【ダイハツ・ムーヴ】ブレーキパッドの購入方法から交換作業方法を紹介します

ムーヴ ブレーキパッドとローター交換 車を知る
スポンサーリンク

・ダイハツ車のブレーキパッドをネット通販で安く購入したい

・ブレーキパッドの交換方法を知りたい

そんな人向けの記事です。

この記事は、ムーヴのフロントブレーキのブレーキパッドをネット通販で購入し、プロの整備士であるわたしが自ら交換作業を実施した様子を記録したものです。プロでない方にとってはいろいろと参考になると思います。

ただし、交換作業については、プロの整備士としての経験や技術が必要です。実際の作業は整備工場に依頼することを強くすすめます。大けが、車両破損の危険性があります。

交換を実施した車両の情報(妻の車)

車両:ダイハツ・ムーヴ(LA100S)

年式:2014年1月

走行距離:62,000 km

※ダイハツの軽自動車であれば、タントでもミライースでも、交換方法など全て同じなので、参考になるかと。

この記事の内容

・ブレーキパッドの目視点検→ディスクローターもダメだった(汗)

・ブレーキパッド、ディスクローター購入方法→必ず適合確認をする

・ディスクローター、ブレーキパッドの交換方法→写真20枚で説明

ブレーキパッドの目視点検

交換の経緯を少しお話します。

ダイハツでこの車の12か月点検してもらったところ、「ブレーキパッドが 2mm くらいしかないので交換しますか」と言われたため、少し迷いましたが、自分で交換することにしたんです。

そこで、あらためて自分で目視点検してみました。

写真ではわかりにくいですが、

・ブレーキパッドは残り 2mm くらい

・ディスクローターが錆びてる

ブレーキパッドはもちろんだめなのですが、ディスクローターがけっこう錆びていました。残念。

このディスクローターのまま新品のブレーキパッドを取り付けても、またすぐブレーキバッドがダメになると思い、ディスクローターも新品に交換することにしました。

この辺りは、プロでないと判断できないかもしれないです。後で外した後の写真を貼ります。

目視点検の結果:ブレーキパッドとディスクローターの交換が必要

チェック

今回のようにブレーキパッドとディスクローターを同時に交換すると、すごく綺麗になりますので、かなりオススメです。この記事の最後の方に交換後の写真がありますので、ぜひ確認してください。たぶんローターも交換したくなります。

ブレーキパッド、ディスクローター購入方法

検索する場合は、このように検索してください。

型式と部品名

(型式は車検証に書いてあります)

検索の例

楽天検索:LA100S ブレーキパッド

アマゾン検索:LA100S ディスクローター

楽天市場

Amazon

ヤフーショッピング

ここ重要です【適合確認】

検索で出てきた商品をよく見て、年式やグレードなどが合っているか簡単にチェックします。そして、購入前に必ずお問合せ【適合確認】してください。こんな感じです。

この車に適合するか適合確認お願いします。

・初度検査年月:平成26年1月

・型式:DBA-LA100S

・型式指定番号:16710

・類別区分番号:0014

必ず上記4項目を伝えてください。

全て車検証に記載がありますので、そのとおりに。

適合するか、適合しないか、適合しない場合適合する商品を業者さんが教えてくれます。

この作業はかなり重要です。適合しない商品を買ってもしょうがないです。時間もお金も労力も捨てることになりますから。

さて、わたしは楽天でこれを選びました。

選んだ理由

・ブレーキパッドとローターのメーカーを合わせたかった。ブレーキパッド用グリースと背面のシムも付属だった。←結構重要

・信頼できそうなメーカー(DIXCELはブレーキ大手です)

・ある程度安い

フロントブレーキパッド


[381090] DIXCEL EC ブレーキパッド フロント用 ムーヴ LA100S 12/12〜14/12 660

フロントディスクローター


[3818039] DIXCEL PD ブレーキローター フロント用 ムーヴ LA100S/LA110S 12/12〜14/12 NA

合計約 13,000 円

検索すると、なかにはこれの半額くらいのものもあります。また、ブレーキパッドとディスクローターがセットになって販売されているものもあります。

ちなみにわたしは車にそれほどこだわりがありません。無難に安い物でいいです。

でも、なにかあると嫌なので極端に安い物は選びたくないです。ブレーキは自動車にとって最も大事な部品です。大切な妻の車なのでなおさらですね。

これだって、ダイハツから買うよりは全然安いですから。ダイハツの純正部品は全部でおそらく20,000~30,000円くらい。

無事商品が届きました。

整備工場で取り付けする人は、こちらの記事を参考にしてください。安くできる可能性があります。

参考:ネット通販で賢く節約!持込みOK・安価・信頼できる整備工場を探す方法

次に交換作業に入ります。

交換作業に必要なもの

右から

・トルクレンチ×21ソケット

・ウォーターポンププライヤー

・14-17 メガネレンチ

・スポイト【戻りフルード回収用】

・ウエス

・ガレージジャッキとアタッチメントゴム

・新品パッドとローター

※今回リジッドラック(ウマ)が準備できませんでした。安全作業を考えたら本来絶対に必要です。マネしないでください。

ディスクローター、ブレーキパッドの交換方法

・サイドブレーキ→ジャッキアップ→タイヤ取り外し

↑ディスクローターのふちのところが結構錆びているのがわかりますか?

↑ブレーキパッド取り外し

↑新品と比べるとこんなにも薄い

↑ディスクローターが錆びているせいで、段付き摩耗している

↑ピストンをウォーターポンププライヤーで、奥まで戻します。硬いです。

この時、エンジンルームのブレーキリザーバータンクがあふれそうになるので、今回は事前にスポイトで抜きました。(写真無くてすみません)

あふれると、そのあとの掃除が大変です。最悪です。

↑ホームセンターで150円くらいで購入。

ブレーキパッド交換作業だけの場合、ここから新品のブレーキパッドを組んで、戻って行けば作業終了です。今回は、ディスクローターも交換しますので、続きます。

キャリパーブラケットを取り外します。

↑めちゃくちゃ硬い!メガネじゃ無理!なので、実は違う工具で外しました。(すみません。ちょっと見せたくないwww)

ディスクローターを取り外します。

ここから戻ります。

ディスクローター取付

↑ほんとはディスクローターの表面を磨いた方がいいですが、今回はやめました。少し違和感がありますが、少し走行するとちゃんとピカピカの表面になります。後で証拠写真あります。

キャリパーブラケットを取り付けて、ブレーキパッドを取り付ける

↑ブレーキパッドの装着には専用グリースを使います。キャリパーのスライドピンにも忘れずに。

この姿をみて、ディスクローターも交換して良かった、この商品(DIXEL)を買って良かったと、すごく思いました。

美しい。満足。

パッド背面の新品シム(DIXCELのロゴ部分)が特にうれしい。(ディーラーでも新品にならないことが多いんです)

キャリパー、タイヤを取り付けて完成。

完成後は走行前に忘れずにブレーキを何度も踏んでください。壁に突っ込みます。

ブレーキフルードのレベルも忘れずに調整。

↓数キロ走った後のディスクローターを見てください。ちゃんとピカピカになっていますね。

以上で作業終了です。

かかった時間:1時間30分

かかった費用: 13,000 円

整備工場のようなちゃんとした設備で行えば、時間はこんなにかかりません。あと、意外に写真撮影が大変でした。

まとめ

自動車部品の購入は意外に面倒です。でも、間違えて部品を購入すると大変なので、必ず購入前に適合確認をしてください。

ブレーキパッドの交換作業は、整備経験のない人にはできません。安く済ませたいなら、部品(ブレーキパッドと必要であればディスクローター)をネット通販で購入して、整備工場に持ち込むのがベターです。

こちらの記事を参考にしてください。

持込みOK・安価・信頼できる整備工場を探す方法【ネット通販で賢く節約しよう】
・取り付けが安い整備工場を探したい ・持ち込み交換できる整備工場を探したい ・信頼できる整備工場を探したい こんなことが知りたい人向け。 この記事は、一級整備士で元ディーラー整備士の私から、「パーツ持込ができる整備工場検索システム・グーピット」をご紹介します。グーピットのメリットやデメリット、方法ついて手順も含め詳しく解説します。

以上、ブレーキパッドの購入方法から交換作業方法でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました