Carride
整備士の転職

ディーラー整備士を辞めたい【経験者が語る/転職で失敗する前の確認ポイント】

ディーラー整備士を辞めたい 整備士の転職
  • ディーラーに就職して間もないけど、もう辞めようかな。
  • 給料安いし、先輩怖いし、パワハラひどい。それでもディーラー整備士続けるべき?

ディーラーに就職したのはいいものの、給料は安い、仕事はきつい、上司や先輩が怖いなど、この会社で本当にいいのだろうかと考える、若い整備士も多いようです。

私も整備士として地方ディーラーで働いたあと、その時の知識やスキルを利用して自動車業界の別の職種で働いています。転職したことに後悔はありません。

この記事では、私が辞めてから思うことを中心に、若いディーラー整備士の方に向けてアドバイスします。

辞めることはいつでも可能です。この記事を3分読んでからまた考えましょう。

この記事の内容

ディーラー整備士を辞める前の確認点

チェック

ディーラー整備士を続けるメリットやデメリットをあらためて確認し、将来への考え方、転職か継続か、ディーラーの本質をとらえて、後悔しないように冷静に考えましょう。

ディーラー整備士を辞めるべきか

  • 整備士自体を辞めるなら、今すぐ辞めるべき
  • 整備士を続けるならば、5年以上はディーラーにいるべき

備士という職業自体をやめるのであれば、今すぐ辞めて転職すべきです

start_new_job

ディーラーで整備士として働きながら、自動車以外のスキルを磨くことは難しく、精神的にもだんだん疲弊していきます。

若いあなたにはどんな可能性もまだまだ残っています。給与面でも、若い整備士であれば別の仕事であっさり超える可能性があります。

早く次のステップに行き、そこで自分の別のスキルを磨くことをおすすめします。

個人的には残念に思いますが、これは整備業界が改善していかなければならない問題です。

参考:整備士の転職理由

  • 1位:賃金の条件がよくなかった
  • 2位:労働時間の条件がよくなかった
  • 3位:休日・休暇の条件がよくなかった
  • 4位:自動車整備業を続けていくことに対して魅力・安定性を感じなかった
  • 5位:賞与がなかった・少なかった

整備士の転職方法についてはこちらの記事を参考にしてください。

関連記事>>>自動車整備士が転職するメリットとデメリット/経験者の解説とおすすめ転職サイト

但し、整備ミスが原因で向いていないと感じているならこの記事を読んでください。あなたにとって価値のある内容かもしれません。

ミスをしたタイミングで辞めると後悔します。辞めるかどうかは整備ミスとは関係ないところで考えましょう。

また、過去にツイッターでこのような投稿をした所、整備士さんからたくさんの共感を得ました。

スクショ

※私のツイッターをさかのぼれば、今もこの投稿を見ることができます。@seibisi_net

若い頃はミスをすると辞めようと思うものです→これは逃げです。後悔します。

将来も整備士を続けるならば、5年以上ディーラーにいるべき

整備士の教育

理由:ディーラーで働くことは整備士としてたくさんのメリットがあり、その後の整備士人生が大きく変わるから

教育体制のしっかりしたディーラーで5年以上働けば、必ず将来の糧になります。

詳しくは下記の通り。

ディーラー整備士のメリット

10年間ディーラーに勤務して思うことや、辞めてから感じること、民間の整備工場の整備士さんの現状を踏まえて解説します。あらためて確認してください。

※私の現在の仕事は、民間整備工場の整備士さんと話す機会がたくさんある仕事です。

高い整備技術が習得できる

エンジン

なぜディーラーの整備士は高い整備技術が身につくかというと、次のように明確な理由があります。

ディーラーで高い技術が身につく理由

  • 自社の車に対する徹底的な修理
  • 自動車メーカーの技術研修を受けられる
  • 信憑性の高い自動車メーカーの高度な技術情報が手に入る
  • 有能な先輩整備士が多い

この中でも特に自動車メーカーの技術研修が受けられることには、とても大きな価値があります。これは自分の経験からわかることです。

「ディーラーでは整備士の教育」に対して、相当の時間とお金をかけています。

大抵の民間整備工場が社員教育に掛ける時間やお金と比べ、比較になりません。

理由は、ディーラー整備士の一人ひとりが高い技術力を持っていることが、自社メーカーのブランド力になり、それが車販に繋がると確信しているからです。

初めの頃は社内で行う新人研修から始まり、毎年どんどんステップアップできるカリキュラムが導入されています。他では得られない知識や技術が身に付いていきます。

自動車メーカーが実施する研修は、民間の整備工場ではなかなか受けることができません。

そのため民間の整備工場の整備士よりもディーラーの整備士は高い整備技術が習得できるのです。

ディーラーは整備技術を習得するにはこれ以上ない良い企業です。

参考:転職した今も感謝

私は10年以上整備士としてディーラーに在籍していましたが、特に整備技術の習得に関しては今でもとても感謝しており、今の自分があるのは100%ディーラーでの整備経験や教育体制があったからだと思っています。

なぜ5年間の経験が必要?

例えば、ディーラー整備士を次のように分けたとします。

  • 経験が3年以下
  • 経験が5年以上

この差は大きいです。

ディーラーではうまく進めば5年程度で研修を終えるのが一般的です。そのくらいで一人前のような感じですね。

仮に、経験が3年以下の整備士さんが、民間整備工場で働こうとした場合のイメージは次のようになります。

  • ディーラーにいた経験がほとんど評価されない
  • できない仕事だらけ
  • 同年代の整備士から技術やスピードで劣る可能性大

厳しいですが、これが現実だと思ったほうが良いです。整備士は基本、実力社会ですから。

5年以上の経験があるディーラー整備士ならそんなに心配いりません。

基本がしっかりしている整備士は、どこにいっても大丈夫です。

ディーラー整備士のデメリット

悩む男
  • 仕事の割に給与が安い
  • ブラック体質
  • 強いプレッシャーやパワハラ
  • 休日が少ない

いずれか、または全部に当てはまるディーラーが多いと思います。

私の場合は、休日の少なさと、土日出勤が一番の転職理由でした。

あらためてデメリットを確認してみます。

仕事の割に給与が安い

給料

給与の安さだけで言うと、民間の整備工場は更に平均給与が安いです。

ディーラー整備士のデメリットというより、自動車整備士のデメリットかもしれません。

しかし、ディーラーの場合、土日・祝日が全て仕事だったり、帰宅時間が遅かったり、整備と関係のない仕事をさせられたりと「仕事の割に安い」と感じる人もいます。

少なくとも私はそう思っていました。

さらに、ディーラーによっては、給与天引きで会社が提携する生命保険に加入させられたり、何かの積み立て金が多かったり、欲しくないものを物を無理やり購入させられたりするところもあり、手取りが極端に少ない人もいるようです。

ただし、やはり民間の整備工場と比べると、ディーラー整備士の方が給与が高い傾向にあります。

賞与(ボーナス)についても、他の民間整備工場より良い可能性が高いです。

民間の整備工場に転職する場合は、給与が下がる可能性が高いことを考えておくべきかもしれません。

整備士の給料

私のディーラー整備士10年目の実際の給与を、こちらの記事で説明しています。あなたの給与と比べてどうですか?

>>>自動車整備士の給料・年収の実態【元ディーラーの一級整備士が給与明細を告白】

ブラック体質

  • 拘束時間が長い
  • サービス残業
  • サービス出勤
  • ディーラーの営業時間は9時半からで、定時も9時半からなのに、毎朝8時に出勤していて、その分の手当てをもらっていない
  • 定時は18時までなのに、毎日19時からしか残業時間として認められない

これ、ディーラーあるあるなんです。要するに毎日がサービス残業になっています。

「拘束時間が長い」と言えます。

本来、このような働き方は労働基準違反になるところが多いと思います。このあたりの話はネットの書き込み等でも良く見られますね。

休日に関しても、年間を通して休みが少ないところも多く、お店の営業日全て出勤してしまうと、労働基準の違反になるディーラーが多いです。

なので「必ず一ヶ月に一度は個別で休みを取ること」などの社内規定を設けているディーラーが多いですね。しかしそれがしっかり守られているかは疑問です。

また、マネージャーなどの管理職になると残業代が出ないばかりか、休日の日に出勤して仕事をすることが普通になっているディーラーもあります。

そのため「マネージャーなんかになりたくない(出世したくない)」と話す若い整備士がたくさんいますね。

特に管理職の人で、「過労やうつが原因による死亡」が多い事も、業界では知られています。

強いプレッシャーやパワハラ

怒る上司

ディーラーで働く限り、一生ノルマと戦い、プレッシャーを受け続けます

ディーラーは厳しい営業ノルマがあることなどで知られています。

ノルマが達成できない人は厳しい叱責を受け、評価にも大きな影響を及ぼします。

一般エンジニアは常にマネージャーからのプレッシャーがあり、マネージャーは店長や本部の部課長などからプレッシャーがあります。

その中で、いわれの無い叱責や大勢の人の前での叱責、人権侵害ともとれる何らかの強要など、今ではパワハラと呼ばれるようなことが、残念ながらまだまだたくさんあるのがディーラーと言われています。

全ての従業員が常にノルマなどの大きなプレッシャーの中で、心に余裕がなく働いていることで、普段は温厚な人でも、性格が変わりパワハラする側に変わってしまう事もあります。

このパワハラ体質は以前よりも良くはなっていると思いますが、残念ながら他の企業に比べるとまだまだ多く残っているのがディーラーと言えそうです。

ディーラーの休日

今ではほとんど全てのディーラーが土日や祝日の営業をしています。

特に家庭を持つエンジニアにとっては土日や祝日に休めないというのは大きなデメリットであり、これが原因で転職を考える人も多いです。

私が辞めた大きな理由はこれです。

ディーラー整備士の将来

整備士を経て、サービスフロントになり、サービスマネージャーになり、店長になる。

多くのディーラーで、整備士の出世街道はこんな感じです。

しかし、多くの人が途中で営業職や本部の事務職に配置換えがあったりする事はあまりにも有名です。もちろん、マネージャー、店長まで出世できる人はほんの一握りです。

給与に関しては出世すれば改善されていく傾向がありますが、上記のようなデメリットを踏まえると、どちらが良いのは考えものですね。

自分だったらそこは目指しません。

ちょっと宣伝です

整備士の転職活動を、全て無料で行えることを知っていますか?

昔に比べ、現在は、どの職種においても転職希望者が増え、転職成功率も上がりました。

そんな現在の転職活動は、インターネット上の転職サイトを利用する人が圧倒的に増えています。

なぜなら、転職サイトはハローワークなどに比べ、次のような特徴があるからです。

  • 無料で利用できる(転職後も最後まで無料)
  • いつでもスマホで閲覧できる
  • 誰にもバレない
  • 好条件の求人を探せる

人材不足で悩まされる自動車整備士の求人は、以前よりとても多くなっているので、好条件の求人を見つけやすいですね。

今すぐ転職をする気がなくても、登録して、企業から良いオファーを待つだけの価値があります。

興味のある人は、おすすめの大手サイトの一つにでも登録してみてはどうでしょうか。

おすすめ転職大手サイト(無料)
  • リクナビNEXT※業界大手で膨大な求人数から探せる
  • はたらいく※地域密着型、ここにしかない求人多い
  • ミイダス※自分の市場価値を診断する。過去の似た人のデータからベストチョイス

転職エージェント

転職サイトよりも、さらに好条件の転職先を探すなら、転職エージェントがおすすめ。あなたに担当者がついて、公開されてない良いオファーを探し出してくれます。

特に自動車整備士が転職しやすいのはここです。メーカー・機械・エンジニアに特化している大手転職エージェントですね。おすすめです。もちろん無料。

>>>マイナビエージェント(エンジニア向け)

まとめ

  • 整備士自体を辞めるなら、今すぐ辞めるべき
  • 整備士を続けるならば、5年以上はディーラーにいるべき

決して一時的な感情に流されず、冷静に客観的意見を参考にしながら良く考えてください。

人生を決める大事な場面です。

この記事が、読んだ人の参考になれば幸いです。以上、ディーラー整備士が辞める前にチェックしたい事でした。

コメント

  1. 元整備士 より:

    有能な先輩整備士は30歳手前でみんな転職します。残っているのは使えないカスばかりです。
    もちろん管理職も会社にしがみついているだけの汚荷物です。

    • きりん きりん より:

      元整備士さん、コメント本当にありがとうございます。

      お気持ちお察しします。私の周りにも似たような待遇のディーラー整備士が結構いて、ほんとに辛そうです。
      年配と若手しかいない言わば「中抜け」状態のディーラーが他にもあると思います。

      元整備士さんということは、もう整備士も辞めてしまったのですね。私のような自動車整備に関わる仕事をしている人にとっては、とても残念に思いますが業界の悪い点なので仕方ないですね。

      もしよろしければ、ツイッターでそのあたりもつぶやいていますので、覗いていただければと思います。
      ありがとうございました。

      ツイッター @Seibisi_net

タイトルとURLをコピーしました