車を知る

車検切れの運転が警察にバレる4つの理由/高確率ですぐバレます

車検切れの車の運転がバレる理由 車を知る
  • 車検切れでバレる時はどんなときだろう
  • 少しくらい車検が切れてても誰にもバレないのではないか

この記事は、車検切れの運転が警察等にバレる理由について、元ディーラーの整備士が答えます。

この記事を書いた人:きりん

元ディーラーの一級整備士で整備士ねっと管理人です。自動車整備業界に長く携わり、現在は整備業界のコンサルなども行っています。twitterでたくさんの整備士さんや業界の人と繋がっているのでチェックしていただけるとうれしいです。(seibisi_net

補足

実は無車検車について主体となり取り締まるのは警察では無く「国土交通省」です。国道交通省は、警察と連携し、道路運送車両法違反である「無車検車」の取締りをしています。

関連記事>>>車検切れの車を運転するとどうなるか/事故やバレた時の罰則と対処方法

車検切れの車の運転が警察にバレる5つの理由

  1. 車検ステッカー
  2. Nシステム(ナンバー読取装置)による取締り
  3. 事故・故障
  4. 交通違反
  5. 通報

2018年以降、無車検車の取締り強化

取締り

国土交通省では、2015〜2016年の調査で20〜30万台の無車検車が公道を走っているのではないかと推計し、2018年以降、特に後述するNシステムによる無車検車の取締りを強化しています。

1.車検ステッカーでバレる

警察官や車業界関係者はすぐ気づきます

一般の方は、あまり気にしないステッカーですが、警察官や車業界関係者はすぐに目が行くところです。

車が止まっている常態で警察官が近くにくれば、バレる確率が高いです。

ステッカーを剥がしておくと

違和感があるので、余計に気づかれる可能性あり

公道を走る車なら普通は貼ってあり、一般の人が剥がすことは無いものです。

2.Nシステム(ナンバー読取装置)による取締りでバレる

surveillance camera
写真はイメージで実際のものとは異なります

Nシステムを利用し、街頭検査で公道を走る無車検車を取締り

Nシステムとは、カメラで瞬時に走行中の車のナンバーを読み取る装置のことで、全国の道路約1,500箇所以上に設置されていると言われています。

速度超過違反を取り締まるオービスに似ていますが、速度超過の車にしか反応しないオービスに対し、Nシステムは通過する全ての車両ナンバーを瞬時に読み取ることができる点が大きく違います。

元々Nシステムは犯罪車両を追跡するために設置されたものでしたが、現在はMOTAS(モータス・自動車登録検査業務電子情報処理システム)と連携し、無車検車の取締りに対しても利用されています。

国土交通省は、従来から設置してあるNシステムや、2018年9月に登場した可搬式(持ち運び式)Nシステムを使用して、無車検車の街頭での取締りを行っています。

Nシステムによる取締りは、従来、時間が掛かった無車検車の照合を瞬時に行えるため、効率よく即効性のある手段として、全国で積極的に実施しており、無車検車摘発の大きな柱となっています。

Nシステムが無車検車を瞬時に判断できる理由

NシステムとMOTASの相互通信

  1. Nシステムは瞬時にナンバーを読み取り、MOTASに通信で照会します。
  2. MOTASは、ナンバーを基に「その車が現在車検の有効期限内にあるか」を調べ、結果を返します。

MOTASは、全国の登録車の情報を全て持っているため、そもそも、無車検車を把握しています。車検を受けていないのに、廃車の手続きが取られていない車は全て無車検車です。

無車検車は公道を走行しなければ問題なく、公道を走っていれば違法です。

Nシステムは確実に走行している無車検車を、瞬時に判断することができるので、画期的なシステムと言えます。

取締りの具体的方法

Speed ​​control
写真はイメージ
  1. 取締り対象の道路上に、Nシステムのカメラを置きます
  2. 通過する車両を全てチェックします
  3. 無車検車がいれば、数キロ先に待機している警察が検挙します。

3.事故・故障でバレる

事故や故障時に、警察、相手、整備工場などに知られる

意外と多いのが、事故や故障時に車検切れが露出するケースです。

私の整備士としての経験からも、多いバレ方です。

警察官でなくても、自動車整備士、車のセールスマン、スタンド定員など、多くの自動車業界にいる人は車両のステッカーで車検切れがすぐにわかります。

4.交通違反でバレる

携帯電話の使用や、一時停止無視などの、比較的軽微な交通違反からも、ステッカーや車検証を見て警察官が気づくことがありますね。

関連記事>>>車検切れの車を運転するとどうなるか/事故やバレた時の罰則と対処方法

5.通報でバレる

通報

近所の人、スタンド定員、整備工場、会社の人、家族、親戚などから通報されるケースがあります。

やはり、無車検・無保険で事故を起こした場合の、社会に与える影響を考えると、身近な人であるからこそ通報されてしまう事もあるようです。

自動車整備業界でも、無車検車の摘発については、国土交通省に協力する体制になっています。

PR:車検のトレンド

最近は、若者を中心にネットで車検予約をするサービスがトレンドになっています。決まった整備工場がない人や、ポイントを貯めたい人、安く済ませたい人にはおすすめですね。

その中でも人気なのが楽天Car車検です。楽天Car車検についてはこちらの記事にまとめています。

>>>楽天Car車検4つのデメリット/メリットの多い工場を選んで楽天ポイントを大量獲得しよう

まとめ

  1. 車検ステッカー
  2. Nシステム(ナンバー読取装置)による取締り
  3. 事故・故障
  4. 交通違反
  5. 通報

無車検車の使用がバレる理由は上記のとおり。今の時代、車検切れをバレないで乗り続けることは、かなり難しいです。

お金の問題であれば、無車検で乗り続けるより、格安車検を受けたほうが絶対得です。

以上、車検切れの運転が警察にバレる4つの理由でした。

ネットで予約の格安車検

コメント

タイトルとURLをコピーしました