アマゾンからタイヤを買って取り付ける方法・手順【整備士のおすすめも】

アマゾンでタイヤを購入するコツ 車を知る
スポンサーリンク
アマゾンでタイヤを買った場合の取り付け方法が知りたいなあ

こんな疑問にプロの整備士が詳しく説明し、その中でもオススメの方法を紹介します。

 

アマゾンで買ったタイヤを取り付ける方法3つ

①サービスチケットを購入する方法

②外部提携サイトで申し込む方法>>>宇佐美やエネオス

③自分で安い整備工場を探す方法>>>オススメ

まずはそれぞれ料金を比較してみます。

タイヤサイズによって大きく異なりますので、参考までに見てください。

軽・普通車で15インチの4本のタイヤを新品タイヤに履き替える場合の工賃比較(2020.4月調べ)

  取り付け料金 備考
①サービスチケットを購入する方法 6,600 円 廃タイヤ処分料、エアバルブ交換料金別途
②外部提携サイトで申し込む方法

6,600 円(宇佐美)

7,000 円(エネオス)

8,400 円(ロータスクラブ)

廃タイヤ処分料、エアバルブ交換料金別途
③自分で安い整備工場を探す方法 5,000 円以下も可能 工場による(交渉にも)

アマゾンのタイヤは安いです。取付は・・・

アマゾンでタイヤを購入した人の特典である①と②の取り付け料金は、はっきり言ってそれほど安くないです。

 

①②の方法は廃タイヤ料金等を考えると、10,000 円以上かかる可能性がありますので、あんまりオススメすすめできませんね。

東京ならわかりませんが、少なくとも地方ではもっと安く取り付けられる可能性高いです。

ということで、最初に③自分で安い整備工場を探す方法を紹介します。

 

自分で安い整備工場を探す方法

安い整備工場を探す方法は、整備工場検索サイトのグーピットを利用します。

ネットで購入したパーツを取り付けるなら【グーピット】

 

グーピットで近くの整備工場を検索したら、メールや電話で問い合わせてください。

タイヤ持ち込み・交換の見積もりお願いします。ダイハツ・タントです。

このようなお問い合わせメールを何件かの整備工場に一気に送って、安いところにお願いするといいです。とても便利です。

 

グーピットについてはこちらの記事で詳しく説明しています。

持込みOK・安価・信頼できる整備工場を探す方法【ネット通販で賢く節約しよう】
・取り付けが安い整備工場を探したい ・持ち込み交換できる整備工場を探したい ・信頼できる整備工場を探したい こんなことが知りたい人向け。 この記事は、一級整備士で元ディーラー整備士の私から、「パーツ持込ができる整備工場検索システム・グーピット」をご紹介します。グーピットのメリットやデメリット、方法ついて手順も含め詳しく解説します。

 

サービスチケットを購入する方法・手順

手順

1.アマゾンでタイヤを選ぶ(購入しない)

2.サービスチケットをカゴに入れ、購入確定(キャンセル可能)

3.アマゾンの運営とメールや電話でやりとり

4.アマゾンでタイヤを購入

5.予定の整備工場に行く

 

欲しいタイヤの詳細をクリックすると、この画面になります。

赤色の部分をクリックすると下の画面になります。

 

この中から、新品タイヤ交換のチケット(下の写真)を選び、4本分購入してください。

購入後、アマゾンの運営より、メールで連絡が来ます。

注意
タイヤを購入する前にチケットを買ってください。気に入らなければこの時点でキャンセルできます。

 

外部提携サイトで申し込む方法

手順

1.アマゾンでタイヤを選び、購入

2.「外部提携サイト」にアクセス

3.予約申し込み

 

欲しいタイヤの詳細をクリックすると、この画面になります。

アマゾンでタイヤを購入すると同時に、赤色の部分をクリックし下の方にスクロールすると下の画面になります。

 

赤い部分から、好きな提携先に飛び、予約申し込みをする。

 

アマゾンより効率的な購入方法・手順

アマゾンでタイヤを買って取り付けるよりも、オススメの購入方法があります。

タイヤフッドを利用する方法です。

コスパと労力を考えて、わたしは一番いいかなと思います。

こちらの記事で詳しく解説しています。

タイヤフッドの評判・口コミから人気の理由に迫る【送料/キャンセル】
タイヤフッドはタイヤの購入からタイヤ交換予約までを、一度にできる新しいインターネットサービスです。しかしこの新しいサービスについて不安に思う方も多いと思います。 この記事では、1級整備士の私がタイヤフッドの評判・口コミを紹介して、安心して利用できるサイトかどうかをプロの整備士目線で検証します。 タイヤフッドの利用を検討する人は必見です。

 

まとめ

アマゾンのタイヤは安いですが、交換する場合の提携工場はそれほど安くありません。

そしてちょっと面倒。

思い切って自分で安い整備工場を探すのも良いですね。

あとはあなたに合う方法を選びましょう。

①サービスチケットを購入する方法

②外部提携サイトで申し込む方法【宇佐美やエネオス】

③自分で安い整備工場を探す方法【グーピット】

以上、アマゾンのタイヤの購入方法と手順でした。

アマゾンタイヤ特設ページ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました