Carride
車を知る

軽自動車のスタッドレスタイヤの寿命・交換時期は何年くらいが妥当か

スタッドレスタイヤの寿命 車を知る

スタッドレスタイヤの寿命や交換時期がよくわからない人が多いですね。

それもそのはず、見た目では溝の深さも有るし、普通のタイヤに比べて判断しにくいのは確かです。

この記事では、スタッドレスタイヤの寿命や交換時期について、元ディーラーの一級整備士が解説します。

私自身も積雪地暮らしで、スタッドレスタイヤを毎年使用している経験から、信憑性のある内容です。

多くの人の交換時期

studless_tire_life1

3or4シーズン使用後

積雪地の自動車ユーザーは、おそらく走行距離に関係なく、3.4シーズン使用したら交換する人が最も多いです。

多くのスタッドレスタイヤメーカーも3年程度での交換を勧めていて、私がディーラー整備士だった頃も、お客様にそのように勧めていました。

積雪地に住む私の普通乗用車は、毎回4シーズン履いてから新品交換し、妻の軽自動車は3シーズン履いたら交換しています。

妻の軽自動車を早めに交換している理由は、運転に自信のない妻が運転することと、子供を載せる機会が多いこともあり、私も妻も不安になるからです。

不安に思うくらいなら交換したほうが良いですし、事故を起こした後に後悔したくないですね。

寿命というより効きの悪さ

studless_tire_life2

乗ってる人が「滑る・効かない」と感じたら、寿命・限界です

スタッドレスタイヤは、走行距離に関係なく、年々効きが悪くなってきます。

具体的には、凍結路でスリップしやすくなります。

理由は、タイヤ表面のゴムが固くなってきて、路面とゴムの摩擦力が弱まるからです。

スタッドレスタイヤは、新品時には10mm程度の溝があり、普通タイヤ(サマータイヤ)のように、明確に「溝がなくなってきたら寿命・限界」という訳ではありません。

ネット上では「スリップサインが見えてきてたら限界」と書いてある記事が見つかりますが、スタッドレスタイヤの場合は大間違いで、スリップサインが見えるまで乗るのは狂気の沙汰です。

スタッドレスタイヤの寿命・限界はタイヤの溝の深さではなく、言ってみれば、乗ってる人が「滑る・効かない」と感じたら、寿命・限界と言えます。

そして、多くの人が、距離や溝の深さに関係なく3.4シーズンで限界と感じているのです。

軽自動車のスタッドレスタイヤ

move

軽自動車のスタッドレスタイヤの寿命も、普通自動車のスタッドレスタイヤとなんら変わりはありません。3.4シーズン使ったら交換することをおすすめします。

軽自動車は事故が起きた時の安全性において、どうしても普通車に劣ります。

そのことを考えると、軽自動車の方が余計に早めに交換したいですね。

タイヤの製造年の確認方法

タイヤの製造年はタイヤに書いてあります

上述したとおり、スタッドレスタイヤは使用年数が大事なのですが「いつからつかっているかなんて忘れた」という人も多いはずです。大丈夫です、タイヤに書いてあります。

確認方法は少々特殊で、ブリジストンの説明記事がシンプルでわかりやすいので、こちらで確認してください。

但し、製造した年と、使い始めた時期が違う場合がありますので、結局は記録や記憶をたどるしかありません。

軽自動車におすすめのスタッドレスタイヤ

tire

ブリジストンがおすすめです。

詳しくはこちらの記事に書きました。

>>>スタッドレスタイヤのおすすめは?積雪地に住む整備士は何を選ぶ!?

タイヤ購入のトレンド

タイヤはネットで購入する人が増えました。確かにかなり安く手に入りますが、購入にはコツが必要です。

こちらの記事で確認してください。

>>>タイヤのネット購入で失敗しないコツと方法

まとめ

  • 軽自動車のスタッドレスタイヤの交換時期は3.4シーズン履いた後
  • スタッドレスタイヤの限界は、溝の深さや走行距離にあまり関係ない
  • 軽自動車だからこそ早めの交換を

以上、軽自動車のスタッドレスタイヤの寿命・交換時期でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました