車を知る

【3分解説】スタッドレスタイヤのレンタルとは/特徴と料金相場

studless_rental 車を知る

この記事では、最近利用者が増えているスタッドレスタイヤ(冬タイヤ)のレンタルサービスのいろはについて、プロの整備士が解説します。3分程度であなたにとって利用価値があるサービスかがわかります。

この記事を書いた人:きりん

元ディーラーの一級整備士で整備士ねっと管理人です。自動車整備業界に長く携わり、現在は整備業界のコンサルなども行っています。twitterでたくさんの整備士さんや業界の人と繋がっているのでチェックしていただけるとうれしいです。(seibisi_net

スタッドレスタイヤのレンタルとは

スタッドレスタイヤのレンタルとは、その名の通り、スタッドレスタイヤをホイールごとレンタルするサービスです。一部のカー用品店(オートバックスなど)や、タイヤ専門店、ガソリンスタンドなどで近年開始されているサービスで、普段は雪の降らない地域で多く展開されています。

利用方法は基本的には次の通りです。

予約→店舗に行く→スタッフが交換→乗って帰る→使用後店舗に行く→スタッフが元のタイヤに戻す

レンタル期間中、自分のタイヤは預かってくれるお店がほとんどです。

一部のお店では、自宅にタイヤを持ってきてくれるところもありますが、その場合は、交換作業を自分で実施する必要がありそうです。

また、レンタルするスタッドレスタイヤの、銘柄や製造年を選ぶことは難しいようです。つまり性能については不明です。ただし、お金をもらっている以上、あまりに性能の悪いタイヤや劣化したタイヤをレンタルするとは思えないので、一定の品質は保たれると考えていいでしょう。気になるのであれば、「新しいタイヤですか」と聞いてみるのもいいと思います。そう聞くだけで、「このお客さんは気にする人だな」と印象付けられるので、なるべく新しいものや品質の良いものを提供してくれる可能性が高くなると思います。

輸入車や特殊なサイズのタイヤは無いことも!?

スタッドレスタイヤのレンタルは、需要の高い大衆車用のタイヤしか利用できないことが多いです。輸入車や特殊なサイズ、18インチ以上の大きなホイールの場合は最初に利用可能かどうかを確認しましょう。

スタッドレスタイヤ・レンタルサービス実施店

tire_shop

実施店舗はあまり多くないので、地域別に検索を

2022現在、スタッドレスタイヤのレンタルサービスは、それほど多くの店舗で実施していないので、あなたの住んでいる地域別に検索する必要があります。

スタッドレスタイヤ_レンタル_〇〇県(市・区・町)

こんな感じですね。

実施していても、インターネット上に情報が掲載されていないことがあるため、チラシや看板を確認したり、直接問い合わせが必要な場合があります。

実施している可能性がある店舗は以下のとおりです。

  • タイヤ専門店(タイヤガーデン・Mrタイヤマン・タイヤ館など)
  • カー用品店(オートバックス・イエローハット・ジェームスなど)
  • ガソリンスタンド

地方によってはディーラーなどでも実施している場合があるようです。

また、同じチェーン系列の店舗でも地方によって実施していたり、していなかったりします。

現在のところそれほど需要がなく実施店舗は多くありませんが、近年の気候変動や異常気象により、価値が高まっているような気がします。特に普段雪の降らない都市部で雪マークの天気予報が出ると、一気に需要が高まりますので、利用が難しくなるかもしれません。

スタッドレスタイヤレンタルの料金相場と期間

タイヤサイズ 1泊あたりの料金相場 1泊追加ごと
14インチ5,000円~10,000円+1,500円~5,000円程度
15インチ6,000円~10,000円+1,500円~5,000円程度
16インチ7,000円~10,000円+1,500円~5,000円程度
17インチ10,000円~15,000円+1,500円~5,000円程度

