【自動車用配線】配線に配線を割り込み接続する方法/動画解説

整備技術
スポンサーリンク

・もともとある配線に違う配線を割り込ませたい

・もともとある配線から電源を取りたい

・1本の配線を3つ又、4つ又にしたい

こんな人向け。

自動車の整備を整備をしていると、配線に配線を割り込み接続したい場合が数多く出てきます。そういった、用品取り付けの際に必用な、自動車用電気配線の接続テクニックを動画でいくつかご紹介します。

この記事を書くわたしは、1級自動車整備士の資格を持ち、10年間国産車ディーラーで働いていました。中でも、電気的な整備が得意で、みなさんの参考になればいいと思っています。

 

この記事の内容

配線に配線を割り込ませる方法【動画説明】

 

ハンダ付けによる配線の割り込み方法

ハンダ付けによる配線修理方法は、昔からよく行われており、一般的な修理方法といえます。

しかし一方で、ハンダを付ける技術によっては、確実に修理できない場合があることと、ハンダごてやハンダが無いとできませんので、準備が多少面倒であることが欠点です。

また、車の中で作業できないなどの欠点もあります。

それでは動画をご覧下さい。

 

ハンダ付けによる配線の割り込み方法の動画

 

スプライスによる配線の割り込み方法

現在は、ハンダ付けせずに、簡単に配線を繋ぐ方法がたくさんあります。

その中でも、もっとも私がおすすめしたい方法がこの方法です。

特に動画の後半に出てくる、ギボシの端子を加工して使う3つ又の作り方がおもしろいと思います。とても安価で誰でもできることと、配線がかさばらないやり方です。

ぜひ参考にしてみてください。

スプライスってこんなやつ

 

スプライスによる配線の割り込み方法の動画

 

エレクトロタップによる配線の割り込み方法

ハンダを使わない接続方法のなかでもっとも簡単に、プライヤーひとつで誰でもできるやりかたがこれです。

以前の記事にも書きましたが、この、通称「エレクトロタップ」を使用した方法は、デメリットがたくさんありますので、よく理解したうえで使用してください。

エレクトロタップ

 

エレクトロタップによる配線の割り込み方法の動画

 

 

以上、わたしがおすすめしたい、配線を配線に割り込みさせる方法でした。

 

あわせて読みたい

自動車用ハーネス(配線・コネクタ)の修理方法
自動車整備士の仕事をしている人なら、必ず配線やコネクタの修理をする機会が出てきます。しかし、ちゃんとした修理方法を聞く機会もなく、教えてくれる先輩もいないことが多いのではないでしょうか。この記事では自動車用配線、ハーネス、コネクタの正しい修理方法を紹介します。この機会に、しっかりと修理方法をマスターしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました