ダイハツ・エンジン分解に必要な特殊工具

ダイハツエンジン分解に必要な工具 整備技術

この記事は、動画でもご紹介させていただいた、ダイハツのKF-VEエンジン分解に必要な工具を紹介します。紹介するのは、一般的な工具ではなく特別に必要な工具(特殊工具・SST)です。

動画を公開したあとに、「どんな工具が必要ですか?」や「あの工具はどこで売っていますか?」などの問い合わせが多いので、今回の記事にしました。ぜひ参考にしてください。

エンジン分解動画はこちら

ダイハツエンジン整備動画1(タイミングチェーン取り外し) Engine maintenance videos of Daihatsu(Japanese car)

タイミングチェーン交換作業で必要な工具

必ず必要な工具が2つ

1.オイルパンカッター(オイルシールカッター)

この工具はフロントカバー(チェーンカバー)やオイルパンを外すのに必要です。

液体ガスケットを使っているカバー類は、これが無いと外すことは難しいので必ず準備しましょう。

また、液体ガスケットは、現在たくさんのエンジンに使用されているので、工場に2つくらいは常備していても良いと思います。もちろん他のエンジンでも使用できます。

しかし、この工具はなかなか売っていません。もちろん、ホームセンターなどに売っている品物ではないので、あらかじめ準備が必要です。それでは、インターネットで販売しているところを紹介します。

これが純正扱いの工具です(KTC)。ちゃんとしたものを使いたい人はこちらですね。(KTCなのでどこもほぼ同じ値段)

そしてこれが安いもの。なんでもいいならこれがいいと思います。実際に私が動画で使用しているのはこれです。正直使いにくく、上のKTCの方が2倍くらい使い易いです。

2.液体ガスケット(パッキン)2種類

これは工具ではないのですが、必ず使うので書いておきます。

  • 一つは「スリーボンド1280E」
  • 一つは「スリーボンド1282B」

上記2つの部品は純正扱いなので、ダイハツの純正品番で購入するしかないようです。ダイハツの販売店に問い合わせてください。

また、市販品であるスリーボンド「TB1215」と「TB1207B」で代用できます。

但し、液体ガスケットは、使用する個所に合わせて最適なものを選ばなければなりません。

耐油性、耐熱性など様々な性能がありますので、あまりこだわりが無く、無難なものを選びたい人は、純正品の二つを準備したほうがよさそうです。

ちなみに、1280Eはオイル漏れ防止の個所に塗り、1282Bは水周り(ウォーターポンプ周り)に塗ります。1280Eは1本の半分ほど使用しますが、1282Bは少ししか使用しません。

あったら便利な工具が2つ

1.エンジンスタンド

これは言うまでも無く、あれば便利な工具です。

動画を見ていただけるとわかるのですが、このエンジンはオイルパンを外さなければ、フロントカバーが外れません。エンジンを立てた状態でオイルパンを外すのがとても大変です。

補足

ボルトを外せばパンが外れる昔のエンジンと違って、液体ガスケットを「はがす」作業があります。さらに、組みつけの時には「きれいにする」「塗る」の作業があるため、エンジンを簡単にひっくり返すことができる、スタンドはとても便利です

動画で私が使っているのは、こちらアストロプロダクツの激安エンジンスタンド。

最近なんでもアストロ製品を使用するようになってきました。品質は値段相応です。

正直けっこう文句あります。でもコスパが良すぎる。使ってみるとよくわかります。

いろんな意味で値段相応ですね。

ネットで検索してみると、アストロよりさらに安い、6000円程度の爆安エンジンスタンドがあるようです。使ったこと無いので、レポートできませんが、アストロの半額以下なんてなんか恐ろしいです・・・。

2.エアーラチェット

みなさんご存知のとおり、ボルトやナットを高速で取り外すことができるエアツールです。

エンジン分解で外すボルトやナットとても多いものです。このエンジンの場合、10mmのボルトを30本以上取り外すと思います。(オイルパン・フロントカバーにとても多い)

さらに、これらのボルトは液体ガスケットが付着しているため、「けっこうしつこい」ので、私にとっては必需品です。エンジンの整備に、エアーラチェットを一度使うとやめられないですね。

さてこのエアーラチェットですが、非常に安いものが出回っています。

わたしも安いものを使っていましたが、はっきり言ってすぐ壊れます。なので、あまり極端に安いものはおすすめしません。

ということで、KTCのこのエアラチェ、かなりおすすめです。なにがいいかっていうと、単純に「壊れない」からです

ヘッドガスケット交換作業で必要な工具

シリンダーヘッドを外す作業になると、上記「タイミングチェーン交換作業に必要な工具」の他に、一つだけどうしても必要な工具があります。

ダブルヘキサゴンレンチ

これはまさにヘッドボルトを取り外す時に使用するSSTです。これがないと、ヘッドを外すことができません。もちろん組むこともできません。

このレンチは近年トヨタやダイハツが使用しているもので、サイズ違いで2種類あります。おそらくKTCでのみ製造されています。

メモ
  • ダイハツの軽エンジン→HBD35-8
  • トヨタのエンジン→HBD35-10
    ※間違えないでください。定価は2,560円です。

動画に写っているその他の工具

それでは最後に、動画に写っているその他の工具を紹介します。

ピストンリングコンプレッサー

激安ですが普通に使えました。

バルブスプリングコンプレッサー

これも悪く無かったです。使い慣れれば、作業が早くできそうです。

「ってか、ほとんどアストロプロダクツなのね・・・」と、思った方もいると思いますが、そのとおりです。なんか恥ずかしいですが、嘘はつけません。

以上、ダイハツのKF-VEエンジン整備に使う工具でした。参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました