ダイハツ車のおすすめバッテリーはたった一つ!?プロの整備士が厳選!

車を知る
スポンサーリンク

プロが勧めるダイハツ車のバッテリーが知りたい

ダイハツのアイドリングストップ車のバッテリーについて知りたい

自動車用バッテリーをインターネットで購入する場合、たくさんの種類が出てきて、どれを購入していいものか悩んでしまいます。しかし、バッテリーはメーカーなどによって大きく性能が変わるため、適当に選んでしまうと、後で痛い目にあう可能性があります。

この記事は、元ディーラー整備士で一級整備士の資格を持つ私がダイハツの全ての軽自動車」におすすめのバッテリーを紹介します。

 

ダイハツ・軽自動車のバッテリーサイズ

ダイハツは2011年のミライースの発売を皮切りに、現在まで次々とアイドリングストップ車を発売しています。

車種は、ミライースの他にタント、ムーヴ、ミラ、ムーヴコンテ、ミラココアなどさまざまです。それらを、ダイハツでは「エコアイドル」と呼んでいます。

このエコアイドルの車両は、基本的にシステムが同じで、搭載されているバッテリーも全て同じです。

ダイハツのエコアイドルの車のバッテリーは、全てM-42です

(M-42Rではありません)

 

それでは、ダイハツのアイドリングストップ車に搭載されるおすすめの「Mー42 バッテリー」をたった1つだけ紹介します。

 

ダイハツ車のバッテリーはカオスで決まり!?


カオスはパナソニック・ストレージバッテリーが販売する、最も高価で最高性能のバッテリーであり、他メーカーに比べてもダントツに性能が高い国産バッテリーです。

 

カオスの性能

・大容量、最高水準

・クイックチャージ性能 約10%UP

・長持ち約1.77倍

・約700g軽量

・駅が減りにくい、減液性能約1.95倍

・こだわりの日本製

・カーオーディオの音質が変わる

詳しく説明すると専門的過ぎるので今回はやめますが、おそらく整備士の多く人が、「バッテリーはカオスが一番良い」と答えるのではないかと言うくらい、プロからの評価が高いバッテリーです。

「オーディオの音質が変わる」といううたい文句から、カオスを選ぶ人も多いようです。

 

多少値段が高いのが難点ですが、日本製にこだわっている、王道パナソニックの確かなバッテリーです。

もちろんカオスが私の一番のおすすめであり、間違いなく良い商品です。

※2020年4月現在、他のバッテリーと値段にそれほど差が無くなっていました

 

カオス 公式HPはこちら

 

こんな人におすすめ

・ちゃんとしたものを買いたいという人

・バッテリートラブルなんて二度とゴメンという人

・よくわからないけど無難に定番を選びたい人

 

ポイント

ダイハツの軽自動車に標準で搭載されているバッテリーは M-42 ですが、カオスの場合に限っては「M65」を選んでください。また、M-65R ではなく M-65 ですので間違えないようにしてください。搭載できません!(Rが付かないものが正解)

 

実は現在のカオス M-65 が登場するまでは、M-55を製造・販売していました。現在は M-55 はおそらく在庫分しか市場にないため、今後順次切り替わるM-65を購入してください(M-55よりM-65の方が性能が高いので、M-55ではなくM-65をおすすめします)。

サイズは、M-42、M-55、M-65、全て同じです。

 

他を選ぶとしたら、とにかく安いM-42

 

次のおすすめははっきり言ってありません。なので、値段で選んでも構わないかもしれません。

 

ポイント

M-42というバッテリーはアイドリングストップ車専用で、そもそも性能が高いバッテリーです。

その性能は一定以上なければならないので、どのメーカーのM-42バッテリーも一定の基準を満たしていることになります。

そして、パナソニックのカオス以外のバッテリーには、それほど大きな差はないと私は感じます。

だからこそカオス以外なら、値段の安いものを選べば良いと思います。

 

このあたりを参考に・・・

 

こんな人におすすめ

・代替が近い

・できるだけ安く購入したい

・バッテリートラブルがそれほど苦にならない

 

ググる時は「M-42 バッテリー」で検索してください。しかし、あまりに安い海外製のバッテリーはやめたほうがいいと思います。何が起きるかわかりません。

以上、タント、ムーヴ、その他ダイハツ車のおすすめバッテリーでした。

 

おすすめ

 

関連記事

検証!自動車のバッテリーは充電で復活するか

【プロの整備士が教える】バッテリー交換工賃の相場

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました