タイヤ通販サイトを徹底比較/一級整備士のおすすめの購入方法とは?

車を知る
スポンサーリンク
タイヤをインターネットで購入する場合の、おすすめのタイヤ通販サイトが知りたい

そんな方向けの記事です。

1級整備士の私が、10年間の整備士経験をもとに紹介します。

 

あなたにおすすめのタイヤ通販サイトはどれ?

 コメント
Amazon  とにかく安い
楽天市場  楽天どっぷりの人向け
ヤフーショッピング  ポイントかなりたまる
オートウェイ  アジアンタイヤ激安
タイヤフッド  取り付け込みなら断然おすすめ

有名なのは上記の5つですね。

 

例として具体的にタイヤの値段で比較してみます。

プリウスなどに多いタイヤサイズ(195/65R15)1本の値段で比較。メーカーはブリヂストンの一般的な夏タイヤ「ネクストリー」(2020.4.21日調べ)

 最安値  送料
Amazon  8,220 円  無料
楽天市場  6,630 円  無料
ヤフーショッピング  6,690 円  無料
オートウェイ  8,220 円  無料
タイヤフッド  7,539 円  1,100 円

あくまで一例です。タイヤの種類やメーカーサイズで大きく変わります。

値段だけで選ぶなら、楽天市場とヤフーショッピングが安いですね。あとはポイントとかを考慮して、あなたが良いところを選べばいいかと思います。

タイヤは値段が高いので、ポイントは重要です。

 

オートウェイについて

オートウェイは、アジアンタイヤが激安で有名です。

アジアンタイヤとは、アジアのタイヤメーカーが製造するタイヤで、あまりメジャーではありませんが、値段が極端に安いのが特徴です。今回の国産のタイヤでの比較だと、オートウェイはそれほど安くありませんが、なんでもいいなら、オートウェイでアジアンタイヤを選ぶと最も安く買えます。

わたしはアジアンタイヤを買ったことが無いので、そこはなんとも言えませんが、品質に疑問です。おそらく整備士は買わないと思います。

 

タイヤを買ったらどこで取り付ける?

全てのサイトに提携工場がありますので、そちらを利用する方法があります。しかし、たいしてお得じゃないし、面倒が多い。

わたしのおすすめは、自分で安い整備工場を探すことです。

安い整備工場を探す方法はグーピット一択です。

ネットで購入したパーツを取り付けるなら【グーピット】

ネットで見積もりしてもらって、一番安い整備工場に持ち込むだけ。便利な世の中ですね。こちらの記事で詳しく解説しています。

持込みOK・安価・信頼できる整備工場を探す方法【ネット通販で賢く節約しよう】
・取り付けが安い整備工場を探したい ・持ち込み交換できる整備工場を探したい ・信頼できる整備工場を探したい こんなことが知りたい人向け。 この記事は、一級整備士で元ディーラー整備士の私から、「パーツ持込ができる整備工場検索システム・グーピット」をご紹介します。グーピットのメリットやデメリット、方法ついて手順も含め詳しく解説します。

 

楽に取付したい人はタイヤフッドがおすすめ

 

 

ほんとはわたしが最もすすめたいのは、Amazonではなくタイヤフッド

タイヤの購入から、工場選び、予約まで、一気にできるサイトです。多くの人が利用をはじめましたね。便利です。

 

タイヤフッド特徴

・トータルで安い

・まとめて支払い

・タイヤが家に来ない

・コミコミで安心

 

気になる人は、チェックしてください。

タイヤフッドの評判・口コミから人気の理由に迫る【送料/キャンセル】
しかし、タイヤフッドを利用するか迷う人の中には、この新しいサービスについて不安に思う方も多いと思います。 この記事では、1級整備士の私がタイヤフッドの評判・口コミを紹介して、安心して利用できるサイトかどうかを検証します。 タイヤフッドの利用を検討する人は必見です。

 

まとめ

以上、大手タイヤ通販サイトのオススメを紹介しました。

本来タイヤは、タイヤ単体の値段だけを見ず、取り付けまで考えて購入した方が良いです。自分で取り付けできる人は別ですけどね。

 

タイヤ購入のコツについてはこちらの記事で説明しています。

ネット通販で失敗しないタイヤ購入の方法とコツ【プロの整備士が伝授します】
タイヤはインターネット(通販)で購入すると、店舗での価格より非常に安く手に入ります。サイズによっては、4本で5万円以上安くすむケースもあるので驚きです。しかし、インターネット通販が安いことは知っていても、なかなか購入するのを躊躇される人も多いのではないでしょうか。 たくさんの人がインターネットでタイヤを購入するのを躊躇しているのには、次のような理由があります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました