Carride
車を知る

車がガソリン臭い時の対応方法/整備士の解説

ガソリン臭い 車を知る

車の近くや車内でガソリンの匂いがする

こんな時の原因、対応方法、整備料金について元ディーラーの一級整備士が解説します。

ガソリン臭いのは気のせいではありません。決して放っておいてはいけません。まずはこの記事を読みましょう。

ガソリンの匂いがするのは大丈夫か

大丈夫?

大丈夫ではありません、とても危険な状態です

  • 匂いがするということは漏れているということ
  • 漏れているということは引火して燃焼・爆発を起こす可能性があるということ

基本的にはこのような理由で危険だと認識してください。

通常、自動車の燃料は基本的に外部に漏れない構造になっており、ガソリン臭い匂いがすること自体が異常です。

給油時は燃料タンクの蓋を開けることになるので、給油中は当然匂いがしますが、蓋を閉めればすぐに匂いがしなくなります。

また、気温が高い夏にはガソリンが揮発しやすくなるので、その傾向が強くなりますが、やはり、蓋をすればすぐに匂いは無くなるはずです。

つまり、給油中、給油後でもない限り、車の近くや車内でガソリン臭い匂いがしたら、車に異常があると認識してください。

ガソリン臭いのは気のせいや勘違いではない

私の整備経験では、「匂いがするかもしれない。勘違いかもしれない。」と言う人のほとんどの場合で、気のせいや勘違いではなく、確かに匂いがしています。ガソリンの匂いは独特なので、そう間違えるものではありません。

ガソリン臭い場合の対応方法

電話する

ガソリン臭い匂いがすると感じたら、すぐに整備工場に連絡してください。

あなたの自動車からガソリンの匂いがする場合、最悪の場合、車両火災に繋がります。

すぐに整備工場で点検してもらう以外に対応策はありません。

また、あなたが簡単にできる確認として、次の事があります。

  • 給油口が締まっているか
  • 車の下に燃料が垂れていないか
  • どのあたりから匂いがするか

簡単に点検できますので、実施してみてください。

関連記事>>>【車の修理】近い整備工場を最速で探す方法

整備料金

「どこに原因があり、どういう修理をするのか」による。

匂いの原因のほとんどは、どこかの部品からガソリンが漏れていることです。

ガソリン臭い原因の例

  • 燃料ホース、パイプ、つなぎ目からの漏れ
  • 燃料タンクからの漏れ
  • チャコールキャニスタの異常(詰まり・漏れ・外れ)
  • マフラーからの未燃焼ガス多量排出(エンジン内部異常)
  • ブローバイガス還元装置の異常(詰まり・漏れ・外れ)

整備料金については、どこに原因があるのか、修理方法、車種などによって、整備料金が大きく違うので具体的な金額を示すことはできません。

まとめ

あなたの車からガソリン臭い匂いがする場合、ほとんどのケースで、車に異常があります。

放っておくと、最悪の場合車両火災に繋がりますので、軽視せず、確実に整備工場で点検してもらいましょう。

以上、車がガソリン臭い時の対応方法でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました