車を知る

タイヤのネット購入で失敗しないコツと方法【プロの整備士が伝授します】

整備士がすすめるタイヤ購入法 車を知る

タイヤはインターネット通販サイトで購入すると、店舗での価格より非常に安く手に入ります。サイズによっては、4本で5万円以上安くすむケースもあるので驚きです。

しかし、インターネットのタイヤが安いことは知っていても、なかなか購入するのを躊躇される人も多いのではないでしょうか。

多くの人がインターネットでタイヤを購入するのを躊躇しているのには、次のような理由があります。

  • インターネットでタイヤを買っても、どこに交換作業を頼めばいいのかわからない
  • 交換作業の料金がかかるので、結局店舗で買ったほうが安く済むのではないかと思う
  • 間違って、車に合わないタイヤを購入してしまったらどうしよう

この記事は、このような不安を持つ人のために、インターネット通販サイトでタイヤを安く購入する場合の重要なコツを元ディーラーの一級整備士が解説します。

この記事を書いた人:きりん

元ディーラーの一級整備士で整備士ねっと管理人です。自動車整備業界に長く携わり、現在は整備業界のコンサルなども行っています。twitterでたくさんの整備士さんや業界の人と繋がっているのでチェックしていただけるとうれしいです。(seibisi_net

タイヤが安いネット通販サイト

ネットでタイヤ購入のコツ・注意点

  1. タイヤサイズをしっかり確認すること
  2. 交換方法を決めてからタイヤを購入すること

とても重要なことなので、詳しく説明します。

1.タイヤサイズをしっかり確認すること

タイヤサイズ(規格)を間違えなければ、車やタイヤに詳しくない人が、インターネット通販でタイヤを購入しても、合わないタイヤを購入するという失敗はありません。タイヤサイズが重要です。

タイヤには”215/45R18_93W”と表されるようなタイヤの規格があります。

この規格(数字)はタイヤの「幅」「へん平率」「ホイールサイズ」などを表していて、車種やグレードによって固有のものです。そして、この数字が一つでも違う場合は、「合わないタイヤ」になる可能性が出てきます。

「合わないタイヤ」とは「装着できない」「安全に走れない」「車検に通らない」などの不具合のあるタイヤのことです。

でも安心してください。”215/45R18_93W”と表されるようなこの規格(数字)さえ同じであれば、あなたの車に必ずぴったり合います。

最後の記号「〇〇W」「〇〇Q」などの記号

最後の記号は大きな数字を

タイヤの規格「215/45R18_93W」の最後の記号「93W」は「ロードインデックス」と「速度記号」を表していて、前半の3つの記号とは異なり「タイヤのサイズ」ではなく「タイヤの能力」を示しています。

この最後の記号が違うだけの場合は、サイズは同じなので装着できないということはありませんので、ぴったり一致しなくとも、多くの場合で問題ありません。重要なのは前半の3つの数字です。

但し、「93W」の「93」の数字の部分が、実際のタイヤの数字よりも小さい場合は「安全性」と「車検に通らない」という問題が出る可能性があるため、なるべく数字の大きなものを選んでください。

特に、2番目の数字が小さいタイヤ(へん平率の低いタイヤ(55,50,45,40))や、タイヤの大きさに比べて、車の重さが重い車(アルファード,エスティマ,ヴェルファイア,ノア・ヴォクシー,セレナなど)の場合は、注意が必要です。

最後の記号「〇〇W」「〇〇S」は今装着されているタイヤと同じかそれ以上の数字のタイヤを選んでください。

実際に装着しているタイヤを確認すること

重要なことは、実際にあなたの車に装着しているタイヤのタイヤサイズを確認することです。

タイヤサイズは、車種やグレード、年式などがわかっていれば、カタログやインターネットの情報からも調べることはできますが、最も確実なのは、実際の車に装着しているタイヤを確認することです。

タイヤサイズは、同じ車種でも年式でも、グレードによって、もしくは購入した月などによって違いがあることも多く、整備士の私でも、実際の車を確認しないと不安があるくらいです。おそらく多くの整備士が私と同じだと思います。絶対に間違えたくないからですね。

また、中古車だったり過去の経緯など様々な状況で、標準のタイヤと違うサイズを装着している場合もあります。その場合は、車の標準のタイヤを購入しても、実際装着しているホイールが違うため、「合わないタイヤ」となってしまいます。

さらに、夏用タイヤと冬用タイヤ(スタッドレス・タイヤ)でサイズが違う場合もよくありますので、購入したいタイヤのサイズを必ず確認することが重要です。

タイヤサイズの確認方法

タイヤのサイドウォール部(走行しても接地しない部分で、横から見えるところ)に表示されています。大きな車だと「215/55R17」や軽自動車だと「165/65R14」など、どんなタイヤでも必ず表示があるので、しっかりと実際の車のタイヤで確認しましょう。

詳しくはブリジストンのサイトを参考にしてください。

>>>タイヤのサイズについて(ブリジストン公式ページ

ホイール購入時はさらに注意を

ホイールやタイヤ・ホイールセットを購入する場合には、タイヤよりも失敗しやすいので注意が必要です。

ホイールには、「ホイール穴数」、「P.C.D(穴と穴の距離)」、「リム幅」、「インセット」というタイヤよりも細かい規格があります。車種によって違い、同じ車でも年式やグレードによって違うことも珍しくありません。

ホイールもどれか一つでも数字の違うものを選んでしまうと、「装着できない」「安全に走行できない」「車検に通らない」といったトラブルに直結します。

そして、ホイールの規格は、その外見からは判断できないので、自動車メーカー発行のカタログ等を確認しなければなりません。

ホイールの規格を確認することは、多少の専門知識が必要で、車に詳しくない人や興味のない人にとっては少々難しいかもしれません。

ホイールを購入する場合は、この後紹介するタイヤフッドやオートウェイなどのタイヤ専門店で購入することをおすすめします。

なぜなら、これらのタイヤ専門サイトは間違えないような工夫がサイトにしっかりあるからです。逆にamazonや楽天市場などはホイールの購入には向いていません。

ホイールやタイヤセットで購入する場合の注意点はこちらの記事に書いています。

>>>おすすめのスタッドレス・ホイールセット購入方法5選/プロの整備士推薦です。

2.交換方法を決めてからタイヤを購入すること

  • 交換作業をしてくれるところがなくて困った
  • すごく高い交換工賃を請求された

この失敗が、インターネットでタイヤを購入する場合に最も多い失敗例です。

インターネットで安くタイヤを購入しても、交換方法によっては店舗で買うよりも高くついてしまったり、整備工場をあちこち探し回って、多くの手間がかかってしまう場合があります。それではせっかくインターネットで調べて、安く買った苦労が報われませんね。

インターネットでタイヤを購入する場合は、必ず「どこで交換するのか」を、購入する前に考えることが最も重要なことです。

なぜ、このような失敗になるのかというと、「多くの整備工場では、タイヤの持ち込み取付をあまり歓迎しない」という事実があるからです。詳しく説明します。

整備工場にネットで購入したタイヤを持ち込むとどうなるか

「ネットでタイヤを買ったのですが、交換してください」

と、あなたが整備工場に持ち込んだ場合、次のようになる事が考えられます。

  1. 整備工場に嫌がられる・断られる
  2. 高額な割り増し料金になる

このようになる可能性が高いのであまりおすすめできません。詳しく説明します。

1.整備工場に嫌がられる・断られる

no thanks
  • 多くの整備工場が嫌がります
  • 場合によっては断られます

私も整備士の頃、実際にこのような依頼を受けると「嫌だな」と思っていました。なぜ嫌なのかというと、持ち込みのタイヤを交換しても「あまり儲からない」からです。

整備工場側からすると、タイヤ交換作業の工賃というのは、実はあまり割に合わない作業です。

よく、テレビ等で「雪の降り始めで、タイヤ交換が大忙しの整備工場」なんていうニュースが流れて、「儲かりますね」なんてコメントをするレポーターがいますが、これ、とんでもない話です。ぜんぜん儲かりません。工賃が安すぎるのです。その忙しさから、従業員に残業なんてさせてしまったら、赤字となりえるくらいです。

ではなぜ多くの整備工場がタイヤ交換の工賃を安い金額に設定しているのか。

その理由は「タイヤが売れると儲かるから」です。

整備工場ではタイヤ交換のタイミングで交換をすすめると、買ってもらえるケースが結構あります。実はタイヤの利幅(部品単体での利幅)はとても大きく、お客様からタイヤ4本購入してもらえば、整備工場にとって相当の部品代の利益がでます。

整備工場側の考え方

  • タイヤ販売 →儲かる(タイヤを買ってもらえるなら、工賃は無料でもいい)
  • タイヤ組み付け・交換 →儲からなくてもいい(時々新品のタイヤが売れればいい)

このことから、タイヤをネットで購入して取り付けを依頼した場合、整備工場はこんな風に思います。

  • 「交換だけは割に合わない(うちで買ってほしい)」
  • 「タイヤの取り付けだけの依頼なんて、むしが良すぎる・ずうずうしい」
  • 「この依頼を安く請け負ってしまえば、今後うちの整備工場ではタイヤは売れないだろう」

持ち込みタイヤの交換の依頼は、旅館に飲食物を持ち込むのと似ていて、嫌がられます。

あなたに悪気がなくとも、そんな風に思われてしまうんですね。これはしかたないことです。

特に友人の整備工場や、馴染みの整備工場に依頼する場合は、少し考えてみた方が良いかもしれません。

2.高額な割り増し料金になる場合も

高い

持ち込み交換は受け入れてくれるが、店舗で買ったときの倍くらいの交換料金を掲示される場合があります。持ち込み料みたいなイメージです。私が以前に務めていたディーラーはこのパターンでした。

「やってもいいけど、持ち込み料はもらいますよ」

このような整備工場では交換工賃、タイヤバランス料などを含め10,000円~30,000円くらいはかかってしまうことが多いようです。

失敗しないネット通販タイヤ購入方法3つ

  1. コミコミ料金決済のサイトから購入
  2. 取り付け提携工場があるサイトで購入
  3. 工賃が安い整備工場を探してから購入

タイヤのインターネット通販サイト購入で、失敗しないようにするためには上記いずれかの方法を取るとよいです。

1.コミコミ料金決済のサイトから購入

通常、タイヤの料金と交換工賃は別料金で、ネットでタイヤを買う場合には、ここに落とし穴があります。

ネットでタイヤを安く購入して整備工場にタイヤ交換を依頼したら、工賃以外にも、いろいろすすめられたり、頼んだりして「結局、交換料金だけで2万円になってしまった」なんてことが、本当に多い失敗例だということは、前述しました。

例えば、タイヤを新しくする場合には、このような作業が必要です。

  • タイヤを車体から脱着
  • タイヤとホイールの組み換え
  • バランス調整
  • バルブ交換
  • 廃タイヤ・廃ホイール処分

それぞれ料金がかかります。これらの料金を確認しないと失敗します。整備工場に依頼するなら、上記1〜5まで、全ての料金を事前に確認するべきです。

また、「タイヤ交換料金」と表記されている場合、一般的に「2.タイヤとホイールの組み換え」だけを指し、他は別料金になるので注意が必要です。

ここでは、これらの料金を全てコミコミにして、事前に一括決済できるインターネット通販サイト「タイヤフッド」を紹介します。

タイヤフッド

タイヤフッドのメリット

TIREHOOD(タイヤフッド)は比較的新しいタイヤ通販サイトで、購入から取り付けの申込まで一度に完了できるサービスです。

「安く買いたいけどよくわからない」「調べるのが面倒」など、車に詳しくない人が、ネットでタイヤを購入して、交換する整備工場を探すのは、相当な労力と時間を要します。タイヤフッドは、こんな人に最もおすすめの方法です。

※タイヤフッドは2022年11月限定でお得なクーポン配布中です(500名限定)。こちらの記事で配布中です。

>>>タイヤフッドの口コミ・評判を一級整備士が紹介/失敗する前に確認しよう

タイヤフッドのメリット

  • 全てが楽
  • 料金をコミコミにして総合的に安い、支払いは一箇所
  • 全国に4,800店舗の取付店
  • 買ったタイヤが家に来ない
  • 古いタイヤを持って帰って来なくていい
  • webサイトがシンプルでわかりやすく、選ぶのが簡単(間違えにくい)

具体的に説明します。

全てが楽

タイヤフッド1
  1. タイヤを決めて
  2. 取り付け店舗を決めて
  3. 予約日時を決めて
  4. 事前に一括決済する。

タイヤフッドの利用方法はインターネットサイトに従って上記4つを行うだけです。これらを一つのサイトで全て完了し、「あとは行くだけ」の楽な購入方法です。取り付け店舗に電話などで連絡する必要もなく、行くだけです。最近話題になっていますが、これからのタイヤの買い方ですね。あなたの貴重な時間を奪わないサービスです。

特に、シンプルでスマートに購入したい人、忙しい人、面倒くさいことが嫌いな人、車に詳しくない人にとっては最適なサービスです。

料金をコミコミにして総合的に安い・支払いは一箇所

  • タイヤを車体から脱着
  • タイヤとホイールの組み換え
  • バランス調整
  • バルブ交換
  • 廃タイヤ・廃ホイール処分

タイヤフッドでは、交換作業もお願いすることで、上記の料金が全て含まれることになります。一見して、価格が他サイトより高いように見えますが、他とは一概に比較できません。

タイヤの交換工賃などを含んで一括決済で購入できる事は、とても安心感があり、なにより「楽」であることが大きなメリットです。

タイヤフッドのタイヤ交換料金

また、通常はタイヤ代とは別に、交換工賃を別のところに支払わなければなりませんが、タイヤフッドで購入する場合は、一箇所に一度の支払いで済む事も大きなメリットです。タイヤフッドは、タイヤの料金と交換工賃など全て含んだ料金で一括決済しますので、企業の社用車のタイヤ交換のシーンでも経理処理上非常に有利です。忙しい会社の総務部さんも、個人事業主さんにもぴったりと言えるかもしれません。

全国に4,800店舗の取付店

タイヤフッドでタイヤを購入すると、全国4,800箇所の取り付け店舗で取り付け可能です。

取付店には全国のオートバックスが含まれるので、安心の技術とサービスでタイヤ交換サービスが受けられます。

また、オートバックスを利用するなら、初めて利用する場合であっても、普通の整備工場より入りやすいこともメリットです。

買ったタイヤが家に来ない

  • 買ったタイヤが家に届く
  • 買ったタイヤを車に積んで、整備工場にもって行く

インターネットでタイヤを購入すると、通常この作業が必要です。これが地味に嫌ですよね。特にアパートなどの賃貸住宅に住む人は、特にそう思うでしょう。

タイヤフッドを利用する場合、タイヤが家には届きません。取り付け店舗に直接配送されます

webサイトがわかりやすく、選ぶのが簡単(間違えにくい)

サイトはシンプルで非常にわかりやすく、女性や、車やタイヤに詳しくない人でも、間違えずに自分の車のタイヤを選べます。このあたりは一度サイトに行くとわかります。

タイヤフッドのデメリット

アマゾンやオートウェイより、表示されているタイヤの価格が高い

タイヤの価格に関しては、後述するアマゾンやオートウェイの方が安い場合が多いです。限りなく安くタイヤを購入したいのであれば、タイヤフッドは向いていませんので、後述する方法で、もっと安く購入することを検討しましょう。

ただし、タイヤフッドの場合は取り付け工賃などがコミコミの料金(取付サービスを頼んだ場合)なので、そのままでは比較できません。タイヤフッドのメリットや取付工賃などを総合的に考えて検討してください。

タイヤフッドは「楽をして、ある程度安く購入したい人」向けです。最終的には、タイヤフッドのメリットがあなたに合うかどうかで判断してください。

>>>タイヤフッド

タイヤフッド評判が知りたい方はこちらの記事も参考にしてください。

※タイヤフッドは2022年10月限定でお得なクーポン配布中です(500名限定)。

>>>タイヤフッドの口コミ・評判を一級整備士が紹介/失敗する前に確認しよう

2.取り付け提携工場があるサイトで購入

最後に紹介するのが、提携工場を持つサイトで購入する方法です。

インターネットタイヤ通販サイトの中には「サイト提携整備工場」がある場合があります。購入したタイヤが届いた後に、「購入したサイトの提携整備工場」で比較的安い料金で交換ができるサービスです。

提携整備工場があるサイト

最初に紹介したタイヤフッドに似ているサービスですが、インターネットだけでは完結しないので、タイヤフッドより少し手間が掛かります。

また、実際に提携している整備工場に持ち込むと、追加整備をすすめられることがあるので注意が必要です。

amazon

意外と知られていないのですが、実はアマゾンのタイヤはやなり安いです。そして、提携整備工場があります。

アマゾンでは2つの交換方法を提案しています。

  • タイヤを購入する前に取付・交換サービスチケットも購入してサービスを受ける方法
  • 外部のタイヤ取付・タイヤ交換サービス提携工場に申し込む方法

普段からアマゾンを利用している人にとっては、よい選択かもしれませんね。

>>>アマゾン タイヤのページ

関連記事>>>整備士解説】アマゾンから買ったタイヤを交換する3つの方法/宇佐美などで交換可能

オートウェイ

オートウェイは言わずと知れた、タイヤ通販サイトの最大手であり、年間230万本のタイヤを販売している、自動車整備士の間でも有名なサイトです。

楽天・ヤフーのタイヤ販売ランキングを常に独占するメガストアであり、タイヤの種類や在庫が圧倒的に多く、 激安アジアンタイヤが手に入ります。

「1本分の値段で4本買えた」と言う人がいるくらい驚きの安さといいます。送料は沖縄以外の地域は無料(沖縄は1本550円)。

ここで購入したタイヤは全国のタイヤ取付協力店(タイヤピット)3300店で取り付け対応し、タイヤの直送が可能です。

取り付け協力店の取り付け料金は全国一律で、次のとおりです。

オートウェイの気になる点は、取り付け料金です。取り付け料金に関しては、決して安くは無いように思います。

ここで購入するなら、タイヤの購入だけにして、交換する整備工場は自分で探してもいいかもしれません。アジアンタイヤは激安です。私も2回利用したことがあります。

但し、オートウェイのスタッドレス・タイヤは海外製のブランドがほとんどですので、スタッドレス・タイヤの性能を重視する人は、別の通販サイトをおすすめします。

タイヤの価格は本当に安いので、タイヤ購入の際には一度確認したほうが良いサイトです。

>>>オートウェイ

3.工賃が安い整備工場を探してから購入

次におすすめする方法は、インターネットで、安く取り付けできる整備工場を探す方法です。

「タイヤの持ち込みは嫌がられる」と前述しましたが、「タイヤ持ち込み交換OK」の整備工場もたくさんあります。そういった整備工場をネットで探しましょう。

おすすめの検索サイトは、今のところグーピット一択ですね。

>>>パーツの持ち込み取り付けができるグーピット

グーピットはインターネットで簡単に見積もりを取れるので、近くて安いところを探せる便利なサイトで利用者が急増しています。

グーピットで取り付け工場を探す場合は、タイヤだけを安いところや普段利用しているサイトから買うのがおすすめ。タイヤは高価な買い物なのでポイント獲得も重要ですね。

タイヤが安いサイト

例えば、amazonでタイヤを買って、取り付け先をグーピットで探す

少し面倒かもしれませんが、こんな感じで、安くタイヤを購入・取付ができます。

まとめ

タイヤは非常に高価です。思い切ってインターネット通販で安く購入することをおすすめします。

「ネット通販で購入したタイヤをどこで交換するか」ここが最も重要で、失敗する人が多いところです。

3つの方法から、よく考えて選ぶようにしましょう。

  1. 全てコミコミのサイトで購入する>>>タイヤフッド
  2. 取り付け提携工場があるサイトで購入する>>>Amazonオートウェイ
  3. 工賃が安い整備工場を探してから購入する>>>グーピット検索

一番のおすすめはタイヤフッドです。とにかく楽に安いタイヤが手に入り、面倒なことが無く安心です。車やタイヤに詳しくない方にもぴったりです。あなたの大切な休日の時間を奪わないので、とてもスマートな購入方法です。

以上、ネット通販でタイヤを購入する場合のコツと方法でした。あなたにあった購入方法を選びましょう。

関連記事>>> タイヤフッドの口コミ・評判を一級整備士が紹介/失敗する前に確認しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました