ディーラーに就職するなら必ず確認☆2種類の経営体系とその違い☆

整備士になる
スポンサーリンク

 

あなたは自動車ディーラーの経営体系に2種類ある事をご存知ですか?実はこの2種類の経営体系によって、給与や待遇も大きく異なってくるのです。

この記事では、国産自動車メーカーのディーラーにおける、2つの経営体系とその違いを解説します。ディーラーに就職を考える自動車整備士は必ず確認しておきましょう。

 

メーカー直営ディーラーと地場系ディーラー

 

ディーラーの2つの経営体系とは、「メーカー直営ディーラー」と「地場系ディーラー」です。

 

メーカー直営デイーラーとは、その名の通り自動車メーカーが直接経営しているディーラーです。

地場系ディーラーとは、地元の有力者が経営しているディーラーです。

 

一口に「ディーラー」と言っても実は2種類に分けることができ、その体系は大きく異なります。

一般の人にとってそんなのどっちでもいいと思いますが、ディーラーに就職を考えているのであれば、必ず確認してください。

 

このように日本には、経営体系が違う2種類のディーラーが存在し、混在しています。

それでは、ディーラーの経営体系による違いや特徴を説明します。

 

メーカー直営ディーラーの特徴

 

一般の人は、「自動車ディーラーはすべてメーカー直営」と思っている人も多いと思いますが、実はこの形態はそれほど多くはありません。

また、直営といってもグループ子会社です。メーカーの社員になるというわけではありません。

 

それではメーカー直営ディーラーの特徴を挙げてみます。

・取締役や上層部のほとんどが、自動車メーカーの社員やOB

・経営方針や、営業方針などは自動車メーカーの指示を受ける

・自動車メーカーのグループ企業であるため経営が安定している

・従業員の管理体制がしっかりしている

 

地場系ディーラーの特徴

 

日本のディーラーは大部分が「地場系ディーラー」です。

実は自動者メーカーとは全く別に独立している、ローカル企業なのです。

 

それでは、地場系ディーラーの特徴を挙げてみます。

・社長は、別の企業なども経営している事も多い地元の有力者

・自動車メーカーと特別な契約を結んでいる、言わばフランチャイズ

・経営に関ることを、基本的に単独で決めることができる(メーカーから独立している)

・地方の中小企業であることが多く、従業員の管理体制がいい加減な場合がある

 

地場系ディーラーの闇

 

地場系ディーラーは、地方の中小企業であることが多いと説明しました。

もちろんその中には、ワンマン社長が経営する会社もあれば、ブラック企業も存在するでしょう。

 

最近インターネット上で、ディーラー整備士の過酷な労働環境や待遇の悪さを訴える人がいます。

・給与が手取り12万円

・まるで奴隷

・パワハラ

・サービス残業や休日出勤

・いらないものを買わされる

・生命保険などの加入を強要される

内容はこんな感じでしょうか。どれも目を覆いたくなるような内容です。

もちろん全てが真実とは思いませんが、全てがウソとも思えません。

 

一般の人がこれらの書き込みに衝撃を受けたため、数年前にネット上で炎上、バズが起きたと思われます。

 

「自動車ディーラーとは優良企業ではないのか」

「ディーラーでも、こんなブラック企業があるのか」

ということだと思います。

 

この記事で伝えたいことはたった一つ、

「ディーラーはただの中小企業が多い」

ということです。

 

もちろんその中には悪質なブラック企業も含まれるため、過度な期待は禁物です。

ディーラーに就職を考えている人やその親御さんは、ディーラーだからと安心せず、しっかりとその会社がどんな会社であるのかを確認してください。

point「全ての地場系ディーラーは良くない」ということではありません。もちろん良い企業もたくさんあります。直営ディーラーより待遇の良いところもあると思います。しかし一方で未だに労働組合を持たない会社も確かに存在します。

どちらかといえば、やはりメーカー資本の直営ディーラーのほうが「安心できる」ということは言えるかもしれません。

 

確かめる方法

 

「メーカー直営ディーラー」なのか「地場系ディーラー」なのかは、ホームページの「会社概要」などで確認するのが良いと思います。

 

例えば、とある直営ディーラーの会社概要には

資本金 4,300 万円(ダイハツ工業(株)100%出資)

との記載がありました。

明らかに直営であることがわかります。

このような記載がなければ、地場系ディーラーということですね。

 

point地場系ディーラーの経営者は、他にも複数の企業を経営している場合が多いです。例えば、トヨタ・カローラの経営者が、ネッツトヨタも経営し、スタンドも経営しているなどというパターンです。

グループ内の移動や、出向、合同研修などがある可能性があるため、どんなグループ企業があるのかもチェックしましょう。

 

最後に

 

ディーラーには直営と地場系があります。

特に地場系ディーラーには、ネットに書かれているようなブラック企業も存在します。

「ディーラーは大企業だから、大丈夫」と安心しないで、しっかりと下調べをして、就職を考えましょう。

 

 

合わせてこちらの記事もどうぞ

「ちょっと待った!」ディーラーを辞めたい整備士が確認したい事
ライオンさん ディーラーに就職したけど、もうやめたいな。こんな仕事続けられないよ・・。給料安いし、先輩は怖いし、それでもディーラーで自動車整備士続けるべき? こんな悩みに答えます。 ...

 

コメント