※整備士ねっと調べ

お店によってかなり違いがありそうなので、参考程度にしてください。

交換作業をお願いする場合は、2回の交換で7,000円~15,000円程度の追加料金が発生します。こちらは車種やタイヤサイズにより大きく異なります。

※交換作業は、借りるときと返すときの2回発生するため、2回分の料金となります。

1ヶ月、1シーズンレンタルすることは可能か

長い期間レンタルできるかについては、店舗に問い合わせましょう。基本的にそういった用途向けのサービスではないので、あまり期待できません。また、長ければ長いほど買ったほうが良い状態にもなりやすいです。

スタッドレスタイヤレンタルの特徴・利用価値

雪の道

利用者は高価なスタッドレスタイヤを購入すること無く、使いたいときだけレンタルできて経済的でなおかつ楽

これが、スタッドレスタイヤ・レンタルサービスの最大の特徴です。

  • 1泊2日のスキー旅行に行く
  • 冠婚葬祭などの場面で、積雪地の実家に急に帰省しなければならない
  • 天気予報で突然の雪マークが出た

スタッドレスタイヤ・レンタルはこのような場面で大きな利用価値があります。数日だけの利用ですね。

経済的なメリットだけでなく、急な雪への対応にも役に立つことがわかります。

タイヤを自宅に保管しなくて良いというメリットも、特に都会の賃貸に暮らす人にとっては大きなメリットになるでしょう。

また、4人の友達で旅行に行くシーンなどで「割りカン」にし易いですね。旅行に行く途中で交換してもらい、帰り際にまた戻してもらうという利用はイメージしやすいです。

レンタカーで代用可能!?

同じ利用価値があるものとして、レンタカーがあります

スタッドレスタイヤのレンタカーを借りれば、スタッドレスタイヤ・レンタルサービスと同じようなメリットがあります。また、「楽」という部分ではレンタカーに分があるとも思います。

レンタカーと比べる場合は「利用料金の違い」と「自分の車にこだわるか」で判断することになります。但し、利用料金に関してはそれほど両者に大差は無いように思いますので、「自分の車にこだわるか」で判断してはどうでしょうか。どうしても自分の車で移動したい場合にはとても有効です。

新品タイヤを買ったほうが良いケース

長期間借りる場合

利用料金だけをみるとこれは明らかですので、1ヶ月や1シーズン借りたいという場合には、レンタルは向かないです。

概ね10日間以上借りるのであれば、新品のスタッドレスタイヤを買ったほうが安い可能性が高いと推測できます。

新品のスタッドレスタイヤは3~5年程度使用できるのが一般的ですので、3~5年で10日間以上もこういった場面があるのであれば、購入をおすすめします。

もちろんタイヤの置き場所が無い、普段は全く使用しないなど、スタッドレスタイヤ・レンタルサービスのメリットを活かせる人は、料金が高くてもレンタルに価値はあります。そこは料金を含めて、あなたに合うかどうかですね。

新品タイヤを格安で購入する方法

近年のネット販売では、新品のスタッドレスタイヤが結構安く買えます

もし、新品のスタッドレスタイヤやホイールセットが格安で買えるのであれば、スタッドレスタイヤのレンタルを利用しなくてもよいと思う人もいるのではないでしょうか。

但し、ネット販売には落とし穴が多く、失敗する人も多いです。あらためて、新品のスタッドレスタイヤを検討するのであれば、こちらの記事をご確認ください。きっと役に立つ記事です。

>>>タイヤのネット購入で失敗しないコツと方法【プロの整備士が伝授します】

まとめ

近年の異常気象や、気候変動によって予測できないところに大雪が降ることも珍しくなくなりました。そんな中登場したサービスが「スタッドレスタイヤのレンタルサービス」で、賢く使えばとても役に立つサービスです。

一方で、利用料金はそれほど安くないので、長期間のレンタルであれば、インターネット販売などを利用して安く購入する方が良い場合や、同じような特徴をもつレンタカーを利用する方法を考えても良いかもしれません。

以上、スタッドレスタイヤ・レンタルの特徴や料金相場についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました