Carride
車を知る

タント・エコアイドルランプが点滅する原因/ダイハツのアイドリングストップ車ならミラもムーヴも同じです

ダイハツエコアイドルランプの点滅の原因と対処法 車を知る
  • 原因が知りたい
  • 対応方法が知りたい

こんな人向けの記事です。

エコアイドルランプが点滅する不具合は、ダイハツのアイドリングストップ車にとても多い不具合です。

この記事では、一級自動車整備士の管理人が、実際に同じ不具合が出ているタントの点検した結果を元に、原因や対応方法を解説します。

この記事を書いた人:きりん

こんにちは。元ディーラー・一級整備士のきりんです。現在も自動車整備業界に携わりながら、整備士ねっとの管理人をしています。ツイッターでは、たくさんの整備士さんや整備工場経営者さんと繋がっています。ぜひツイッターに遊びにきてください。

エコアイドルランプ点滅の原因と対応

  • 原因:バッテリーの劣化
  • 対応:バッテリーの交換・充電

実際にこの車を点検したところ、バッテリーの劣化が原因でエコアイドルランプが点滅していました。修理するためにはバッテリーの交換か充電が必要です。

ここ重要

エコアイドルランプの点滅は、バッテリーが悪いとは限らない

今回の車については、プロの整備士が確実な診断を実施した結果、バッテリーの劣化と判定しました。

同じように、あなたの車のエコアイドルランプが点滅していたとしても、バッテリーの劣化とは限りませんので決めつけてはいけません。

ダイハツのエコアイドルランプは、アイドリング・ストップ・システムに何かの不具合が出ると点灯・点滅するランプです。

例えば、スタータという装置やストップランプスイッチなど、アイドリング・ストップ・システムに関連する装置に異常があると点灯・点滅するように設計されています。

プロによる正しい診断を実施しなければ「バッテリーを交換しても直らなかった」ということになりかねないので、プロの整備士に点検してもらうことが最も大事です。

ただ、可能性としてはバッテリーの劣化である可能性が最も高いです。

なので、後述の「実施した点検と結果」の内容を読んでいただき、症状が似ていて、バッテリーの交換をしばらく実施した事がないのであれば、試しにバッテリーの交換をしてみる価値は十分にあると言えます。

このまま運転するとどうなる?

  • 安全には問題ありません
  • アイドリング・ストップしません
  • 燃費が悪くなります
  • 急にエンジンが掛からなくなる可能性があります
  • チカチカと気になりますよね

なるべく早く対処したほうが良いです。このままにしていても、良いことは何一つありませんので。

実施した点検と結果

ここからは、私が実際に実施した点検を詳しく説明します。プロの整備士さんも参考にしてください。

エコアイドルランプ点滅の症状

ある寒い日の朝に、同僚からダイハツ・タントの修理を頼まれました。

点検する前に、状況を詳しく聞いたところ次の事がわかりました。

  • エンジンを始動すると、メーター内の「eco IDLE」ランプがオレンジ色に点滅
  • つかない時もある
  • 最近頻度が増している
  • ランプ点滅中はアイドリングストップしない
  • 事故・修復歴、改造無し
  • バッテリーを2年間交換していないダイハツ・タント(H26年式)

あなたの車も、この症状に限りなく似ているのであれば、バッテリーに原因がある可能性がさらに高くなります。

エコアイドルランプ

車に乗り込んでエンジンを始動してみると、同僚が言っていた通り、メーター内のにある「eco IDLE OFF」というランプが、オレンジ色に点滅しています。

上記のインジケータが点滅する車もあります。

関連記事>>>車のメーターのランプがついた!点灯・点滅・色の意味を解説

スキャンツールで診断(DTC:P1602)

スキャンツール本体

写真は「スキャンツール」とよばれる自動車整備専用のコンピュータです。

車に繋いで、車に搭載されているコンピューターと通信し、データを解析するツールです。プロの整備士が故障診断や修理するときに使います。

ディーラーさんはもちろんですが、小さな民間の整備工場のほとんどでもスキャンツールを使用しています。

写真は、スキャンツールを使用して診断した、診断結果画面の写真です。

スキャンツールのスクショ
  • エコアイドル・システムに一つの異常
  • 異常の内容は、「P1602:始動時電源電圧低下異常

と表示されています。

このP1602という故障コードが、どのような故障で、どのような原因で発生し、どうすれば修理できるのかについての詳細は、自動車メーカーが発行する「修理書」を見なければなりません。

今回の場合は、ダイハツ工業が発行している正式な修理書を参考に、P1602という故障を修理しなければならないということになります。

補足

自動車メーカー発行の修理書は現在一般に公開されておらず、基本的には、国の認証を受けた整備工場でしか閲覧することができません。

スキャンツールでの診断結果

バッテリーが劣化している可能性がある

修理書を参考にしながらさらに詳しく故障診断をしていった結果、この車のバッテリーに不具合がある(弱い)可能性が高いと判断しました。

P1602という故障コードはバッテリーに不具合がある場合に出力する故障コードだったんですね。

ということで、本当にバッテリーが弱いかどうかをバッテリーテスターで点検してみます(写真)。

写真の白いプリント用紙がバッテリーのテスト結果ですが、写真下部に

  • 充電量(SOC):74%
  • 健全性(SOH):55%

と、プリントされている通り、充電量、健全性が共に低い値になっています。

「間違いなく原因はバッテリーの劣化、交換すれば直る」と判断して、診断終了です。

具合内容の解説

問診や診断結果から、今回の不具合を解説します。

  1. 冬になり寒くなりました
  2. 車は、自らのバッテリーが弱くなっていると判断しました
  3. 車は、アイドリングストップを実施しないことにしました
    (アイドリングストップ後のクランキング(エンジン始動)が、さらにバッテリーの寿命を縮めてしまうと判断したため)
  4. 車は、「eco IDLE OFF インジケータ」を点滅させて、あなたに修理(バッテリー交換)をうながしました

これが、一連のストーリーです。現在の車は頭が良いんですね。

ということで、同僚のタントはバッテリーを新しいものに交換し、それ以降不具合は出ていません。

装着したバッテリー

今回装着したバッテリーはこちらです。

ダイハツのアイドリングストップ車の全てに適合します。私ならこれ一択です。

これをおすすめする理由はこちらの記事で詳しく説明しています。

>>>M42バッテリーのおすすめはたった一つです/ダイハツ・スズキなどに適合

バッテリーを交換するか充電するか

基本的には「交換」がいい

バッテリーが劣化している場合、充電して復活させる方法があります。整備工場で充電してくれます。

ただ、新品バッテリーの価格、充電の料金、修理の確実性などを考えると、充電の選択肢はなく、交換の一択だと私は思っています。

詳しい理由などは、こちらの記事に詳しく書いているので参考にしてください。

>>>自動車のバッテリーは充電で復活するか!【健全性(SOH)がポイント】

バッテリーの寿命

車種や使用環境によって大きく変わるのでなんとも言えません

歯切れが悪いですが、本当にそうなんです。

実際、使用している環境によっては、1年でダメになる場合も、5年以上使用できる場合も普通にあります。ここは理解して欲しいところです。

まあ、私の経験上、ダイハツのアイドリングストップに関しては平均(目安)は、2〜4年程度でしょうか(私個人の肌感)。

また、今回診断した、同僚のタントのバッテリーは、上述の通り2年でダメになりました。

※1年や2年で、バッテリーがダメになるなんて「納得いかない」と思う方は、ページ下の「さらに解説」を読んでください。私個人の元ディーラー整備士としての正直な見解を書きました。

バッテリーの保証期間

バッテリーの劣化は、保証の対象にならない

いくら新しい車でも、バッテリーの劣化(容量低下)は自動車メーカーの保証の対象になりません。1年でも半年でダメになっても同じです。

詳しく知りたい人は下記の記事をお読みください。

>>>車の保証と保証継承

アイドリングストップ車/バッテリーの注意点

注意すること→ありません

いろんなサイトに、「アイドリングストップ車はバッテリーに要注意」「なるべく負担を掛けない」「エアコンをつけると弱くなる」など、私には信じがたい、根拠のないような事がたくさん書いてあるようですが、決してそんなことはありません。

バッテリーのことを注意しながら乗らなければならない車なんて、商品性が悪いとしか言えませんよね。

あなたが注意しなければならないことは何もありません。普通に乗るだけです。

詳しくはこちらに書きました。

>>>バッテリーに要注意!?アイドリングストップ車で気をつけること

まとめ

整備工場でプロによる点検を

アイドリングストップランプが点滅した場合は、早めに整備工場に持ち込み、しっかり点検・修理してもらいましょう。

そのまま乗り続けると、急にエンジンが指導しなくなる可能性があります。また、ランプ点滅時はアイドリングストップしないため、燃費の悪化に繋がります。

バッテリーに原因がある可能性が高いです

上述したタントと症状が似ていて、2年以上バッテリーを交換していなければ、バッテリーが原因である可能性はかなり高くなります。

思い切って交換してみるのも一つの手です。

関連記事まとめ

更に解説

今回の診断では、新車で購入してからたった2年での「バッテリー劣化」となりました。

相談者の話をよく聞きましたが、毎日通勤で5km以上の距離を運転しており、それほどバッテリーにとって厳しい条件ではないように思いました。

もし、この先も全く同じ環境で使用すれば、10年乗り続けるのにバッテリーが5個必要です。さらに、バッテリーはアイドリングストップ専用なので、通常のタイプのバッテリーより高価です。

「アイドリングストップ機構付きの車だから、バッテリーの寿命が短いのはしょうがない」とディーラーさんあたりで言われそうですが、私が診断して感じるのは、「バッテリーの劣化が早いのではなくて、コンピュータがバッテリーの劣化判断する条件(しきい値)が厳しすぎるのでは」ということです。

つまり、バッテリーはまだ交換が必要なほど弱くなってないのに、限界の判定をしているのではないかということです。

最後の写真のバッテリーテスター結果もプリント用紙をよく見てください。実は、バッテリーテスターは容量が低下しているとしながらも、結果は良好と判断しています。

私が使用している写真のバッテリーテスターは実は辛口(ちょっとだけ弱いバッテリーをダメと判断する)として有名なテスターですが、それよりもダイハツの条件が厳しいことになります。(つまり、ダイハツはすぐバッテリーが弱いと判断するという意味)

さらに、このようにバッテリー劣化を判断した場合、車はメーターのインジケータを点滅させます。

ランプが点灯するくらいであれば、「見て見ぬふりをしてもうしばらく乗ろうかな」などと思うのですが、点滅はわずらわしいこと、この上ないです。

メーカーはアイドリングストップ車の共通の心配事である「走行中のバッテリ上がり」が起きてしまうことを恐れるがあまり、「念のため・・・念のため・・・」と言いながら、バッテリーの劣化判定をだいぶ厳しい値にしてしまったのではないか・・・。

というのがわたしの今回の診断における率直な感想です。

しかし、こんな話をディーラーさんや整備工場にしても不毛ですのであしからず・・・。あくまでも個人的な見解です。

以上、ダイハツ・エコアイドルランプの点滅についてでした。最後までありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました