タイヤ交換したら異音がする/考えられる原因を整備士が解説

車を知る
スポンサーリンク

・タイヤを新品に交換したら異音がする

・自分でスタッドレスタイヤに交換したら変な音がする

・整備工場でタイヤ交換したら異音がする

この記事は、こんな症状に対する原因について、元ディーラー勤務の一級整備士が解説します。3

分ほどで読める記事です。

 

注意

この記事の内容は、個人的な感覚や経験で書いています。参考程度に、できるなら整備工場で点検してもらうことをおすすめします。

 

交換後のタイヤ異音の原因で可能性のあるもの

・タイヤの取り付けナットが緩んでいる(締め付け不足)

・ブレーキ部品の干渉

・バランスの干渉

・タイヤサイズの不適合

・タイヤの質が悪い・相性が合わない

タイヤ周りの異音の原因は他にもあるのですが、タイヤ交換直後の異音である場合、このような原因である場合が多いです。私の経験では上から順に多いイメージです。

それぞれ、詳しく解説します。

 

タイヤの取り付けナットが緩んでいる(締め付け不足)

タイヤ交換後の異音で、最も多い原因はタイヤのナットが緩んでいる場合の異音です。

最も危険な”走行中のタイヤの脱落”を回避するため、真っ先に確認すべきです。

症状は、

・タイヤの周期に合わせて、低速でコトコト異音

・ブレーキ操作でコトコト異音

・わずかなハンドル操作で音が出たり出なかったり

・ハンドル操作に違和感

このような症状の場合は直ちに走行をやめ、増し締めの確認や、整備工場に連絡しましょう。

なぜそういう音が出るかについては、専門的なので説明を省略しますが、遠心力やタイヤ(ホイール)のずれ、車両の重心の変化などが関係しています。

 

※「タイヤの周期に合わせて」というのは、車のスピードに合わせて、音の間隔が速くなったり遅くなったりする症状です。

コトッ     コトッ   コトッ  コトッ コトッ コトッ コトッコトッコトッココココココココ・・・

(伝わらなければすみません)

わずかなハンドル操作で異音というのは、ハンドルを右にきると異音が出て、左に切ると出ないなどです。

 

ブレーキ部品の干渉

・「カラカラ」「ガラガラ」「シャラシャラ」と、比較的軽い音

・金属がこすれあうような音

・ハンドルを大きく左右に切ると、音が大きくなったり、出なくなったりする

わたしの経験上、意外と多いのがこれです。

これは、ディスクブレーキのバックプレートとディスクロータが干渉して、こすれている状態になって起こる症状です。

なぜ、タイヤ交換後に起こるのかというと、タイヤを外すときに、ホイールをこのバックプレートにぶつけてしまって、変形させることがあるからです。

修理は、技術がないと難しいと思いますので整備工場に依頼しましょう。

 

バランス・ウェイトの干渉

整備工場では、新品のタイヤを装着する場合にホイールバランスを取ります。

具体的には、タイヤが回転した時のバランスを良くするため、バランスウェイトと呼ばれる「重り」をホイールの内側に貼り付けます。

その張り付けた「バランス・ウェイト」がブレーキ部品にわずかに干渉することによって発生する異音で、症状は

タイヤの回転に合わせて、ザッ  ザッ ザッザッザザザザ・・・・

という感じです。しかし、これはかなりレアなケースであり、整備工場の整備ミスです。

 

タイヤサイズの不適合

・ハンドルを大きく切ったときに「ガンッ」と底付き音

・スピードを上げるにつれて「ゴー」という音とブルブル振動が大きくなる

他にも、車の種類によっていろいろ症状があります。

原因は

・タイヤの外周が大きすぎる

・前後のタイヤサイズが違う

などがあります。

 

タイヤの質が悪い・相性が合わない

・スピードを上げるにつれて「ゴー」という音がうるさくなる

ロードノイズといわれる、タイヤ固有の音です。静粛性の良いタイヤを選べばうるさくありません。

 

以上、タイヤ交換後の異音についてでした。参考程度にしてください。最後までありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました