【これが真実】高い?安い!?自動車整備士の給料・年収の実態とは

整備士の転職
スポンサーリンク

 

「整備士の給料が安い!」「まるで奴隷!」「自動車ディーラーはブラック企業」

などとインターネット上でも自動車整備士の待遇や給与の低さが問題になっています。

実際に自動車整備士を目指す若者は減っており、待遇の悪さが原因の一つになっているようです。

そのようなインターネット上の内容はすべて本当なのか・・・。

・これから自動車整備士という仕事に就く人

・現在自動車整備士で、他の整備工場の給料が気になる人

こんな人たちは特に気になりますよね。

今回の記事は、本当の整備士の給与について知りたい人のために、国土交通省が調査したアンケートと、私が自動車整備士として実際に働いていた頃の給料・年収をご紹介します。

これが真実です。

 

1.一ヶ月の平均的な給与(国土交通省調べ)

 

整備工場は大きく分けてニ種類に分けられます。二種類とは「ディーラー」と「それ以外の整備工場」です。

整備士の給与はその形態によって大きく違います。

それでは、H28年の4月に国土交通省が発表した資料を基に、整備士の平均的な給与をご紹介します。
また、他業種と比較するため、他業種のデータも一緒にご紹介します。

 

整備士と他業種の給料比較

 ※赤のラインは35万円以上

 

このデータを解説します。

 

①全体的にディーラーの給与がディーラー以外の給与より高い

35万円以上の割合は、ディーラーで約21%、ディーラー以外で約10%です。

ディーラー以外の工場では10%の人が35万円以上もらっていますが、その中には自ら整備を行う社長さんが入っていることが考えられ、ディーラー以外の整備工場で、従業員が35万円以上もらうのは、かなり厳しいかもしれません。

また、このデータに賞与が含まれておらず、わたしの知る限りでは、賞与はディーラーの方が高く、年収ではさらに給与の差が出ると思われます。

 

②整備士の一ヶ月の給与は、ディーラー、ディーラー以外共に20万円~25万円の割合が最も高い。

整備士の半数近くの人が20万円~25万円の給与です。地方ではここからさらに下がると思われます。(データは都市部と地方部が一緒になったデータです)

これは決して高くはないかもしれません。

 

③20万円未満の割合は25%程度で、他業種に比べて低い。

20万円以下の人の割合は他業種に比べても、以外にそれほど多くありません。これだけは救いです。

 

いかがでしたでしょうか。

しかし実際の給与には「ボーナス」や「残業手当」があるため、予測は難しいです。

 

次に私が整備士だった頃の給与をご紹介しますのでご参考にしてください。

 

2.ディーラー整備士だったころの実際の給料

 

わたしは約10年間地方のディーラーで整備士として働いていました。

現在は転職していますので、辞めた時点(10年目31歳)での給料を説明します。

ちなみに私は1級自動車整備士で、自動車検査員、メーカー検定の1級です。

 

さて、ディーラー整備士の給与ですが、実は複雑で、毎月変動します。

その理由は、ぶあいと残業です。

そのため、月収はその月によって大きく差があります。

多いときと少ないときで5万円もの差が出ます。

なので、わかりやすく年収で説明します。

 

年収は410万円

これは源泉徴収に書かれていた金額です。

各種手当や賞与(ボーナス)を全て含んだ総支給額が410万円です。

 

おそらくこのときの固定給は20万弱だと思います。固定給については、とても安い印象です。

イメージ的には、少ない固定給に対して様々な手当てを加算する事で、普通の給与になる様な感じです。

それでは、ここから固定給に加算される手当について説明します。

 

残業手当について

一月の給与を最も大きく左右するのがこの残業手当です。

私は0~5万円くらいもらっていました。おそらく1カ月平均にすると1万5000円程度だったと思います。

自動車整備業は忙しい時期とヒマな時期があり、2月3月がとても忙しいです。

当然、この時期に残業が多くなりますので、残業手当が高くなります。

残業をたくさんしたときの給料日は、楽しみでした。

技能・資格手当について

これは個人の資格等に付く手当で、当然人によって違います。

具体的には下記のような手当が付いていました。

・国家2級整備士で月額2000円

・メーカー検定級1級で5000円

・自動車検査員で2000円

 

家族手当について

・配偶者が6000円

・子供二人で6000円

一般的な額でしょうか。

 

通勤手当について

8000円程度

実際、足りていました。

 

その他ぶあい手当

 

・保険一つ契約すると○○○○円

・新規の車検のお客さん一台○○○○円

・バッテリたくさん売ると○○○○円

・タイヤたくさん売ると○○○○円

その他さまざまなキャンペーン等があります。

中には、自動車には全く関係の無い商品(電化製品)を販売するようなものもあり、達成すると賞金がもらえるシステムですが、自分で購入して達成するようなことも多々ありました。

 

定期賞与(ボーナス)について

 

夏と冬に合計4ヶ月程度の賞与が支給されました。

1ヶ月分というのは、当然固定給に対してです。

これまで説明したとおり、ディーラーの整備士の給料は手当の部分の割合が高いですので、手当が含まれない固定給の4ヶ月分と言うのは、実際にはそんなに高くないことがわかると思います。

 

経営者側から見るとこれがねらいの一つで、固定給を高くすると人件費がかさむので、手当を厚くしているのです。

これで対外的には「うちの会社は4ヶ月支給しています」と言えますよね。

4ヶ月のボーナスですが、他の企業と同じようにボーナスは個人の評価で変わります。

評価の低い人は4ヶ月ももらえないということです。

逆に4ヶ月よりも、多くもらえる人もいて、平均で4ヶ月ということですね。

 

決算賞与について

 

ディーラーは新車・中古車販売の影響で、1~3月に最大の繁忙期を迎え、売上げを大きく伸ばします。

それ以外の月は全て赤字というディーラーもあると思います。

そして3月に決算をしますが、そのときの売上によって賞与を出すことがあります。

つまり決算で黒字だった場合ですね。

私が勤務していたディーラーでは幸い経営状態が良く、毎年のようにこの決算賞与(決算手当)をもらっていました。

金額は1~2ヶ月分程度ですが、これについてはほんとに毎年変わるのでなんとも言えません。

一律5万円の大入り袋のときもありました。あまり期待するとがっかりすることがあるので、わたしは期待していませんでした。

 

給与まとめ

 

年収は410万円

内訳は・・・

一ヶ月平均給与は25~26万円

賞与で100~120万円です。

これが私がディーラーで10年働いた時点での実際の給与です。

いかがでしたでしょうか。これが、真実です。

確かに給与は他の業種に比べて、決して高くないのかもしれませんね。

 

私の給与もなにかの参考にしてください。

 

 

整備士の仕事にはたくさんの魅力があります。

その魅力を、整備士を目指す若者に紹介しようとした記事ですが、ネットで話題になり、批判を浴びました・・・

自動車整備士はクソみたいな仕事じゃない!整備士の本当の魅力

 

関連記事

自動車整備士の専門学校に行く前に絶対に読んで欲しい記事 

思わず「プッ」自動車整備士あるある23連発! 

ディーラー整備士の1日の流れ

コメント