車を知る

車の定期点検はどこで受けられるか/費用と所要時間・予約の方法など

車の定期点検はどこで? 車を知る

車の定期点検はどこの整備工場でも受けられます。

あとは、どこで受けるのが良いか、確実か、便利か、安いか、どうやって探すか、ですね。

この記事では、一般的な乗用車の定期点検の実施方法や費用について、業界に詳しい一級整備士が解説します。

1一般的な乗用車とは、乗用車、軽自動車、会社の営業で使うようなバン型(サクシードなど)です。特殊な車、緑色ナンバーの車、大きめのトラック・バスなどの定期点検についてはこの記事では説明を省略します。

2この記事の定期点検とは、一般的な乗用車の12か月点検の説明です。車検の時に実施する24か月点検とは異なりますのでご注意ください。

関連記事>>>【車の定期点検】期間を過ぎたらどうなる?使用者の点検義務とは

この記事を書いた人:きりん

元ディーラーの一級整備士で整備士ねっと管理人です。自動車整備業界に長く携わり、現在は整備業界のコンサルなども行っています。twitterでたくさんの整備士さんや業界の人と繋がっているのでチェックしていただけるとうれしいです。(seibisi_net

定期点検はどこで受けられるか

車検ができる整備工場ならどこでも受けられます。

定期点検ができる整備工場とは、車検ができる整備工場と同義で、具体的には次の整備工場です。

  1. ディーラー
  2. 民間の整備工場
  3. 車検チェーン店
  4. カー用品店
  5. (車検ができる)スタンド

この中で、多くの定期点検を実施している整備工場は「1.ディーラー」「2.民間の整備工場」の2つです。

3.4.5の工場については、あまり実施しない(定期点検の仕事が入らない)工場が多いので、webサイトに価格が書いていなかったり、問い合わせても、はっきりしない場合があるかもしれませんが、実施することは可能だと思います。

整備工場の選び方

点検中の車

いつも車検をしている整備工場がおすすめ

自動車の点検・車検は、同じところで継続して実施するのが理想です。

その車に対して、より適切な点検・整備を実施できる可能性が高まり、結果的にメンテナンス費用を抑えたり、車の寿命を伸ばすことができるからです。

基本的に、定期点検は普段車検をしている工場で受けるのがベストだと思ってください。

新たな整備工場で受けたい場合

ディーラーが無難

定期点検は価格、サービス、確実性などの観点から選ぶ必要がありますが、車や整備工場に詳しくない人が、一発でベストな整備工場を選ぶのはかなり難しいです。

そうなると、やはりその車を販売しているディーラーで定期点検を受けるのがバランスが良く無難です。

ディーラーの、販売している車両に対する技術はノウハウも併せて圧倒的に群を抜いて高く、車の保証制度にも関わって来るので間違いないです。

但し、一般的に、ディーラーはサービスの質や確実性は高いですが、費用が最もかかるところがデメリットです。

整備工場選びに悩んだ場合はこちらの記事を参考にしてください

>>>車検はどこに出すのがいいのか/ディーラー以外も考える2022保存版

車の保証制度についてはこちらの記事を参考にしてください。

>>>車の保証と保証継承とは?知らないと損する可能性

定期点検の費用

基本料金:8,000円~15,000円 + 追加整備(オイル交換や不具合がある場合の修理費用)

定期点検の料金は、車種、整備工場、あなたの住む地方によって大きく異なりますので、一度整備工場のwebサイトで確かめるか、直接問い合わせるのが確実です。

点検の結果、不具合が見つかり、追加整備や費用が発生する場合には、整備の途中や終了後に整備工場側から必ず見積もりの提示があります。

その場合は、お客様の承諾後、部品などを調達して、後日改めて修理することが一般的です。何も連絡なしで高額請求は通常はありえないので安心して下さい。

定期点検の値引き

値引き可能だが、あってもわずか

ディーラーでも民間の整備工場でも値引きしてくれる可能性はありますが、単価がそもそも高くないので、あっても数百円~1千円くらいがいいところだと思います。

但し、法人や団体で、複数車両の定期的なメンテナンスを実施する場合は、大幅に値引きできる可能性がありますので、そういった場合は相談してみてください。車検もするようであれば、さらに期待できます。

値引きして欲しい場合は、事前に相談してください。作業終了後の値引き交渉は嫌がられる可能性が高いです。

定期点検の所要時間

待ち時間

定期点検:1時間+追加整備

定期点検は1時間前後の時間で完成する工場が多いです。追加整備がある場合は時間も追加されます。

整備している時間の過ごし方は、ディーラーなど規模の大きな店舗では、ショールーム(待合室)で待つ人が多いです。他には、車を預けて他の場所で時間をつぶす人や、誰かに迎えに来てもらう人もいます。

自宅や会社に引取・納車して欲しい場合は、整備工場に事前に相談してください。有料または無料で対応してくれる工場も多いです。

定期点検の予約方法

事前に電話等で定期点検したい旨を伝えてください。

あとは、整備工場が段取りしてくれます。要望がある場合や疑問点はその時に伝え、料金も確認しましょう。

特にディーラーでは、〇月〇日だけでなく、〇〇時、時間を正確に聞いてくる場合が多いので、事前に時間帯も計画しておきましょう。

定期点検料金の支払い方法

完成時(納車時)に現金かクレジットカードで全額支払い

法人などで、振込等を希望する場合は、事前に対応してくれるか相談してください。ディーラーを含め多くの整備工場で対応してくれるでしょう。

定期点検の作業内容

ブレーキやエンジンなど、国で定められた項目について、決められた点検をします。

どこの整備工場に依頼しても、実施することは基本的に同じですので、安心してください。

オイル交換がしたい、どこか直して欲しい、見て欲しい、傷やへこみなど見積もりして欲しいなどの要望がある場合は、忘れずに伝えましょう。定期点検時に併せて整備すると、安く直せる可能性が高いのでお得です。

洗車と室内清掃について

洗車

無料でしてくれる整備工場も多い

気になる場合は、事前に確認しましょう。ディーラーは言わなくても全て対応するところが多いです。

定期点検の必要性

定期点検は使用者の義務(法定点検)だが受けなくても罰則はない

これは事実ですが、受けることのメリットも大きく必ず実施することをおすすめします。また、法人や社会的地位のある人は受けないリスクも高く注意が必要です。

詳しくはこちらの記事を参考にして下さい。

>>>【車の定期点検】期間を過ぎたらどうなる?使用者の点検義務とは

関連記事

まとめ

  • 定期点検はどこの整備工場でも受けられますが、車検している工場に依頼するのが理想です
  • 知っている工場がない場合は、ディーラーが無難ですが、料金は高い傾向にあります。
  • 定期点検にかかる費用はおおよそ、8,000円~15,000+追加整備です

以上、車の定期点検はどこで受けられるか/費用と所要時間・予約の方法でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました