車を知る

エンジンオイル、LLCクーラント液の廃棄・処分方法/意外に簡単な捨て方を解説

オイルクーラントの廃棄方法 車を知る

自分で車やバイク、農機具の整備をする場合に、困ることが多いのが、クーラント液やエンジンオイルなど鉱油類の捨て方です。

私も自動車整備士を辞めてから、エンジン・オイルやクーラント液の捨て方がよくわからないし、面倒なので、ずっと整備工場に依頼していましたが、実は意外に簡単に捨てることができると知りました。

この記事では、エンジンオイル、ギヤオイル、ブレーキフルード、LLC(クーラント液)の捨て方について、元ディーラーの一級整備士が解説します。バイクも農機具も同様です。

この記事を書いた人:きりん

元ディーラーの一級整備士で整備士ねっと管理人です。自動車整備業界に長く携わり、現在は整備業界のコンサルなども行っています。twitterでたくさんの整備士さんや業界の人と繋がっているのでチェックしていただけるとうれしいです。(seibisi_net

廃棄・処分方法は2パターン

調べる
  1. 自治体で収集しない場合
  2. 自治体で収集してくれる場合

エンジン・オイル、クーラント液などの鉱油類の廃棄・処分方法は 自治体によって、上記2つのパターンがあり、あなたの住む地域の自治体によって違います。自治体のwebサイトで確認してください

私が調べた限りでは、パターン1の「自治体では収集しないので、専門業者へ依頼しなければならない」という自治体が多いですね。

専門業者とは、廃棄物処理業者や整備工場などを指しています。

チェック

自治体のwebサイトでは「オイル」の処分が可能と書いてある場合でも、よく見ると、食用油はOKで、エンジンオイルやクーラント液などの鉱油はNGという場合が多いので、しっかり確認してください。

1.自治体で収集しない場合

【収集しません】販売店・メーカー・ガソリンスタンドなどにご相談ください。

大阪市品目別収集区分一覧表(50音順)

上記は大阪市のwebサイトの引用です。同様に、私の住む地域でも、自治体では収集してくれません。

このパターンの場合、整備工場やガソリンスタンドなどにオイルの処分を依頼することになります。

しかし実際には、整備工場やガソリンスタンドでもなかなか引き取ってくれない事が多いです。理由は、整備工場やガソリンスタンド側でも面倒だからです。

車検や修理などの仕事を依頼するときに、ついでにお願いすると引き取ってくれるかもしれませんが、「液体のままなら良い」と言われる可能性が高いです。

この場合は、オイルやクーラントを液体のまま缶にいれて、整備工場まで運びましょう。

廃オイルや廃クーラントを液体のまま運ぶのは面倒ですが・・・。

チェック

あなたの自治体が、廃オイルを引き取ってくれない場合は、液体のままのほうが廃棄しやすい可能性が高いので、注意してください。

2.自治体で収集してくれる場合

ゴミ袋

【可燃ごみ】布や紙に染み込ませるか、廃油処理キットで処理してください

名古屋市家庭ごみ・資源の分別早見表

上記は名古屋市のwebサイトの引用です。

液体でなければ(固めれば)、可燃物として収集してくれる自治体があります。

あなたの住む自治体が、廃オイルやクーラントを収集してくれるなら、とてもラッキーかもしれません。「固めて近所のゴミ集積所にポイ」ですから。

その場合、後述する液体を固体にする凝固剤や、廃油処理キットが必要になります。

エンジン・オイルの廃棄・処分方法(固め方)

市販の廃油処理キットを使う

エンジンオイル、ギヤオイル(ATF)、ブレーキフルードなどは廃油処理キットを使うと楽です。価格も安いです。

使い方は簡単で、オイル受けの代わりにこちらをオイルパンの下に置き、あとはドレーンを開けて直接この箱でオイルを受けます。タイラップで結んで、箱を閉めたら完成。持ち運びしやすくなります。

こちらの公式動画がわかりやすので確認してください。

>>>ポイパックを使ってみた。

値段がそれほど変わらないので、大きめのものを購入することをおすすめします。

LLC(クーラント液)の廃棄・処分方法(固め方)

coolant

市販の凝固剤を使う

クーラントは凝固剤で固めてしまうのが楽です。

アマゾンなどのページで、LLC(クーラント液)に使用した場合や使用方法などの口コミが多数有りますので、確認してください。

絶対に排水口に捨てない

土壌、河川が汚染されます。

車やバイクが好きな人に、オイルやクーラントを排水口に捨てるような人がいない事を、私は信じたいです。

まとめ

市販の廃油処理キットや凝固剤を使えば、楽にエンジン・オイルやクーラントを廃棄・処分することができます。

ただし、事前にみなさんが住む自治体のゴミの分類方法を確認し、最終的にどこに持っていくのかを決めてから実施してください。

正しいオイルの廃棄・処分方法を知り、もっとカーライフを楽しみたいですね。

以上、エンジンオイル、LLCクーラント液の廃棄・処分方法でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました