整備士、メカニック、エンジニアの違いとは【自動車整備士の呼び名】

整備士になる
スポンサーリンク

・ディーラー・メカニック募集

・サービス・エンジニア募集

自動車整備工場の求人情報などに、このような記載をよく見受けます。

果たして、これらは違う職種なのか、違いはなんなのか、仕事内容が違うのか、判断が付かない人も多いと思いますので元ディーラー1級整備士の私が解説します。

 

結論・全て同じ自動車整備士です

自動車整備士の呼び名

・整備士

・メカニック

・サービスメカニック

・エンジニア

・サービス・エンジニア

・サービス・スタッフ

 

これらの多くの表現については、一般的に、その会社によって呼び名が違うだけで、全て「自動車整備士」を指しているものと考えて問題ありません。

(中には強いこだわりがあってそういう呼び名にしていることもあると思いますが・・・)

つまり、どんな呼び名でも仕事内容に違いはないということです。

 

但し、それぞれの言葉の意味については知っておいた方が良いと思いますので、次に解説します。

 

サービス

自動車整備業界で「サービス」は「整備部門」を指します。

整備部門=サービス部門

販売部門=セールス部門

ディーラーをイメージするとわかりやすいですね。

 

「サービス・スタッフ募集」と書いていた場合は、「整備部門のスタッフを募集している」となり、「整備士を募集している」とだいたい同じ意味になります。

「サービス・フロント」の場合は「整備の受付」ですね。

 

「サービス部門とセールス部門が協力して・・・」なんてよく使われる言葉ですので覚えておきましょう。

 

エンジニア

日本では一般的に「エンジニア」は「技術者」や「開発者」という意味で幅広く使われています。例えばIT業界のプログラマーもエンジニアと呼びますし、音楽業界の音響操作する人もエンジニアと呼ぶようです。

自動車整備士も特別な技能を持った職種なので、エンジニアと呼ぶことがあります。

但し、多少わかりにくいので、頭にサービスを付けて、「サービス・エンジニア」と呼ばれることも多いです。

 

メカニック

「メカニック」は特に自動車整備士を指すことが多い言葉です。アメリカでも自動車整備士のことをmechanic(メカニック)と呼んでいます。

「メカニック募集」と書いてあれば、完全に整備士募集という意味です。

以上、”整備士とメカニックとエンジニアの違い”についてでした。ご参考にしてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました