整備技術

車の修理書・整備要領書・配線図を閲覧・ダウンロードする方法/基本今はありません

本を読む男 整備技術
  • 愛車の修理書を閲覧・ダウンロードしたい
  • 整備要領書がどこで買えるのか知りたい

自分で愛車の整備をするために必要な、自動車メーカー発行の整備マニュアルを閲覧したい・手に入れたいと思う人も多いですよね。私も、以前は自分のバイクの整備要領書(書籍)を持っていて、自分で整備していましたから。

この記事では、整備マニュアルの閲覧・ダウンロード方法について元ディーラーの一級整備士が答えます。

この記事を書いた人:きりん

元ディーラーの一級整備士で整備士ねっと管理人です。自動車整備業界に長く携わり、現在は整備業界のコンサルなども行っています。twitterでたくさんの整備士さんや業界の人と繋がっているのでチェックしていただけるとうれしいです。(seibisi_net

サービスマニュアルの入手方法

not_fpr_sale

現在、自動車メーカー発行のサービスマニュアル(整備要領書)を手に入れることは、かなり難しい

昔は、トヨタやスバルなどのマニュアルを、書籍として購入することができた時代もあったと思いますが、今は一般の方が購入することはできないようです。

自動車メーカーが一般の人に販売許可をしていないと思います。

一般の人に販売許可しない理由

どのメーカーでも、整備マニュアルの最初のページにはこのような注意書きがあります。

この整備マニュアルは、車について基本的な整備上の技能、知識などを持ち「整備士資格」を有する人を対象に作成しています。 対象外の方は、整備作業者及び周囲の人に危害を与えるおそれや整備上のトラブル・部品破損・車両損傷等のおそれがありますので、この修理書だけで整備を行わないでください。

おそらく自動車メーカーは「このマニュアル通りに整備したのに壊れた、怪我した」という、一般の人とのトラブルを避けたいという意味があると思います。

書籍から電子マニュアルに変化

電子マニュアル

そもそも書籍が存在しない

現在の車の整備書は、書籍ではなく、電子マニュアルとして存在し、web上で閲覧するシステムに変わっています。

大型トラック、バイクも含め国産自動車メーカーは全て同じで、修理書・整備要領書・配線図集といった書籍は無いようです。

情報量が膨大になったことや、利便性を考えて電子化しており、どの自動車メーカーも書籍版整備マニュアルは、新しい車には存在しないように思います。

スズキなど一部のメーカーでは、CDやDVDが存在し、オフラインで閲覧可能にしているメーカーもあります。しかし、CDやDVD版存在していても、一般の人には販売していない事が多いです。

自動車メーカーが発行している整備マニュアル

  • 新型車解説書
  • 整備書
  • 配線図集
  • ユニット修理書
  • ボデー寸法図

トヨタやダイハツには上記のような種類・構成のマニュアルがあります。国産メーカーならどこも似たような感じのマニュアル構成になっています。

整備工場ではFAINES(ファイネス)を利用

整備工場では、国産全メーカーの整備マニュアルを閲覧できる「FAINES(ファイネス)」というシステムを利用しています。自動車整備工場向け月額制の有料サービスですね。

それぞれの整備工場のアカウントでログインすれば、全メーカーのマニュアルを自由に閲覧することが可能です。

パソコンとインターネット環境があれば、新型車から昔の車のマニュアルまで全て閲覧したり、印刷したりできるため(ダウンロードはできない)、現在では書籍の修理書を使用していない整備工場がほとんどです。

そして、残念ながら一般の人はファイネスに入会することができません。

入会は、自動車整備振興会が管理し、国が認めた整備工場の証である「認証工場であるか」を調査してから入会を許可するからです。

修理書・整備要領書無料ダウンロードサイト

インターネットで検索すると、このようなページがいくつか存在するようです。

おそらく全て著作権無視の違法ダウンロードサイトと思われます。相手は大企業である自動車メーカーや、(一社)日本自動車整備振興会連合会ですので、利用は注意してください。

どうしても見たい時は?

相談する男

ファイネスに入会している自動車整備工場に相談してください。そこからはその自動車整備工場の責任で、アドバイスをしてもらったりできると思います。

まとめ

  • 一般の人は整備マニュアルを購入できない
  • そもそも書籍が存在しない
  • 自動車整備工場ではファイネス(電子マニュアル)を利用
  • 無料ダウンロードは違法の可能性大
  • どうしても見たければ整備工場に相談

自分で車を整備したい人にはちょっとつらい現実かもしれませんね。以上、車の修理書・整備要領書についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました