整備士の転職理由TOP5|私がディーラー整備士を辞めた理由

整備士の転職
スポンサーリンク
自動車整備士の転職理由

知りたい人向け。

 

現在の日本には、どの業種にも転職を希望する人がとても多くいます。

「キャリヤアップのため」「人間関係の悩み」「待遇への不満」など、理由は実に様々です。

それでは自動車整備士が転職を希望する理由にはどんなものがあるでしょうか。

 

この記事では、

なぜ自動車整備士が転職を希望しているのか

その理由について、2016年に日整連がまとめたアンケート結果を基に紹介します。周りの整備士がどんな事を理由に転職を考えているのかを確認してみましょう。

あなたはいくつ当てはまりますか?

 

この記事を書いた人

私は1級整備士の資格を持ち、ディーラーで10年間整備士として働いていました。その後転職し、現在は自動車整備関係の仕事をしながらこのサイト運営をしています。

 

自動車整備士の転職理由TOP5

結論です。

1位:賃金の条件がよくなかった

2位:労働時間の条件がよくなかった

3位:休日・休暇の条件がよくなかった

4位:自動車整備業を続けていくことに対して魅力・安定性を感じなかった

5位:賞与がなかった・少なかった

※出展「自動車整備人材の確保・育成に関する検討会報告書(2016.4)」

それでは次に細かく見ていきましょう。

 

1位と5位 賃金・賞与が悪いから

自動車整備士の賃金の悪さについては、近年とても話題になっています。SNSで給与明細を公開している人もおり、TVなどでもたびたび報道されています。

もちろん、全ての整備工場の賃金・賞与が悪いわけでは決してありませんが、やはり「賃金・賞与が悪い事を理由に転職を希望する整備士が最も多い」ということは事実のようです。

この理由が第1位ということは、多くの整備士が納得するのではないでしょうか。

 

私のディーラー時代の実際の給与

http://true-auto.xyz/kyuyo/

 

2位 労働時間が長いから

自動車整備士の労働時間は比較的長いことが知られています。

その日の仕事の進み具合によって、就業時間が変わってしまうことが原因の一つで自動車整備業という仕事柄ある程度は仕方がないのかもしれません。

そして、入庫管理がしっかりできない整備工場ほど、その傾向が強くなります。

 

「いつまで経っても仕事が終わらない」というのは本当に辛いことですよね。

 

特にディーラー整備士の労働時間が長いことが知られており、私がディーラーで整備士として働いていた10年前には、12時を回ることもありました。

近年は労働基準監督署の指導や働き方改革等の動きによって、環境は良くなっていると思いますが、それでも2月3月の繁忙期には残業が多く、これが理由で転職を考える人が多いのは納得ですね。

そして「労働時間が長い」という理由は、おそらくそんなディーラーの整備士の意見が強く反映されていると思われます。

また、近年の整備士の人材不足の問題等により、そもそも整備士の人数が足りていない場合もあるようです。

 

3位 休日・休暇の条件が悪い

こちらの理由も、特にディーラーの整備士に多いと思われます。

 

単に「休日が少ない」という訳ではなく「土日祝日の出勤が多い」ということだと思います。小型車ディーラーでは、基本的に土日祝は営業日で出勤となります。

 

もちろん多くのサービス業で同じ環境だと思いますが、「できれば土日は休みたい」という整備士の方が圧倒的に多いはずです。

私がディーラーをやめた最大の理由がこれです。

「家庭を持ち子供を持ち、子育てをする。」

この課程の中にいる多くの整備士が、これを理由に一度は転職を考えるのではないでしょうか。

 

それから、「休みが少ない」ということも確かにあると思います。ディーラーはGWや夏休み期間が長い事が有名ですが、全体を見ると休みが少ないです。

ディーラーの営業日を数えるとわかるのですが、営業日の全て出勤すると、労働基準のラインを超えてしまうディーラーが多いのです。

また、ディーラー以外でも、規模の大きな民間整備工場や車検チェーン店の場合も同じことが言えると思います。

 

4位 整備士の未来が不安

私も将来の不安を感じることがありました。

整備士として技術を磨き、資格などを取っている若い時代はあまりそう思いませんでしたが、ある程度経験を積み、整備士として一人前になると、なんとなく将来を考えるようになりました。

その頃には会社の経営状況などについてもある程度わかるようになります。そんな中で先輩や上司を見て「理想の将来ではない」と感じる事も多くなります。

 

また、体力的な問題で長く続けられない・続けたくないと、自動車整備士としての将来を不安に思う人も多いのではないでしょうか。

そしてこの、「整備士としての将来が不安」という理由は、現在の整備業界が抱える問題を、色濃く表しているように思えてならないです。

 

参考:整備士向け求人サイトの選び方【おすすめ3選】

 

まとめ

自動車整備士の転職理由には「自分自身のキャリアアップの為」などの、ポジティブな考え方で転職を希望する人は非常に少なく、「もうこんな仕事や環境は嫌だ」と考えている人が多いことがわかります。

 

また、自動車整備士が転職を希望する場合、

「整備士として、違う整備工場に転職する」のではなく、「整備士を辞め、異業種に転職する」人が多いという特徴があります。
その中には国家資格を取得している整備士も、もちろんたくさんいます。

おそらく、「自動車整備士をやっている以上、どこにいってもそれほど変わらないだろう」と考えている整備士が多いためです。

「整備士としての未来が不安」と感じた整備士は、もう整備士には戻って来ないのではないでしょうか。

参考:自動車整備士におすすめ転職先とその理由まとめ【異業種も考えよう】

 

以上、自動車整備士が転職を考える理由でした。

この記事を読んでいるあなたにも、納得できる部分が多かったのではないでしょうか。

 

転職を考えることは決して悪ではありません。

考えるだけならば、あなたにとってマイナス要素は一つもありません。

この機会に、転職についてしっかりと考えてみませんか?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました