新車購入時のメンテナンスパック加入は得?損?【元ディーラー整備士が本音を語る】

車を知る
スポンサーリンク

新車を購入すると「メンテナンスパック」と呼ばれる、将来の整備をセットにした商品を、必ずと言っていいほど勧められると思います。実際にメンテナンスパックに加入する人も多いと思います。しかし、「本当に得なのか」「加入していいのか」疑問に持つ人も多いと思います。

この記事は、新車購入時にメンテナンスパックに入ることが、「得なのか損なのか」について、本当のところを元ディーラー整備士が解説します。

入会前に必ず読んでください。元ディーラー整備士が本音でこっそりお話しします。

 

この記事の内容

メンテナンスパックに入るべきか

メンテナンスパックのメリット・デメリット

 

メンテナンスパックに入るべきか

結論

車検整備が含まれているパックなら、入るべき

車検整備付きなら、得する場合が多いです。車と一緒にローンを組めば楽です。

 

メンテナンスパックのメリットはたくさんありますが、デメリットは少ないです。特にクルマのメンテナンスの仕方がわからない人は加入して損は無いと思います。

ただし、内容と値段をちゃんと見てから決めて下さい。

車検整備がついていない30ヶ月のメンテナンスパックは、メリットが少ないので、入らなくていいです。あまりお得じゃありません。

メンテナンスパックに加入しているユーザーが一番加入していて良かったと思うときは、車検のときです。

税金などの経費だけで車検が済んでしまうので、とっても特した気分になるはずです。

 

もう一度正確に書くと、

車検整備付きの36ヶ月のメンテナンスパックで割安だったら加入するべき

ぜひ検討してみてください。

 

更に詳しく、解説していきます。あらためて確認してください。

メンテナンスパックとは

メンテナンスパックとは、一定期間の将来の整備をセットにして安く販売するものです。最近ではディーラー以外の民間の整備工場でも、販売されています。

 

例えば、新車購入時から30ヶ月の整備パックに加入すれば、その期間中にある複数の定期点検などがセットになっています。定期点検をそれぞれ毎年実施するよりも、トータルで安く済むといったものです。

但し前金(新車購入時に支払い)が前提です。

 

セットの内容については、整備工場によって違いがあり、定期点検の他にワイパーゴムやエンジンオイルの交換がセットされているものもあります。

さらに積雪地では、夏タイヤから冬タイヤへの入れ替えなどがセットされているなど、地域によっても違いがあります。

 

メンテナンスパックの一例

・1年後の12ヶ月点検

・1年半後の6ヶ月点検

・2年後の12ヶ月点検

・2年半後の6ヶ月点検

・3年後の車検整備

・ワイパーゴム3回交換

これらが全て含まれて6万円などがあります。

 

メンテナンスパックの種類

メンテナンスパックの内容については、整備工場によってまちまちです。

 

期間による違い

メンテナンスパックの種類による、最も大きな違いは期間の違いです。

新車購入時における、ほとんどのメンテナンスパックは30ヶ月、又は36ヶ月となっています。

 

重要

30ヶ月、36ヶ月のパックの違いは、初回車検の整備料金を含むか、含まないか

36ヶ月のパックに入れば、3年後の車検時にそれほどお金がかからないで済みます。

メンテナンスパックの内容に、車検代を含むか含まないかは、最も重要な要素です。

但し、料金に含まれるのは整備料金のみで、税金などの諸経費は別途必要になります。

 

車検代を含まない30ヶ月の場合は、車検の料金はいつものとおりに掛かかります。

 

30ヶ月のパックと36ヶ月のパックでは料金や内容が大きく違いますので、確実に確認してください。また、36ヶ月の車検整備付きについては、商品設定がない整備工場も多いです。

 

内容による違い

ディーラーのメンテナンスパックの内容については、ほとんど同じです。

基本的には、6ヶ月ごとに定期点検を実施していきます。

その他にワイパーゴムの交換が含まれている場合が多いです。こちらは1年ごと。

 

エンジンオイルについては、パックに含んでいるディーラーと含まないディーラーがあります。

オイル交換料金がパックに含まれるか含まれないか、必ず確認しましょう。

1年ごとのタイヤ交換が含まれていることもありますので、タイヤを夏タイヤから冬タイヤに交換する積雪地のユーザーにとってはこれも大きな要素であると思います。

 

ユーザーのメリット

メリット1 期間中は車にお金がかからない

オイル交換や定期点検など、車のメンテナンスにはお金がかかるものです。

メンテナンスパックは前金制なので、最初に支払ってしまえば、その都度お金がかかりません。

 

特に、36ヶ月の車検整備付きのパックを選べば、3年後の車検の時に大きなお金を用意する必要がありません。保険好きの日本人にとっては、これは大きな魅力ですね。

また、新車の購入時にローンを組む人にとっては、この3年後の車検代まで一緒にローンを組めるので、300万のローンでもパック代を入れた305万のローンでも、さしたる違いはないと感じるはずです。

「これさえ入っていれば、しばらくお金がかからないな」

そう感じてメンテナンスパックに加入する人が最も多いのではないかと思います。

 

メリット2 安心して車に乗れる

メンテナンスパックに含まれた半年ごとの点検を受けていれば、故障などのトラブルのリスクを抑えることができます。

「新車なんだから、しばらくは故障なんかしない」と、思う人も多いと思いますが、点検などのメンテナンスをおこたれば、いかに新車と言えど車は壊れる可能性があります。

 

メンテナンスパックに加入していなくとも、点検を受けることはもちろん可能ですが、整備工場から必ず連絡が来るので忘れずに実施できます。また。整備料金を先に支払っているため、お金が無い時でも必ず実施できます。

 

特に、車についてあまり知識の無い女性は「絶対に車のトラブルにあいたくない」と思っているはずです。そんな女性は安心感を求めてメンテナンスパックに入るのかもしれません。

 

実際に、私がディーラーで働いていた頃の経験では、独身女性がメンテナンスパックに加入するケースが非常に多かったと思います。

 

メリット3  クルマがきれいに保てる

クルマの洗車や掃除をしたくないと思う人もとても多いでしょう。わたしもその一人です。

メンテナンスパックに加入していれば、6ヶ月ごとに点検などを行うため、そのたびに洗車や室内の掃除をしてくれると思います。

 

「クルマの点検は良くわからないけど、6ヶ月ごとにきれいにしてくれて嬉しい」

実際に、こんなことを女性ユーザーから言われた経験がたびたびあります。

クルマの美観を保つためにも、メンテナンスパックは有効な手段であると言えると思います。

 

ただし、半年ごとの点検はメンテナンスパックに含まれているが、洗車や掃除は別料金という整備工場があります。掃除や洗車が料金に含まれるかどうかを必ず確認してください。

ディーラーでは、ほぼ間違いなく含まれていると思いますが…

 

ユーザーのデメリット

デメリット 解約できない

メンテナンスパックは契約上、基本的に解約できないケースが多いと思います。

「別に解約なんてしない」と思うでしょうが、次のようなケースが考えられます。

・整備工場の態度や接客などが嫌になって、もう二度と入庫したくなくなった。

・車を売ってしまった。

これらのようなユーザー側の事情により解約したい場合は、返金されないことが多いので注意が必要です。

ちなみに私が働いていたディーラーでは次のような場合のみ、解約・返金に応じていました。

・引っ越してしまい、物理的に入庫できなくなってしまった。

・契約している人が運転できない状態になってしまった。

これらの事情がある場合のみ返金に応じていました。

いずれにしても、ディーラーや整備工場によって違いますので、契約内容をよく確認してください。

 

まとめ

36ヶ月の車検付きのメンテナンスパックなら、加入するとお得になるケースが多いので、加入することをオススメします。

それ以外の場合は私なら加入しません。

ただし、車検整備が付いていないパックでも、女性の方や車に詳しくない方にとっては、安心を買うことができるので、悪くないと思います。ぜひ検討してみてください。

 

以上、メンテンスパックについてでした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました