ何倍も大きくなります。

しかし、バッテリーの寿命が短い、上がりやすいかと言うと必ずしもそうとは限りません。

なぜなら、各自動車メーカーはその問題に対する様々な対策を施しているからです。

次にその対策を紹介します。

バッテリー上がり・早期劣化に対する対策

バッテリーの負担が大きいアイドリングストップ車には、自動車メーカーがいろんな対策をしていますね。

1.高性能バッテリーの搭載

アイドリング・ストップ車には専用バッテリーが搭載されています。

アイドリングストップ車に通常性能のバッテリーを搭載すると、度重なる始動(クランキング)に耐えきれず、すぐ上がってしまう等の不具合が起きます。

アイドリングストップ車には、普通の自動車のバッテリーよりも高性能なバッテリーを搭載することで、バッテリー上がりや早期劣化を防いでいます。

これはアイドリングストップ車用(IS用)バッテリーです。でも、実は特殊なバッテリーではなく、構造などは普通のバッテリーとなんら変わりありません。

単純に性能が高いバッテリーです。

しかし、一般の人にわかりやすくするため、IS用バッテリーという規格を作り、アイドリングストップ車に性能の低いバッテリーを搭載されるのを防いでいるのだと思います。

専用バッテリーの値段

アイドリングストップ用バッテリーの値段は、同サイズの場合、一般的なバッテリーの1.2倍から2.0倍くらいの値段です。

需要が増えてきたため、最近は値段が下がってきているようです。軽自動車の場合、6000円~1.5万円ほどとなっています。

ダイハツのアイドリングストップ用バッテリー

関連記事>>>M42バッテリーのおすすめはたった一つです/ダイハツ・スズキなどに適合

2.充電量制御

難しそうな単語が出てきましたが、そんなに難しくありません。

「スマホを常に充電していると、電池が劣化する」と聞いたことがありませんか?自動車のバッテリーも全く同じです。

自動車のバッテリーも、充電しすぎ(過充電)、充電量不足(過放電)を繰り返すと、バッテリーの性能が劣化します。

現在の自動車は「あんまりお腹いっぱいにならないように」「あんまりお腹が空かないように」ある一定の充電量を保つようにシステムが作られています。
これを充電制御といい、アイドリングストップ車でなくとも、現在の自動車はこういった制御がされています。

アイドリングストップ車は、この、緻密な充電制御でバッテリーの早期劣化を防いでいます。(燃費も向上します)

3.劣化したらアイドリングストップしない機能

アイドリングストップ車は常にバッテリーの状態を監視しています。

「2.」で書いた充電制御システムも、バッテリーの状態を監視しているからなせる技です。

バッテリーから出て行った電気の量、バッテリーに充電された電気の量、今現在のバッテリの電圧、指導時(クランキング時)のバッテリーの電圧、それらを常にコンピュータが監視し、バッテリーが弱ってきたらアイドリングストップすることをやめます。

アイドリングストップをやめることで、それ以上バッテリーが劣化することを防ぎ、さらにメーター内のチェックランプを点灯させ、ドライバーに修理(バッテリー交換)をうながします。

このように、自動車メーカーはいろんな対策していますが、もちろんこれだけではありません。

自動車メーカーはもっともっと細かいところまで工夫を重ね、アイドリングストップ車の弱点である「バッテリーの早期劣化」に対する対策を施しています。

アイドリングストップ車に普通のバッテリーは使えるのか

・搭載は可能
・早期劣化の可能性大
・バッテリーが上がりやすくなる
・車が壊れたりはしない
・チェックランプが点灯する可能性有り

現在は、普通のバッテリーと値段がそんなに変わらないので、専用以外を取り付けるメリットがありません。

応急対応時以外では、確実にIS専用バッテリーを使用するようにしましょう。

まとめ

アイドリングストップ車は、バッテリーへの負担が大きい車ですが、乗っている人が気をつけることは何もありません

自動車メーカーは様々な使用環境を想定して、自動車を作っています。私たちがが思う以上に、激しい使われかたをした場合も想定しています。

何も心配ありません。普通に乗ってください。

ただし、運転や維持管理の方法によっては、燃費やバッテリーの寿命に影響が出ることはあります。

しかしこれは、アイドリングストップ車でなくても、全く同じことです。

補足

ドライバーが、バッテリーに気を使いながら運転しなければいけない車なんて商品性が悪いとしか言いようがないです。私はそんな車に乗りたくありません。

アイドリング・ストップ機能を停止したい

  • 「そもそもアイドリングストップなんてしなくていい」
  • 「とても運転しにくいし、わずらわしい」

などと思う人も多いです。

機能を停止したい場合は「OFF」スイッチを押してください。

オフスイッチを押せば機能を停止します。

しかし、一度エンジンを切ってしまえば、スイッチはまた元に戻ってアイドリングストップしてしまいます。このようなスイッチを私は「イッテコイスイッチ」などと呼んでいます。

毎回毎回押さなければならないので、わずらわしく感じる人も多いと思いますが、これは仕方のないことです。不便かもしれませんが、これは法令上も決められています。

補足:なぜ毎回押さないとダメか

アイドリングストップ車はアイドリングストップするものとして、燃費性能や環境性能が登録されています。常にその機能を停止してしまうことは、車を登録した時の状態と違う形で使用することとなります。自動車メーカーはわざと常にOFFできないようにしています。

また、エアコンのフロントガラスから風を出す(デフロスタ)機能を使うことで、アイドリングストップを禁止します。これはあまり知られていません。

「アイドリングストップなんていらない」という人は、ぜひ機能を停止してください。私は常にOFFにしています。

以上、アイドリングストップ車のバッテリーについてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました