Carride
車を知る

M42(R)バッテリーのおすすめはたった一つです/ダイハツ・スズキなどの軽自動車と互換性のあるバッテリーを紹介

M42はこれがいい 車を知る

ダイハツやスズキなど、近年のアイドリングストップ軽自動車に数多く搭載されるM42(R)バッテリー。

M42(R)バッテリーをインターネットで検索すると、たくさんの種類が出てきて、どれを購入していいものか悩んでしまいますね。

もちろん価格も違いますし、互換性があるか無いかについても、やや複雑です。

そしてなにより、バッテリーはメーカーなどによって大きく性能が変わるため、適当に選んでしまうと、後で後悔する可能性があります。

この記事は、元ディーラーの一級整備士が、ダイハツ・エコアイドル、ホンダN-BOXなど、数多くの国産軽自動車に適合するM42バッテリーのおすすめを紹介します。

M42(R)バッテリーなら、カオスがベスト

パナソニック・カオス

私がダントツでおすすめするバッテリーは、パナソニックのカオスというバッテリーです。

これ以外に今のところおすすめは無いです。

カオスはパナソニック・ストレージバッテリーが販売する、最高性能のバッテリーであり、他メーカーに比べても性能が高い国産バッテリーです。価格もやや高めですが。

>>>パナソニック・カオス公式ページ

カオスの性能

カオスの外観
  • 大容量、最高水準
  • クイックチャージ性能 約10%UP
  • 長持ち約1.77倍・約700g軽量
  • 駅が減りにくい、減液性能約1.95倍
  • こだわりの日本製・カーオーディオの音質が変わる

おそらく整備士の多くが、「バッテリーはカオスが一番良い」と答えるのではないかと思うくらい、プロからの評価が高いバッテリーです。

また、音楽好きの間では「オーディオの音質が変わる」ということから、カオスを選ぶ人も多いようです。

多少値段が高いのが難点ですが、日本製にこだわっている、王道パナソニックの確かなバッテリーです。私が購入するならもちろんカオス一択です。ずっと使っています。

カオスは少し価格が高い

アマゾンなどで検索するとわかりますが、カオスは他のバッテリーと比較して、ちょっと高い事が多いです。

それでも、たとえ1,000〜2,000円高いとしても、簡単に寿命で元が取れるとかなと自分は思いますね。1年長く使えたら万々歳。

※2021年9月現在、値段においても他のバッテリーとそれほど差が無くなっていました。「買い」ですね。

参考:軽自動車用バッテリーの価格

  • 店舗(整備工場など)価格:5,000~15,000円程度
  • ネット価格:4,000~10,000円程度

カオスがおすすめの人

  • ちゃんとしたものを買いたいという人
  • バッテリートラブルなんて二度とゴメンという人
  • 無難に王道・定番を選びたい人

バッテリーのサイズを確認

バッテリーには規格・サイズがあって、車によて「合う・合わない」があります。互換性と言いますね。

特にカオスは少し難しいので、必ず下記の内容を確かめてから購入するようにしてください。

軽自動車のバッテリーはM42(R)が多い

ダイハツ・タント

アイドリングストップ機能が付いている、軽自動車の多くが、M42または、M42Rというサイズを装着しています。

例えばダイハツは、2011年のミライースの発売を皮切りに、現在まで次々とアイドリングストップ車を発売していますね。

車種は、ミライースの他にタント、ムーヴ、ミラ、ムーヴコンテ、ミラココアなどですが、それらをダイハツでは「エコアイドル」と呼んでいます。

このダイハツ・エコアイドルの車両は、基本的にシステムが同じで、搭載されているバッテリーは全てM42です。

ホンダはN-BOX(エヌボックス)をはじめとするNシリーズにM42Rを装着しています。

その他、日産・三菱などのアイドリングストップ機能付きの軽自動車には、M42、またはM42Rのバッテリーが搭載されていることが多く、最も需要の多いバッテリーの一つになっています。

スズキの軽などに搭載されるK42

K42はM42と互換性あり。というかほぼ同じ。

K42とM42は、サイズが若干異なるだけです。M42に完全に適合しますので、需要の多いM42を装着するのがおすすめです。

M42とM42Rは別のもの

M42とM42Rは別のもので、互換性がない

国産軽自動車ではM42の装着率が最も高いのですが、M42には「M42」と「M42R」の2種類が存在しますので、ご自分の車がどちらなのかを必ず確認してください。互換性のないバッテリーを購入しても、装着することができません。

参考:軽自動車メーカーごとのバッテリーサイズ

以下、各メーカーのアイドリングストップ機能付き軽自動車のバッテリーサイズです。

メーカー・車両バッテリ
ダイハツの軽M42
スズキの軽K42R
M42R
M42
ホンダの軽M42R
日産の軽K42
M42
三菱の軽K42
M42
2021.10 整備士ねっと調べ

※M42とK42は完全互換

※購入する際は、実際に搭載されているバッテリーを確認してください。

バッテリーサイズを調べる方法

カオスの公式ページで車種ごとに、バッテリーのサイズを確認できます。

不安な方や、実際にバッテリーサイズの確認ができない方は、こちらで確認してください。

>>>カオス・バッテリー適合検索

カオスの互換性

さらにカオスに限っては、注意点があります。下記の内容を確認してください。

ここ重要

M42またはM42Rのバッテリーを購入したい場合、カオスに限ってはM65または、M65Rを選んでください。

自分の車に「M42(R)」が搭載していた場合でも、カオスを買う場合は、「M65(R)」が適合します。

実は、現在のカオス M-65 が登場するまでは、M-55を、その前はM-42を製造・販売していました。

つまり、カオスのバッテリーサイズは、M-42、M-55、M-65、全て同じです。(Rも同様)

現在は M-55 、M42はおそらく在庫分しか市場にないため、今後順次切り替わっているM-65を購入してください(M-55よりM-65の方が性能が高いので、M-55ではなくM-65をおすすめします)。

カオスの価格をチェック

カオスM65(ダイハツなど)

カオスM65R(ホンダ・スズキなど)

他を選ぶとしたら、とにかく安いM-42

正直、カオス以外のおすすめはありません。なので、カオスでなければ価格の安さで選んで良いのかなと思います。

M42(R)はそもそも性能が高い

M-42、M42(R)というバッテリーはアイドリングストップ車専用で、そもそも性能が高いバッテリーです。

規格上、その性能は一定以上なければならないので、どのメーカーのM-42バッテリーも一定の基準を満たしていることになります。。

私の整備士としての経験からも、カオス以外のM42(R)バッテリーの中では、それほど大きな差は無いのかなと感じます。

だったら値段の安いものを選べば良いんじゃないかなって、素直に思います。(私がよく知らないだけかもしれませんが、少なくとも私のまわりではそんな風潮があります)

他のM42バッテリー

GS YUASA

アトラスバッテリー

created by Rinker
M42(–B20L)アイドルストップ車・標準車用・最長寿命・高性能アトラスバッテリー

カオス以外のバッテリーはこんな人におすすめ

  • 車の代替が近い
  • とにかく安く購入したい
  • バッテリートラブルがそれほど苦にならない

ググる時は「M42(M-42(R))__バッテリー」で検索してください。あまりに安い海外製のバッテリーはおすすめできません。何が起きるかわかりませんので。

ネットで購入したバッテリーを交換する方法

バッテリーは、ディーラーやスタンドで買うよりも、ネット通販が安いです。ものによっては半額とか普通にあり得ます。

でも、ネットで購入したバッテリーをどう取り付けるかが問題です。自分では取り付けできない人が大半ですから。

そこで、ネットで買ったバッテリーを、お得に取り付けする方法を2つ紹介します。

1.工賃が安い整備工場を探す方法

パーツ持ち込みが可能で、安い整備工場をネット検索します。整備工場検索サイトは最大手のグーピット一択です。簡単です。

関連記事>>>車のパーツ持ち込み取り付けOKな整備工場を探す方法

2.出張整備を利用する方法

最近のトレンドとなっている、出張整備のSeibiiを自宅に呼びましょう。すごく便利です。

まとめ

自動車用バッテリーは、車種やメーカーによってサイズや規格などが細かく違うため、必ず互換性のあるものを選びましょう。

それを踏まえて、下記のおすすめバッテリーを選んでください。

M42バッテリーを購入するなら次の2つ。

  • カオスのM65、M65(R
  • カオス以外のM42、M42(R

私の場合はカオス一拓ですが、あとはあなたに合うかどうかです。

購入するならインターネット販売サイトが安いです。

ネットで買ったバッテリーを交換する方法は次の2つ。

以上、軽自動車によく搭載されているM42(R)バッテリーのおすすめでした。

関連記事

コメント

  1. すず より:

    アイドリングストップ用のバッテリーは沢山のメーカーがありますが、カオスもベストと思いま

    す私が選ぶのは内部抵抗の小さいものを選んでいます。外国製のバッテリーも良いものがたくさ

    んあります。内部抵抗の小さいものはそれだけ極板の面積が広く重さも重いです。CCAもその分

    高いですよ。内部抵抗が小さいと充電も早くできます。寿命も長いですよ。

    • きりん きりん より:

      すずさん、コメント、ご教授ありがとうございます。これからもさらに勉強させてもらいますので、今後ともよろしくお願いいたします。

      • すず より:

        コメントを読んでくれてありがとうございます。

        私は76歳の現役整備士です。この業界で59年です。

        最近の自動車はご承知のようにコンピュータ制御です。

        一番大切なのが通電性ではないでしょうか。

        体と同じく通電を良くすれば他の機器も大変調子よく

        故障も回避されます。

        特に電気の元のバッテリーは非常に大切です。

        今は、充電制御車がほとんどです。この為電源回路の

        メインテナンスが非常に大切です。点検記録簿には1年点検や2年点検では

        バッテリーの緩み腐食の項目がありますがほとんどの人が

        外観点検で済ましているのではないでしょうか。

        ポストの腐食は取り外さなければ確認できません。

        乗用車はボンネットで覆われているので内部の腐食は少ないですが

        バッテリーが古くなるとガスで腐食が増します。

        貨物車は外部にあるので、特に内部の腐食はひどいですよ。

        私は、車検時は必ず取り外して端子を磨いて導電グリスを

        塗布します。これで2年間はバッテリーの故障は皆無です。

        充電制御になってからはバッテリーセンサーが付いたので

        特に接触不良には敏感に反応するようですよ。

        JAFのワースト1がバッテリー上がりです。

        昔のままの整備をしていたらダメだと思います。

        プロの整備士ですから1年間は故障しないような整備が社会に信頼と

        貢献をするものと思います。ユーザー車検との違いを比較するためにも大切です。

        以上参考にしてくれたら幸甚です。

タイトルとURLをコピーしました