ダイハツ車のおすすめバッテリーはたった一つ!?プロの整備士が厳選!

ダイハツのバッテリーはこれがいい 車を知る
スポンサーリンク
プロが勧めるダイハツ車のバッテリーが知りたい

自動車用バッテリーをインターネットで検索すると、たくさんの種類が出てきて、どれを購入していいものか悩んでしまいますね。

しかし、バッテリーはメーカーなどによって大きく性能が変わるため、適当に選んでしまうと、後で痛い目にあう可能性があります。

この記事は、元ディーラーの一級整備士がダイハツの全ての軽自動車」におすすめのバッテリーを紹介します。

 

ダイハツ・軽自動車のバッテリーサイズはM42

ダイハツは2011年のミライースの発売を皮切りに、現在まで次々とアイドリングストップ車を発売しています。

車種は、ミライースの他にタント、ムーヴ、ミラ、ムーヴコンテ、ミラココアなどさまざまです。それらを、ダイハツでは「エコアイドル」と呼んでいます。

このエコアイドルの車両は、基本的にシステムが同じで、搭載されているバッテリーも全て同じです。

ダイハツのエコアイドルの車のバッテリーは、全てM-42です

注意
M42Rではありません。(Rがつかないものです。○ M-42 ☓ M-42R)

 

それでは、ダイハツのアイドリングストップ車に搭載されるおすすめの「Mー42 バッテリー」をたった1つだけ紹介します。

 

ダイハツ車のバッテリーはカオスがいい

私がすすめするバッテリーは、パナソニックのカオスというバッテリーです。

カオスはパナソニック・ストレージバッテリーが販売する、最も高価で最高性能のバッテリーであり、他メーカーに比べてもダントツに性能が高い国産バッテリーです。

カオス 公式HP

 

カオスの性能

・大容量、最高水準

・クイックチャージ性能 約10%UP

・長持ち約1.77倍

・約700g軽量

・駅が減りにくい、減液性能約1.95倍

・こだわりの日本製

・カーオーディオの音質が変わる

おそらく整備士の多くが、「バッテリーはカオスが一番良い」と答えるのではないかと言うくらい、プロからの評価が高いバッテリーです。

また、音楽好きの間では「オーディオの音質が変わる」ということから、カオスを選ぶ人も多いようです。

多少値段が高いのが難点ですが、日本製にこだわっている、王道パナソニックの確かなバッテリーです。私が購入するならもちろんカオス一択です。ずっと使っています。

 
カオスはちょっと高い
検索するとわかりますが、カオスは他のバッテリーと比較して、ちょっと高い事が多いです。でも、たとえ1000〜2000円高いとしても、簡単に寿命で元が取れるとかなと自分は思っています。1年長く使えたらそれで十分ですよね。

※2020年4月現在、値段においても他のバッテリーとそれほど差が無くなっていました

 

補足:カオスがおすすめの人

・ちゃんとしたものを買いたいという人

・バッテリートラブルなんて二度とゴメンという人

・よくわからないけど無難に定番を選びたい人

 

カオスのサイズ

ここ重要です

ダイハツの軽自動車に合うカオスのサイズは

「M65」です。

ダイハツの軽自動車に標準で搭載されているバッテリーは M-42 ですが、カオスの場合に限っては「M65」を選んでください。カオスのM65は、他メーカーのM42と同サイズです。

補足

カオスのバッテリーサイズは、M-42、M-55、M-65、全て同じです。

現在のカオス M-65 が登場するまでは、M-55を、その前はM-42を製造・販売していました。

現在は M-55 、M42はおそらく在庫分しか市場にないため、今後順次切り替わるM-65を購入してください(M-55よりM-65の方が性能が高いので、M-55ではなくM-65をおすすめします)。

 

他を選ぶとしたら、とにかく安いM-42

次のおすすめははっきり言って無いので、値段で選んで良いと思います。

M42はそもそも性能が高いバッテリー

M-42というバッテリーはアイドリングストップ車専用で、そもそも性能が高いバッテリーです。

その性能は一定以上なければならないので、どのメーカーのM-42バッテリーも一定の基準を満たしていることになります。

 

カオス以外のM42には、それほど大きな差は無いのかなと。

だったら値段の安いものを選べば良いんじゃないかなって、素直に思います。

(私が知らないだけかもしれませんが、少なくとも私のまわりではそんな風潮があります)

 

こんな人におすすめ

・代替が近い

・とにかく安く購入したい

・バッテリートラブルがそれほど苦にならない

ググる時は「M-42 バッテリー」で検索してください。しかし、あまりに安い海外製のバッテリーはおすすめできません。何が起きるかわかりません。

 

ネットで購入したバッテリーを交換する方法

バッテリーは、ディーラーやスタンドで買うよりも、ネット通販が安いです。

ものによっては半額ですね。

でも、ネットで購入したバッテリーをどう取り付けるかが問題です。

自分では取り付けできない人が大半ですから。

そこで、ネットで買ったバッテリーを、お得に取り付けする方法を2つ紹介します。

 

チェック

自分で交換する場合はこちらを参考にしてください

関連記事>>>ムーヴのバッテリー交換動画

関連記事>>>車のバッテリーの捨て方は?【無料で廃棄する方法】

 

1.工賃が安い整備工場を探す方法

安いところをネット検索しちゃいましょう。

整備工場検索サイトは最大手のグーピット一択です。簡単です。

 

2.出張整備を利用する方法

出張整備最大手のSeibiiを自宅に呼びましょう。時は金なりですから。

Seibii(セイビー)の評判・口コミは最悪?人気出張整備の 人気の理由に迫る
インターネットを中心に出張メンテナンス Seibii が話題になっています。 これまで日本には、これほど大きく自動車整備の主張サービスの展開をしている企業は他にありません。 自宅駐車場で愛車の整備をしてくれるのなら利用したいと思う方も多いはずですが、本当に信頼できるサービスなのでしょうか。この記事では出張メンテナンスSeibiiの評判やそのサービス内容について解説します。

 

まとめ

ダイハツの軽自動車のバッテリーを購入するなら次の2つ。

・カオスのM65

・カオス以外のM42

私の場合はカオス1拓ですが、あとはあなたに合うかどうか。

 

ネットで買ったバッテリーを交換する方法は次の2つ。

・安い整備工場をグーピットで検索する

・出張整備Seibiiを利用する

便利な世の中です。
 
以上、ダイハツ車のバッテリーについてでした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました