ダイハツのスマートアシストⅡのエーミングをやってみた

整備技術
スポンサーリンク

先日、ダイハツ・スマートアシストⅡのレーザーレーダーセンサ(赤外線センサ)のエーミング作業を実際にやってみたのでご紹介します。

今後実施される方の参考になれば幸いです。

 

ポイントもちろん、ダイハツのサービスマニュアルを見ながら、そのとおりに実施しています。

 

 

1.車両の中心線を出す

 

車両前後のエンブレム中心から下げ振りを垂らし、床にマーキングします。

前後のマーキングを基準に車両中心線をマーキング(ヒモを張る)します。

 

※これはトヨタのセーフティセンスCのやり方と全く同じなので、過去記事を参考にしてください。

トヨタセーフティーセンスCのエーミングをやってみた

 

 

 

2.ターゲットの設置

 

パーテーションみたいなものにターゲットを貼っていますが、キャディーなんかでもOKです。

ターゲットは純正品で、5万円くらいします。

 

 

 

3.スキャンツールで調整

今回は スキャンツール 「GSCAN Tab」 を使用しました。

「プリクラッシュセーフティーシステム」→「作業サポート」→「レーザーレーダーセンサー光軸調整」と進みます。

 

光軸がどのくらいずれているのかが角度で表示され、それをもとに調整します。

調整は手動による調整方法で、センサーのエーミングスクリューをドライバーで回すことで行います。

こちらも二人で30分程度で調整可能です。

 

ここでおしまい。作業は比較的簡単です。ぜひ外注せずにやってみてください。

 

注意:作業はくれぐれも整備マニュアルをよくみて、手順のとおりに正確に行ってください。

 

コメント