車検のパスタ吹付・塗装?シャシブラック?【整備士の解説】

車を知る
スポンサーリンク

車検時の見積りなどで、このような内容が書いてある場合がありますね。

・パスタ吹付 5,000 円

・下廻りシャシブラック塗装 10,000 円

一般の方にはあまり馴染みのない用語だと思いますが、実は車検ではけっこう重要な項目です。

今回の記事は、元ディーラー整備士が「パスタ」や「シャシブラック」について、どういうものなのか、依頼した方が良いのか、などについて解説します。

 

パスタとは車の下側(裏側)のサビ止め塗装です

パスタもシャシブラックも呼び名が会社や部品などで違うだけで、同じ、下廻りを黒く塗る塗装のことです。

スプレー缶などを噴射して塗装するので、「吹付け」や「塗装」という表現が使われます。

 

パスタ塗装の効果

一般の方は、車の下側を見ることはほとんどないのでわからないと思いますが、車の下側というのは思いのほかサビが発生していることがあります。

サビは金属を腐食させ、ひび割れ、剥離、破壊へとつながります。

自動車においても下廻りの金属部分のサビというのは、時に車の決定的なダメージとなります。それが原因で車検に通らなくなったりすることも多く、買い替えのきっかけになります。

 

特に次の車両は要注意です。

・海辺で駐車、使用されている車両

・積雪地で使用されている車両

 

ポイント

・海辺の車は潮風の塩分で、車全体のサビが極端に進行します

・積雪地での使用は、冬季間の道路にまかれる融雪剤の影響でサビが極端に進行します

このような車に対して、パスタを塗装することで、サビを防いだり進行を防いだりすることがパスタの目的です。

効果は明らかです。

公園の遊具を定期的に塗装しているのと全く同じことですね。

 

車検に必要?なぜすすめられる?

車検に必ず必要なものではありません。整備工場側からの「提案」です。

必要なければ「要らない」と断ってください。パスタ塗装はあくまで車の寿命を延ばすためのメンテナンスです。

では、なぜ車検の時にすすめられるのかというと、車検はパスタ塗装する絶好のチャンスだからです。

 

なぜチャンスか

車検の時は、作業前にエンジンルームや車の下廻りを洗うから

リフトアップさせるから

下廻り部分に泥やほこりが付着した状態で、その上から塗装しても、泥やほこりと共に塗装は剥がれてしまい効果が無くなってしまいます。塗装する場合は汚れを落としてからが基本ですね。

つまり、下廻りの汚れを落とす車検の時が、下廻り塗装の絶好のチャンスです。

 

パスタの種類

水性と油性があります。

それぞれ、特徴がありますので、気になる人はスタッフにどちらなのパスタのなか聞いてみてください。

 

水性パスタと油性パスタの特徴

特徴
水性パスタ 人体への悪影響が少ない

環境にやさしい

扱いやすい

油性パスタ 速乾性、耐久性が水性に勝る

匂いがきつい

 

パスタ吹付けの料金

料金は自動車のサイズ、整備工場や塗料の部品代によって大きく異なります。

 

一例を紹介します。

料金
軽・小型車 4,000~10,000 円
ワンボックス・UV 8,000~15,000 円
小型トラック 10,000~20,000 円

 

もっと効果のある本格的なサビ止め商品

現在は、パスタよりも防サビ効果の大きい塗料の塗装がトレンドになっています。

特に車検の時よりも新車時に塗装することで、より効果を高める商品がディーラーをはじめたくさんの整備工場で販売されています。

「塩害ガード」や「防錆コーティング」という商品です。

もちろん、車検の時に塗装しても、パスタよりも効果が高いものです。興味のある人は、車検する際に問い合わせてください。

料金はパスタよりも高額になります。

 

パスタ塗装は実施すべきか

このこたえは簡単です。

実施するに越したことはありません

デメリットは全くないので財布と相談して決めてください。

特に長くその車に乗りたい場合や、海辺や積雪地で使用している場合は、実施することを強くおすすめします。

ちなみに私は毎回塗装しています。

以上、パスタ、シャシブラック塗装の意味についてでした。最後までありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました