【HDM8000】日立製スキャンツールを使ってみる

整備技術
スポンサーリンク

 

今回の記事では、日立のスキャンツール「HDM8000」の使い方等を紹介します。

日立のスキャンツール「HDM8000」の使い方

 

 

まずはDLC(OBDコネクタ)にこれをセットします。

これは、車の情報をタブレットの診断ソフトに送信するWifiの送信機です。

最近こういうスキャンツールが増えてきました。

 

 

そしてこれが本体。

このスキャンツールは、このタブレットの料金が含まれており、自分の好きなPCなどで使用する事はできません。(ソフトだけの販売無し)

この点は残念ですね。

黄色いソフトケースはついてきます。

 

ちなみに、中国製のタブレットなので性能もそれなりです。

この手のPCを使ったことが無い人は、慣れるまで大変でしょう。

このタブレットでWifiの設定をすれば、無線で使用する事が可能です。

 

「HDM8000」を使ってみて

 

とりあえず、ダイハツ「ムーヴ(LA100S)」で使ってみましたが、

「なかなかに使える」

というのが、わたしの正直な感想です。

 

ソフト自体は従来品のHDM2000を継承しており、従来品の大きな欠点であった、ボタン操作のしにくさが、タブレットになったことで解消されました。(タッチ操作可能になったため)

 

この車の対応状況ですが、ダイハツを得意とするデンソー製のDST-PCよりも深いところまで入り込む事ができました。

 

これはすごい事です。

具体的には、カスタマイズ機能が純正機同様に使えることや、キーフリー関連のデータモニタが増え、カギの登録状況まで確認する事ができます。

 

とりあえず、好印象といったところです。

ただ、値段が高いです。約30万円です。

値段相応なのかは難しいところです。

まあ、ともかく今後、他のメーカーの車でも確認してみます。

コメント