ディーラーの2月3月4月の繁忙期は忙しい!?【整備士、営業マンの現実】

ディーラーの繁忙期 整備士になる

年間を通して2月と3月は日本の自動車業界の繁忙期です。もちろんディーラーでも同じです。

この記事では、ディーラーに自動車整備士として10年間勤務した私が、ディーラーの2月、3月、4月の内部事情を解説します。特にディーラーに就職希望のセールスマンや自動車整備士の方は必見です。

この記事の内容
  • 会社にとっての繁忙期
  • ディーラー整備士の繁忙期

なぜ2、3、4月が繁忙期か

高校、大学などの多くの新卒者は、4月からの通勤に向けて2月、3月に最初のマイカーを買います。その後、その人は必然的に車検が2月、3月に来ることになり、車検をするにせよ、車を買うにせよ、2月、3月に車屋さんに用事ができます。こんな人が日本に多いため、昔から2月、3月は車屋さんの繁忙期なのです。

会社にとっての繁忙期

ディーラーは1月~3月までの3か月で、年間の売り上げの半分近くを売り上げるともいわれている通り、この繁忙期は会社の命運をかけた大事な時期です。他の時期よりも力が入ります。

大きなノルマ

右肩上がり

会社(本社)は各店舗(拠点)に対し、大きなノルマや目標を設定します。

サービス部門に対しては

  • 整備売上
  • 部品売り上げ
  • 車検台数
  • 点検台数

セールス部門に対しては

  • 新車販売台数
  • 中古車販売台数
  • 新規保険契約数

大きいところはこんな感じですが、他にも様々なノルマや目標が課せられます。

ノルマは毎月あるのですが、特に繁忙期のノルマは厳しいものです。

また、ノルマは部門ごとにだけじゃなく、個人ごとにも設定されていることが多いです。

大きな奨励金

拠点や個人がノルマを達成した場合、大きな奨励金などを設定しています。現金や、海外旅行など様々です。

繁忙期のノルマ達成に対する奨励金等は、普段より豪華なものになることが多いです。

休日

他の月よりも営業日が多く、休日が少ない傾向にあります。

また、お客さんの都合などで休日出勤するセールスマンも多く、怒涛のような毎日が続くかもしれません。

ディーラー整備士の繁忙期

汚れた整備士

ディーラー整備士の繁忙期は問答無用で忙しいです。仕事の量が、普段の1.5倍から2.0倍になるイメージですね。

出勤時間が変わることはないですが、残業時間が多くなります。

そのくらい忙しい月というのはもちろん2月3月だけですが、整備工場というのは、繁忙期に併せて整備士の人数を調整しているわけではなく、普段の少ない人数のまま繁忙期を迎えます。必然的に残業で乗り切ることになるのです。

10年以上前までは、24時を回ることがあったのも、だいたいこの時期です。

現在では、コンプライアンスやESの観点からそのような会社は少なくなりましたが、もしかしたらいまだに夜遅くまで残業している会社があるかもしれません。

ここで、私がディーラーで働いていた時の2月3月の仕事の流れを振り返ってみます。(某ディーラー2012年頃)

繁忙期の整備士の仕事の流れ

9時:出勤

店舗全体の仕事量を確認し、自分の仕事を確認。

引き取りのお客さんの車を取りに行く。

12時:昼休憩

「えっ!もう昼?」ってなりますが、私は自分の仕事が予定通り進んでいないとしても、お昼ご飯を食べます。

人によっては、昼の時間を削って仕事をする整備士もいましたね。

16時:納車の時間

職場に納車しなければならないお客さんの場合、最も早い人で17時くらいまで納車しなければなりませんので、16時くらいから少しづつ納車に出かけます。

平常時は全ての仕事が終わってから納車に行ける日も多いのですが、繁忙期はここからが仕事といっても過言ではありません。まだまだ仕事が残っています。

18時:残業の時間

ここからは、その日のうちに納車しなければならないお客さんが減ってくるので、ちょっと一息つけます。とはいっても、明日中に納車だったり、明日は明日でさらに入庫があるなどの理由から、そんなにゆっくりはできません。

それでも来店客も減りますので、集中して仕事ができます。この時間に「さあて、やるか」みたいな気持ちになったりします。

この時間に腹が減ります

コンビニなどでパンを買って食べたりする人もいますが、私は時間がもったいなかったり、いろんな理由で食べませんでした。慣れると普通に我慢できます。また、このくらいの時間では会社で夕飯を出してくれるところは少ないと思うので、食べるとしても自腹です。(私のいたところでは20時を過ぎるとマネージャー(上司)のポケットマネーでご飯が出たりしました)

20時:まだ帰れないことも多い

さすがに疲れて効率が悪くなってきます。自分の仕事が終わっても、同僚の仕事を手伝ったりします。繁忙期にこの時間で帰れるのは早い方でした。

22時:帰宅

明日の仕事の確認をして帰宅します。もうなんの気力も残っていません。

ここまで、自分が経験していた繁忙期の仕事でした。今はもう少し早く帰ることができると思いますが、参考にしてください。

関連記事>>>整備士の転職・退職理由TOP5に業界の深い闇/「整備士やめとけ」は正論か!?

4月の話

4月は暇になると思いきや4月前半は2~3月並みに忙しかったです。

3月に新車を買ってもらった人の納車が多く、新車の整備が多くなるのが特徴です。

4月後半にはだんだん仕事量が落ち着いていき、長いGWを迎えます。ディーラーのGWは長く、ここでほんとにホッとすることが多かったです。

ディーラー営業マンの繁忙期

商談

この時期は、必然的に車を購入する人が増えるので、忙しくなります。

特に、「売れる営業マン」は、怒涛の毎日を迎えるでしょう。

ここでは、たくさん売るセールスマンの話は置いておきます。

※もちろん売れるセールスは忙しいです。たくさん足を使って動かなくてはいけません。

売れないと叱咤・激励の嵐

当然、繁忙期に売れないとなると、風当たりは強くなります。これはしょうがないです。

整備士が車を整備するのと同じように、営業マンは車を販売するのが仕事です。

そして、繁忙期でも売れないセールスマンは、平常の時と仕事量は変わりません

つまりその人は繁忙期じゃないことになります。みんなが忙しい時に自分だけ暇になると、精神的にもつらくなりますね。

整備士とは違って、営業マンは繁忙期だから必ず忙しくなるとは限りません。売れれば忙しいです。

しかし、売れない状態で人より早く帰るのは気が引けるので、ダラダラと会社に残ったりしているのをよく見かけました。

営業マンの場合、繁忙期は体力的につらいのとは違って、精神的に大変な時期となります。特に車が売れないとなおさら辛いです。

まとめ

ディーラーの繁忙期は整備士も営業マンも大変です。

整備士は体力的に、営業マンは精神的につらい時期となり、人によっては耐えられなくなり、心の病になったりするケースが少なくありません。少し大げさかもしれませんが、わたしは現場で実際にそういう人を何人も見ています。

良くも悪くもこれが私が勤めていたディーラーの繁忙期の現実でした。

もちろん、ディーラーによって違いますので、ここに書いてあることは、一つの例だと思ってください。

以上、ディーラーの2月3月4月の繁忙期についてでした。何かの参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました