「失敗しない!」新人整備士が選びたいプロの工具セット5選

整備士になる
スポンサーリンク

 

ゾウ整備士
ゾウ整備士

自動車整備士として就職が決まったんだけど、工具って買わなきゃいけないのかな・・・。そんなに高いものは買えないな・・・。買うならどんなものが良いのかな。整備士のみんながどんな工具を使っているのかも知りたいよ。

管理人キリン
管理人キリン

その疑問に、この記事で全て答えるよ♫

 

この記事の内容

・新人整備士は自分の工具を買わなければいけないのか

・プロの整備士はどんな工具を使用しているのか

・新人整備士はどんな工具を買えば良いのか

 

1級整備士として国産車ディーラーで10年間働いた経験から、自動車整備士の工具の事について教えます。

 

また、本当に使える工具セット、失敗しない工具セット、先輩整備士も認める工具セットをあなたのために本気で選び、紹介します。

 

自分の工具を買わなければならないのか

 

結論から言うと、必ずしも買う必要はありません。

 

ほとんどの整備工場では、基本的な工具を支給、または貸してくれるはずです。

しかし、それでずっと続けていけるかというと、おそらく難しいと思います。

 

・自分の工具が欲しくなる

・基本的な工具では対応できない整備の仕事が増えてくる

・便利で時間短縮できる工具が欲しくなる

必ずこうなります。

実際に、自分の工具を全く持たずに整備の仕事を長年している人を、私は見たことも聞いたこともありません。

つまり、あなたもいずれは自分の工具を購入することとなると思います。

 

さらに、購入する工具について、工具を大きく2つに分けて説明します。

①基本的な工具

②便利で時間短縮ができる工具

基本的な工具とは、使用頻度がもっとも高い工具で、整備士の誰もが持っていなければならない工具です。

基本的な工具は会社が支給、または貸してくれる場合が多いです。

 

便利で時間短縮ができる工具とは、使用頻度は低いですが、整備士の作業を楽にしてくれたりする工具で、必ず無ければならない工具ではなく、あれば便利な工具です。

これは会社で支給、または貸してくれることはあまり期待できません。

 

整備士は、まず基本的な工具を購入します。

そして、便利で時間短縮ができる工具を少しづつ購入していきます。

 

おそらく新人整備士のあなたは、まず、基本的な工具を購入する事となるはずです。

そして、基本的な工具は、お得で工具箱が付いてくるセットで購入する人が多いのです。

 

ローランド
ローランド

なるほど。最初は基本工具セットを購入するわけか。どんなのを買えば良いのかわからんな・・・。

管理人キリン
管理人キリン

それは当然だよね。そこはプロの私にまかせて。あとで失敗しない工具セットを一緒に選ぼう。

 

プロの整備士が使う工具と工具箱

 

自動車整備士にとって工具というものは、ただの便利な道具ではありません。

・サッカー選手がシューズにこだわること

・美容師がハサミにこだわること

・料理人が包丁にこだわること

これと同じで、プロの整備士が工具にこだわるのは当然と言えます。

そして、もちろん工具・工具箱の種類は数多く、値段はピンからキリまであり、整備士は自分に合っている工具をチョイスしていきます。

整備士になれば、きっとあなたも同じ気持ちになるでしょう。

 

それではまず、整備工場内での工具・工具箱の置き方、使い方について説明します。

 

自動車整備という仕事は、いろんな場所でいろんな工具を使用します。

いちいち手に持ってウロウロすると無駄が多いので、写真のようなローラー付きのツールワゴンを使用して、工具ごと移動するのが主流です。(ツールキャビネット、カート、台車などと呼ばれています)

 

 

そして、こういったツールワゴンは、就職先の整備工場で貸してくれることが多いため、自分で購入する必要がない場合が多いです。

もし、会社で貸してくれるものが無ければ、ローラー付きのワゴンを諦め、持ちやすい箱に入ったツールセットを購入し使用するしかありません。

もちろん自分で購入しても良いのですが、この写真にあるもっともシンプルタイプでも、8万円前後の価格であり、非常に高価です。

また、工場のスペースなどの問題により、使用できない場合もあるので、突然このようなワゴンを購入して持っていくことは避けたほうが良く、そのあたりは先輩に相談してみてください。

 

ちなみに、下の写真のツールキャビネットは、定価が54万円ほどですが、実はこのような高価なキャビネットを使用している自動車整備士がゴロゴロいます。

もちろん、整備士として経験を積み、本当に自分に必要な工具を知ってから検討するべきです。

 

ローランド
ローランド

54万円もするなら、中身もよほど良い工具が揃っているんだろうな・・・。

管理人キリン
管理人キリン

中身は一つも入っていいないよ。このキャビネットだけで54万円だよ。

ローランド
ローランド

!!!

高価なキャビネットのことは置いといて、

それよりも、新人整備士にとって本当に必要なのは、上述したとおりなんと言っても基本の工具セットです。

 

 

会社のワゴンや基本の工具が使えたとしても、やっぱり一番最初に欲しくなるのは、間違いなく自分の工具セット。

ワゴンに載せて使う場合や、単独で持ち運びして使う場合もあり、どちらにせよ整備士が最初に必要になるものです。

 

そこで、次の記事で1級整備士の私の整備士経験から、おすすめの工具セットを5つに絞って紹介します。

 

ローランド
ローランド

安いものではだめなんでしょ?

管理人キリン
管理人キリン

価格だけで選ぶのはまずいね。

毎日使うものだから、愛着も湧くし、少々高価でもあなたが気に入ったものを選んだほうが良いよ。

今回は、間違いないと思うものだけを厳選して紹介するから、その中から選ぶと良いよ。

 

 

選びたい工具セット5選

 

管理人キリン
管理人キリン

早速紹介していくね

 

POINTこれからご紹介するのは、大型車や特殊な車両の整備に使用する工具ではなく、通常の小型自動車整備に使用する工具セットです。

 

KTC SK3650E

 

日本を代表する工具メーカー「KTC(ケーティーシー)」の、チェストタイプ定番工具セット(66点入り)です。

 

 

KTCは日本の自動車整備士の誰もが使用する工具メーカーです。

また、トヨタをはじめとする日本の自動車メーカーもKTCを標準の工具として推奨しています。

その他、整備士の専門学校などでも数多く使われ、信頼性に優れた定番中の定番メーカーです。

海外の高級工具に比べればかなり低価格であり、なおかつジャパンクオリティが光る、まさに、日本の自動車整備士をささえる工具メーカーです。

 

この工具セットはチェストタイプの工具セットとして、絶対に購入して損はない工具セットと言えます。

 

この工具セットは

ど定番メーカーのど定番工具セット

 

これが新人整備士が購入したい工具セットとして、私がダントツで最もおすすめする工具セットです。

きっとあなたが一生付き合える工具セットとなるでしょう。

 

KTC SK3561WZR

 

日本を代表する工具メーカー「KTC」の、両開きタイプ定番工具セット(52点入り)です。

 

 

両開きタイプ工具セットの最大の長所は、持ち運びの容易さです。

特に、ワゴンが使えない環境や出張で整備を行う場合などにその威力を発揮します。

「家に持って変える」「車に積んでおく」などさまざまな場面で重宝します。

 

この工具セットは

定番メーカーの持ち運びに向いている工具セット

 

私が学生の時に使っていたのは、まさにKTCのこのタイプでした。

工具数はそれほど多くはありませんが、自動車整備士にとって最も使用頻度が高いものを厳選して選んでいる感じがあります。

これもまた定番の工具セットです。

 

TONE TSXT950

 

こちらも日本の工具メーカーTONE(トネ)の87点セット。

 

 

TONEもまた自動車整備士では知らない人がいない有名メーカーです。

シンプルで使いやすく、KTCよりもさらにコストパフォーマンスの優れた定番工具セットです。

しかし、あなどるなかれ、品質も決して悪いものではなく、特にソケットレンチにはかなり定評があります。

内容も充実したこの工具セットはまさに新人自動車整備士にぴったりです。

 

このセットは

コスト、内容量、品質、バランスがとれた満足の工具セット

 

 

SIGNET 800s-5218mbl-sl

 

カナダの比較的新しい工具メーカーSIGNET(シグネット)の52点セット。

 

 

新人整備士向けの海外工具メーカーとしては、私のイチオシです。

なんと言ってもコストパフォーマンスが良すぎます。

もちろん価格が安いだけでは私のイチオシにはなりません。

品質は日本製の工具には叶わないところがあるものの、実際に私が使ってみても、「この価格でこの品質なら」と、十分満足できるものでした。

 

また、見た目もそれほど安い工具にはみえませんし、むしろデザインは日本のものにないもスタイリッシュな感じがします。

 

このセットは

デザイン、コストに優れ、個性を出したい人向けの工具セット

 

 

AP ツール TS189

 

AP(アストロプロダクツ)の格安68点セット

 

 

今回紹介する中で、最もコスパに優れた工具セット。

プロの整備士が使用するものとして、ギリギリのラインだと思います。

しかし、最近アストロプロダクツの工具を使用する自動車整備士が増えているのにはわけがあります。

あくまで私の意見ですが、「プロがいちおうちゃんと使える」のがアストロです。

やっぱりギリギリの品質なんです。

 

管理人キリン
管理人キリン

今流行りのアストロです。必ずチェックしてね。

 

このセットは

プロが使う最低限の工具セット

価格だけなら、アストロよりももっと安いものがたくさんあります。

しかし、中には「すぐ壊れる」「精度が足りなくて、使えない」ような粗悪品が少なくありません。

アストロプロダクツは、コストをギリギリまで抑えながらも、実際の整備士の意見などを反映し「最低限の工具」を追求しているのではないでしょうか。

私も実際にアストロの工具を何個も持っています。

 

最後に

 

ここでご紹介した工具セットは、「プロの整備士として」という観点から、評価させてもらいました。

いずれも、一般の人が自動車整備に使用するものとしては、高価です。

しかし、プロは一般の人と違って、工具を毎日使います。

毎日使えば、あなたも一瞬で使いにくい工具と使いやすい工具がわかるようになります。

まして、1月くらいで壊れるような工具はもはや工具といえません。

 

新人整備士に極端に高価な工具は必要ありませんが、ある程度の品質を持った工具を選ぶべきです。

ぜひこの記事を参考にし、気に入った工具セットを手に入れて欲しいと思います。

 

管理人キリン
管理人キリン

整備士の仕事頑張ってください!!

応援しています。

 

あなたにおすすめの記事

 

コメント